ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908350 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山(富士宮口から。下山はプリンスルート)

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー peb02110kamoto
天候霧雨、濃霧、強風、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
2016年の富士宮口のマイカー規制は7/9からだそうです。7/2の今日は、6:00AM時点で5合目直近の駐車場にまだ余裕がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゲイター ソフトシェル 長袖シャツ 雨具 防寒具
備考 キャップ(強風・防寒対策)と鼻と口を覆うもの(砂走対策)を忘れ、後悔しました。

写真

遠くから富士山に傘雲がかかっているのを見たことはありますが、中から見るとこうなっているんですね。ピントぼけぼけになってしまいましたが・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから富士山に傘雲がかかっているのを見たことはありますが、中から見るとこうなっているんですね。ピントぼけぼけになってしまいましたが・・。
2
登りはずっと濃霧&強風。強風は下山時までずっと吹き続けていました。苦行のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはずっと濃霧&強風。強風は下山時までずっと吹き続けていました。苦行のようでした。
1
久寸志神社(開いていません)は強風を避ける登山者の群れで埋まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久寸志神社(開いていません)は強風を避ける登山者の群れで埋まっていました。
1
霧が晴れましたが風は一層強まり、剣が峰まではとてもたどり着ける気がしないので諦めました。風に煽られて転倒するほどの強風です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れましたが風は一層強まり、剣が峰まではとてもたどり着ける気がしないので諦めました。風に煽られて転倒するほどの強風です。
3
火口を見ることができてよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口を見ることができてよかったです。
5
早々に下山を開始しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早々に下山を開始しました。
1
御殿場口の下山道を降り、宝永山を経て富士宮口へ戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場口の下山道を降り、宝永山を経て富士宮口へ戻ります。
1
先々週訪れた二ツ塚が見えます。二ツ塚から宝永山を見上げたとき余りに高くてとても登れる気がしなかったのですが、今は上から見ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先々週訪れた二ツ塚が見えます。二ツ塚から宝永山を見上げたとき余りに高くてとても登れる気がしなかったのですが、今は上から見ています。
2
宝永山の馬の背は、とんでもない強風でした。立っていられないくらいの、息が出来なくなるくらいの、強風です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山の馬の背は、とんでもない強風でした。立っていられないくらいの、息が出来なくなるくらいの、強風です。
1
強風のおかげか、馬の背から、この、恐竜の背びれみたいな岩が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風のおかげか、馬の背から、この、恐竜の背びれみたいな岩が見えました。
2

感想/記録
by kamoto

御殿場市内は曇天・霧雨で、一時はこのまま帰宅しようかと思ったほどの悪天候でしたが、富士宮口が近づくと、突然富士山の山容が眼前に現れ、山が呼んでいる・・・と勝手に思い込んで登ってきました。富士宮口はマイカー規制前の週末で五合目直近の駐車場に車を停めることが出来ました。

登り始めると登山前に見えていた景色は瞬く間に濃霧に隠されてしまい、強風も相まってさながら苦行のような登りになりました。富士宮口側は開山前なので小屋も開いてないのですが登山者は結構多く、最後まで自分のペースを掴めませんでした。
山頂に着いてみると凄まじい強風で、小さな砂粒が弾丸のように飛んできます。口の中をシャリシャリ言わせながら、すぐに下山に入りました。御殿場口の下山道を降りましたが、時折強風が吹き、足が取られたりバランスを崩したりが多く疲れました。
御殿場ルートから宝永山を経由して富士宮ルートへ行く道は、なまじ宝永山が見えるだけにブルドーザー道などに惑わされそうになります。わらじ館までは横道に逸れずに御殿場ルートを真っすぐ進むことがポイントかと思います。わらじ館を過ぎると四辻が出てきて、右方向に、ブルドーザ道を横切って砂走へ続く経路が現れるのでそちらへ向かいます。砂走を降り切ったところに道標があり、左側が御殿場新五合目、右が宝永山へ続く馬の背となります。今日は地元の登山者が導いてくださり心強かったです。
訪問者数:353人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

馬の背 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ