ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905486 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

獅子舞岳〜地蔵【羽金山はまたも頂上に立てず】

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー yamatabi
天候梅雨の晴れ間
晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白糸の滝駐車場にとめました。
白糸の滝は、あじさい祭りで大渋滞、駐車場30分待ち。
16:00過ぎの下山時はさすがにすいているだろうと思っていたら、なんと渋滞はさらに伸びていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間2分
休憩
24分
合計
4時間26分
S白糸の滝11:4412:01デッカ橋12:38獅子舞岳12:4413:08河童山13:1915:13地蔵15:2016:06白糸の滝16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
P794(4等三角点 桃子)〜P675(3等三角点 地蔵)間は、踏み跡薄く藪こぎ。
特にP759の下数百mは、モミジイチゴやサルトリイバラの群生地でとちゅう身動きが取れなくなりました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 とげとげの藪こぎを想定していなかったので、長袖シャツやグローブを持ってませんでした。せめてナタを持っていれば。反省。

写真

白糸の滝の下の公園。アジサイが満開です。
水遊びするには急流すぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝の下の公園。アジサイが満開です。
水遊びするには急流すぎ。
ヤマメの釣り堀。
一竿2千円。4匹まで。5匹目以降300円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマメの釣り堀。
一竿2千円。4匹まで。5匹目以降300円。
1
白っぽいアジサイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白っぽいアジサイ
子連れ率が高いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子連れ率が高いです。
1
白糸の滝。
マイナスイオン〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝。
マイナスイオン〜♪
1
滝の周囲は、釣り堀やそうめん流しで大賑わいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の周囲は、釣り堀やそうめん流しで大賑わいです。
青っぽいアジサイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青っぽいアジサイ。
ここから羽金山を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから羽金山を目指します。
植栽されたアジサイもいいけど、やっぱり自生しているヤマアジサイが好き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植栽されたアジサイもいいけど、やっぱり自生しているヤマアジサイが好き。
1
昨日行ったマリンワールドで見たウツボとは似ても似つかないウツボグサ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日行ったマリンワールドで見たウツボとは似ても似つかないウツボグサ。
長野峠方面分岐。
この辺から尾根に取り付こうかと思いましたが、ヤブを見て断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野峠方面分岐。
この辺から尾根に取り付こうかと思いましたが、ヤブを見て断念。
縦走路分岐。縦走路方面は前回行ったので、直接車道で鋼山を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路分岐。縦走路方面は前回行ったので、直接車道で鋼山を目指します。
途中にも縦走を方面への踏跡発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にも縦走を方面への踏跡発見。
マタタビ。どうしてこの時期だけ葉が白くなるのか?虫を呼んでいるのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マタタビ。どうしてこの時期だけ葉が白くなるのか?虫を呼んでいるのだろうか。
3
キカラスウリの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キカラスウリの花
1
獅子舞岳頂上付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子舞岳頂上付近
糸島半島方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
糸島半島方面
1
この電柱のところから獅子舞岳に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この電柱のところから獅子舞岳に向かいます
一番高いところには赤テープはあるものの、なんの標識もない。
ここが獅子舞岳ではないのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高いところには赤テープはあるものの、なんの標識もない。
ここが獅子舞岳ではないのか?
1
羽金山の電波塔が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽金山の電波塔が見えてきました。
1
はがね山標準電波送信所ゲート。
日本に2箇所ある電波時計用の送信所の一つだ。
200mの塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はがね山標準電波送信所ゲート。
日本に2箇所ある電波時計用の送信所の一つだ。
200mの塔。
1
ふむふむ。
インタフォンで中に入れてもらおう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふむふむ。
インタフォンで中に入れてもらおう。
なにー!余震の影響で入れない?
以前来た時は工事中で頂上に立てなかったけど、またもや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにー!余震の影響で入れない?
以前来た時は工事中で頂上に立てなかったけど、またもや。
2
この三角の葉っぱは?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この三角の葉っぱは?
道にはヤマボウシの花がたくさん落ちてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道にはヤマボウシの花がたくさん落ちてます。
1
河童山頂上。
向こうに羽金山の電波塔が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童山頂上。
向こうに羽金山の電波塔が見えます。
5
遠くに浮嶽と女岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに浮嶽と女岳が見えます。
2
ここから下りると白糸の滝はすぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから下りると白糸の滝はすぐ。
4等三角点「桃子」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4等三角点「桃子」
三角点の少し先の尾根を下れば、地蔵の三角点に行けるはず。
少々ヤブだが行くことにする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の少し先の尾根を下れば、地蔵の三角点に行けるはず。
少々ヤブだが行くことにする。
しばらく下ると、踏み跡が出てきました。
木にテープも巻いてありますが、林業用のピンクテープなので、あまり信用できません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下ると、踏み跡が出てきました。
木にテープも巻いてありますが、林業用のピンクテープなので、あまり信用できません。
1
左に伐採跡が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に伐採跡が見えてきました。
かなり広い面積のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり広い面積のようです。
林業機械のフォワーダが動いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業機械のフォワーダが動いています。
尾根の上まで伐採が進んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上まで伐採が進んでいます。
悪い予感的中。行く手を伐採された木が塞いでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪い予感的中。行く手を伐採された木が塞いでいます。
右の樹林の中に逃げますが、なかなかの藪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の樹林の中に逃げますが、なかなかの藪。
足元はツクシショウジョウバカマでびっしり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元はツクシショウジョウバカマでびっしり。
2
この辺りを下るはずなんだけどヤブで見通しがききません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りを下るはずなんだけどヤブで見通しがききません。
かき分けかき分け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かき分けかき分け。
ショウジョウバカマの花の残骸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマの花の残骸。
右の尾根に赤テープが見えたので移動しようとしましたが、この後モミジイチゴの群生地に突っ込み、身動きが取れなくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の尾根に赤テープが見えたので移動しようとしましたが、この後モミジイチゴの群生地に突っ込み、身動きが取れなくなりました。
1
引っかき傷だらけになりここを下りてきました。
100m下るのに20分はかかっただろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引っかき傷だらけになりここを下りてきました。
100m下るのに20分はかかっただろうか。
1
踏み跡が現れ、ホット一息。栄養と水分を補給します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡が現れ、ホット一息。栄養と水分を補給します。
ホッとしたのもつかの間、行く手を再び伐採木に塞がれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッとしたのもつかの間、行く手を再び伐採木に塞がれました。
またもやヤブに突入。でも、そんなに厳しくありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもやヤブに突入。でも、そんなに厳しくありません。
P683は右側を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P683は右側を巻きます。
地蔵への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵への最後の登り。
ここにもこいつが。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもこいつが。。。
2
三等三角点「地蔵」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点「地蔵」
2
この記念碑の左側に下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この記念碑の左側に下りてきました。
すぐ前が「はろ展望所」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ前が「はろ展望所」
中央に可也山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に可也山
3
姫島は霞んでます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫島は霞んでます
前原から福岡市方面。霞んでわからん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前原から福岡市方面。霞んでわからん。
地蔵のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵のピーク
白糸の滝まであと2kmの林道歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝まであと2kmの林道歩き
羽金山の電波塔は遠くからでも目立ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽金山の電波塔は遠くからでも目立ちます
クマノミズキの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマノミズキの花
1
クマノミズキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマノミズキ
1
道沿いには滝もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道沿いには滝もあります
白糸の滝に帰ってきました。
まだまだ人が多い。警備員さんが必死に車を駐車場へ誘導しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝に帰ってきました。
まだまだ人が多い。警備員さんが必死に車を駐車場へ誘導しています。
ゴーーー――ル。
渋滞は1kmほど続いていました。
最後尾は5時すぎるんじゃない?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーーー――ル。
渋滞は1kmほど続いていました。
最後尾は5時すぎるんじゃない?
2

感想/記録

雨が降り続く今年の梅雨、ようやく日曜日に晴れました。妻子はお友達と公園に遊びに行くというので、お昼近くになってから山へ出掛けました。
向かったのは羽金山。以前工事中のため頂上に立てなかったのでリベンジです。
それに気になっていた地蔵ピークから縦走路へつなぐルートを辿ってみることにしました。
林道雷山浮嶽線に入り、白糸の滝を過ぎて地蔵の近くの道沿いにとめるつもりでしたが、林道は大渋滞、白糸の滝まで到達するのにかなり時間を食ってしまいました。白糸の滝手前の駐車スペースにちょうど一台空きができたので、予定を変更して羽金山から時計回りに地蔵へ下山することにしました。
喧騒の白糸の滝をあとに、しばらくは車道歩き、途中で適当に尾根に取り付こうかと思いましたが、暑い中の藪漕ぎは嫌なので、そのまま車道をたどり獅子舞岳の取り付きへ。獅子舞岳は頂上の標識もなく「ほんとにこれが頂上?」という感じでした。近くにいくつか小さなピークがあるので、間違えたのかもしれません。でもいずれも車道からひと登りで、わざわざ寄り道する気にもなりません。
羽金山の標準電波送信所のゲートに着き、インタフォンで中に入れてもらおうとしたら、「余震の影響で立ち入りをお断りしています」の張り紙がありました。一昨年の工事中に続き、またもや頂上に立てない。宿題を残してしまいました。
仕方なく、河童山の頂上で昼食をとったあと、もう一つの目的である地蔵へのルート探しに行きました。縦走路を桃子まで行き、あとは尾根を下るだけ、と思っていましたが、なかなか手ごわいヤブコギが待っていました。身長を超えるモミジイチゴの群生地に入りこんだ時は泣きそうになりました。しかも、足はサルトリイバラのツルに絡まり、全く身動きが取れません。動いたら棘が食い込んできます。海兵隊員が有刺鉄線を切るように1本1本倒しながら後ずさりして脱出しました。
地蔵の三角点は、お地蔵様があるわけでもなく、何の変哲もない尾根上のコブで、底を抜けるとすぐに林道雷山浮嶽線に飛び出しました。
白糸の滝に戻ってきたのは16:00過ぎ。さすがに駐車場は空いただろう、と思ったら大間違い。第5駐車場まで満車で、林道の渋滞は午前中の倍くらいに伸びていました。
訪問者数:134人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/11/16
投稿数: 531
2016/6/28 11:12
 いばらのみち
渋滞、トゲトゲ地獄とお疲れさまでした。
それにしても羽金山は難易度高いですね。私は幸運にも最初の1回で登頂できたので登頂率100%です。(笑)
登録日: 2007/12/3
投稿数: 77
2016/6/28 21:06
 Re: いばらのみち
トゲトゲ地獄は最悪でした
今日お風呂で数えてみたら、腕には30か所ほど引っかき傷がありました。
羽金山は、佐賀県で一番登頂が難しい山かもしれません
登録日: 2013/9/4
投稿数: 1742
2016/6/29 12:45
 獅子舞岳山頂
羽金山の山頂に行くのは難しいですね
私も2度目のチャレンジで行けました
行ったはいいけど、中に入れない可能性があるってことで
この山は人気が無いようです
で、獅子舞岳の山頂ですが、yamatabiさんが行かれた所が本当の山頂?
で、以前、私が行った方の獅子舞岳は山頂標識(プレート)があったのですが
地図で見ると、場所がズレていたのでアレ?と思ってました。
登録日: 2007/12/3
投稿数: 77
2016/6/29 23:43
 Re: 獅子舞岳山頂
羽金山は宿題となりましたが、2度あることは3度ありそうなので、電話で確認してから行くか、ヤマレコで誰かが登った直後に行くことにします
獅子舞岳は、chiakiさんが登られた山頂標識がある方が正解でしょう。たぶん。地図が間違ってることもたまにあります。那珂川町の一ノ岳とか。。
でも、いずれにしても、羽金山のおまけのような山ですから、どっちが山頂でも大差ないような気がします。それにしても、獅子舞岳とは、仰々しい名前ですね。何かいわれがあるのかな

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ