ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905115 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(黒栂尾根〜文殊西尾根)

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー yurisina0230
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
河内長野駅前の3番乗り場から「金剛山ロープウェイ前」行きに乗車、
「金剛登山口」で下車

帰り
金剛山ロープウェイ前から「河内長野駅前」行きに」乗車、
終点の河内長野駅前で下車


【風の湯】
河内長野駅前の4番乗り場からすべて系統のバスで「上原口」まで


風の湯に行く場合は、
1日フリー券の方がハイキングきっぷよりお得です。

時間があれば周辺の観光にもバス利用できるので、更にお得になります。


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されていて、特に危険な箇所はありません。
その他周辺情報風の湯河内長野店(南海バス上原口徒歩3分)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

河内長野駅前3番乗り場から金剛山ロープウェイ前行きに乗車、金剛登山口で下車します。
ここからスタートです。
2016年06月26日 09:17撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河内長野駅前3番乗り場から金剛山ロープウェイ前行きに乗車、金剛登山口で下車します。
ここからスタートです。
4
バス道を少し戻って、ここを右折します。
2016年06月26日 09:19撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス道を少し戻って、ここを右折します。
1
右折後、さわやかトイレ、まつまさを少し過ぎの突き当りのここを左折して黒栂谷林道を登っていきます。
(右折すると千早本道で山頂に行けます)。
2016年06月26日 09:27撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右折後、さわやかトイレ、まつまさを少し過ぎの突き当りのここを左折して黒栂谷林道を登っていきます。
(右折すると千早本道で山頂に行けます)。
2
黒栂谷林道のゲートの手前を右に入ります。
(そのまま林道を進んでも、先で合流します)
2016年06月26日 09:35撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒栂谷林道のゲートの手前を右に入ります。
(そのまま林道を進んでも、先で合流します)
1
ツツジオ谷方面への分岐が右ですが、まっすぐ進みます。
2016年06月26日 09:37撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジオ谷方面への分岐が右ですが、まっすぐ進みます。
3
この階段を登り登山路に入ります。
2016年06月26日 09:38撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段を登り登山路に入ります。
2
先ほど分かれた黒栂谷林道に合流するので、林道を登っていきます。
2016年06月26日 09:44撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど分かれた黒栂谷林道に合流するので、林道を登っていきます。
2
アジサイ。
2016年06月26日 09:47撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アジサイ。
3
アジサイ。
2016年06月26日 09:48撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アジサイ。
2
ヤマアジサイ。
2016年06月26日 09:48撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ。
5
カトラ谷分岐。
そのまま黒栂谷林道を戻るように左に登っていきます。
(まっすぐ行くとカトラ谷)
2016年06月26日 09:56撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カトラ谷分岐。
そのまま黒栂谷林道を戻るように左に登っていきます。
(まっすぐ行くとカトラ谷)
1
カトラ谷分岐から尾根を回りこむように円弧状に登りますがその終わり付近の右に分岐があります。
2016年06月26日 09:57撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カトラ谷分岐から尾根を回りこむように円弧状に登りますがその終わり付近の右に分岐があります。
3
その分岐の先も更に二股に分かれています。
2016年06月26日 09:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その分岐の先も更に二股に分かれています。
2
右ワサビ谷、左黒トガ尾根です。
黒栂尾根を登ります。
2016年06月26日 09:58撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右ワサビ谷、左黒トガ尾根です。
黒栂尾根を登ります。
4
黒栂尾根の登り。
概ね急登が続きます。
2016年06月26日 10:06撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒栂尾根の登り。
概ね急登が続きます。
7
青崩道に合流して右に。
2016年06月26日 10:28撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩道に合流して右に。
2
ピークに合流している、すぐに下りが。
2016年06月26日 10:28撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークに合流している、すぐに下りが。
1
国見城址の山頂広場に到着。
休憩場所を探していると、友人のI氏と出合ました。
2016年06月26日 10:42撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見城址の山頂広場に到着。
休憩場所を探していると、友人のI氏と出合ました。
8
11時のライブカメラに。
2016年06月26日 11:00撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時のライブカメラに。
12
葛木神社。
2016年06月26日 11:30撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社。
2
大阪府最高点。
2016年06月26日 11:45撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪府最高点。
4
ササユリが。
2016年06月26日 11:45撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリが。
15
ササユリが。
2016年06月26日 11:46撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリが。
7
展望台からの眺望。
2016年06月26日 11:49撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
6
展望台からの眺望。
2016年06月26日 11:49撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
4
展望台からの眺望。
2016年06月26日 11:50撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
5
展望台からの眺望。
2016年06月26日 11:50撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
3
展望台からの眺望。
2016年06月26日 11:50撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
1
ちはや園地ピクニック広場で休憩の後、山頂広場から同行していた友人のI氏とお別れです。
2016年06月26日 11:59撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちはや園地ピクニック広場で休憩の後、山頂広場から同行していた友人のI氏とお別れです。
1
シチダンカ。
2016年06月26日 12:29撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シチダンカ。
3
シチダンカ。
2016年06月26日 12:29撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シチダンカ。
5
ヤマアジサイ。
2016年06月26日 12:30撮影 by DMC-G6, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ。
5
岩屋文殊。
2016年06月26日 13:04撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋文殊。
3
文殊尾の下り。
2016年06月26日 13:11撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文殊尾の下り。
2
丸太のベンチ。
2016年06月26日 13:18撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太のベンチ。
1
この分岐は右に下っていきます。
(左に登っていくと東尾根ルートで伏見林道に下れます)
2016年06月26日 13:19撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐は右に下っていきます。
(左に登っていくと東尾根ルートで伏見林道に下れます)
1
先着の方々が休憩されていたの写せていませんが、丸太のベンチの先の分岐は左に下ります。
2016年06月26日 13:26撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先着の方々が休憩されていたの写せていませんが、丸太のベンチの先の分岐は左に下ります。
2
左に下ると歩いたことのある文殊中尾根ルートなので、今回はまっすぐ進みます。
2016年06月26日 13:33撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に下ると歩いたことのある文殊中尾根ルートなので、今回はまっすぐ進みます。
1
この分岐は左に尾根筋をそのまま下ります。
(未確認ですが右に下るとババ谷方面やないかと思います)
2016年06月26日 13:36撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐は左に尾根筋をそのまま下ります。
(未確認ですが右に下るとババ谷方面やないかと思います)
2
鞍部に到着。
2016年06月26日 13:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部に到着。
1
左下に伏見林道が見えるので、左に下っていきます。
2016年06月26日 13:43撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下に伏見林道が見えるので、左に下っていきます。
2
伏見林道に合流しました。
数分でバス停です。
2016年06月26日 13:47撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伏見林道に合流しました。
数分でバス停です。
2
風の湯河内長野店で汗を流しました。
ここで山頂で別れた友人のI氏と再開しました。
2016年06月26日 15:21撮影 by Canon IXY 110F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の湯河内長野店で汗を流しました。
ここで山頂で別れた友人のI氏と再開しました。
4

感想/記録

梅雨の晴れ間で金剛登山です。
一昨日の就寝中のこむら返りの痛みが前夜まで残っていて、左ふくらはぎの痛みが不安材料で決行するか否かで悩んでいたのですが、多少の違和感があるもののどうにか歩けると判断して急きょ準備をしての出発です。
当初、黒栂道をセトまで登り青崩道で山頂を目指していたのですが、カトラ谷分岐を過ぎ黒栂尾根を回り込む途中で黒栂尾根の登山口を発見したので予定を変更して黒栂尾根を登ることにしました。
山頂広場で休憩場所を探していると、なんと友人I氏と出会いました。その後、昼食、ライブカメラからピクニック広場でのおやつタイムまで行動を共にしたあと、それぞれの下山コースへと別れました。
下山後、風の湯で友人I氏と再会しました。
訪問者数:375人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/6
投稿数: 655
2016/7/1 7:29
 珍しい花。
22番、23番のヒメサユリが可愛い。
31番、32番の花はヤマアジサイかしら?素敵ですね。
私は山の花が大好きな婆ですから・・・。

一番の拍手ありがとうございます。
登録日: 2013/9/5
投稿数: 18
2016/7/1 13:27
 Re: 珍しい花。
OBABAさんコメントありがとうございます。
22,23番はヒメサユリによく似ていますが、オシベが黄色でないのでササユリだと思います。
31,32番は30番の案内板にあるようにシチダンカという花ですね
私は花が詳しくないので案内板があると助かります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ