ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913318 全員に公開 ハイキング富士・御坂

鬼ヶ岳〜王岳(根場周回コース)

日程 2016年07月10日(日) [日帰り]
メンバー Kitara
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道河口湖インターから、登山口最寄りの根場浜駐車場まで約15キロ。
西湖周遊バスが通るバス停もすぐ近くにある。
駐車場にはトイレが設置されている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
1時間9分
合計
6時間15分
S鬼ヶ岳登山口駐車場07:1609:01雪頭ヶ岳09:18鬼ヶ岳09:5110:57鍵掛峠10:5811:10鍵掛11:54王岳12:2913:31鬼ヶ岳登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:16 鬼ヶ岳登山口駐車場
7:17 魚眠荘前バス停
9:01 雪頭ヶ岳
9:18 鬼ヶ岳
10:57 鍵掛峠
11:10 鍵掛
11:56 王岳
コース状況/
危険箇所等
全体的に道は明瞭で、要所に案内標識が設けられており、道迷いの心配はない。,鉢い離襦璽箸呂覆爾国土地理院の地形図には載っていないが、道ははっきりしているので、安心して利用できる。

〆場登山口〜鬼ヶ岳間は、雪頭ヶ岳から山頂までのわずかな区間が少々注意を要する岩場となっていることを除けば、特に危険個所はない。
鬼ヶ岳〜鍵掛峠間は、所々にロープが張られた急な岩場があり、やや危険度が高く、コース中では最も注意を要する。危険個所ではストックが邪魔になるので、ザックにしまうか、岩場で下に落としてしまった方が安全に通過できる。
8鯵歹宗漸Τ抓屬蓮∈戮いアップダウンが連続するが、これといった危険個所はない。バラが多く、棘が引っかかって痛いので、袖を下ろした方がよい。
げΤ戞塑場登山口間は、ひたすらつづら折りの急な下り坂が続き、効率よく高度を下げることができる。後半3分の1は固い車道となるので、足への負担が結構大きい。

道中にトイレはない。
携帯電話(au)は、稜線に近づくとつながる場所が多い。
その他周辺情報登山口近くに「西湖いやしの里根場」がある。

写真

根場登山口から出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根場登山口から出発。
最初に目指す雪頭ヶ岳を入れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初に目指す雪頭ヶ岳を入れて。
西への稜線の連なりも見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西への稜線の連なりも見える。
左端が王岳か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端が王岳か?
堰堤から本格的な登山道が始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤から本格的な登山道が始まる。
明るい樹林帯をひたすら登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい樹林帯をひたすら登っていく。
途中からは広葉樹の林に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からは広葉樹の林に。
ようやく南〜西側の展望が開けてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく南〜西側の展望が開けてきた。
西湖を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西湖を見下ろす。
早くも低い雲が湧いてきていて、残念ながら富士山は見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも低い雲が湧いてきていて、残念ながら富士山は見えない。
登山口の辺りの集落がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の辺りの集落がよく見える。
ガス湧く夏の一コマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス湧く夏の一コマ
奥に精進湖?本栖湖?も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に精進湖?本栖湖?も見える。
雪頭ヶ岳山頂。国土地理院の地形図には山名表示がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪頭ヶ岳山頂。国土地理院の地形図には山名表示がない。
素晴らしい南側の展望が広がるはずが、ガスに視界を遮られてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい南側の展望が広がるはずが、ガスに視界を遮られてしまった。
東側に続く稜線が望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側に続く稜線が望めた。
河口湖を入れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖を入れて。
西側に続くごつごつした稜線。思いのほか格好いい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側に続くごつごつした稜線。思いのほか格好いい。
中央のピークが王岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央のピークが王岳
鬼ヶ岳山頂直下の岩場にかかるハシゴ。傾斜はそれほどきつくないので、あまりプレッシャーを感じずに登ることができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳山頂直下の岩場にかかるハシゴ。傾斜はそれほどきつくないので、あまりプレッシャーを感じずに登ることができた。
稜線越しに望む八ヶ岳(右)と南アルプス(左)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線越しに望む八ヶ岳(右)と南アルプス(左)
雲の上に南アルプスが一際高く聳える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の上に南アルプスが一際高く聳える。
西側の稜線と、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の稜線と、
東側の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の稜線。
シンプルな山頂標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンプルな山頂標識
八ヶ岳と南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南アルプス
これから先に進む稜線が一望できる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから先に進む稜線が一望できる。
鬼ヶ岳山頂全景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳山頂全景
東側にある奇岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側にある奇岩
東側の雲が切れたところを狙って。富士山はまだ見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の雲が切れたところを狙って。富士山はまだ見えない。
西湖と奥に河口湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西湖と奥に河口湖
1
東に続く稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に続く稜線
こちら側もぜひ登ってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側もぜひ登ってみたい。
奥の高いピークが最高峰の黒岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の高いピークが最高峰の黒岳?
鬼ヶ岳を後に鍵掛峠に下る途中から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳を後に鍵掛峠に下る途中から。
富士山の山頂付近の雲がわずかに切れかけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の山頂付近の雲がわずかに切れかけた。
根場登山口が近づいてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根場登山口が近づいてくる。
1
西方面の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方面の眺め
王岳はまだ遠くに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王岳はまだ遠くに見える。
ようやく富士山の山頂部がわずかに望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく富士山の山頂部がわずかに望めた。
1
鍵掛峠。鬼ヶ岳からは意外と時間がかかって手こずった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵掛峠。鬼ヶ岳からは意外と時間がかかって手こずった。
富士山がさっきよりもいい感じに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がさっきよりもいい感じに見える。
こうして見ると西湖も大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして見ると西湖も大きい。
王岳の山頂部まであと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王岳の山頂部まであと一息。
慎ましい山頂標識。朽ちかけた山梨百名山の標識も隣にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎ましい山頂標識。朽ちかけた山梨百名山の標識も隣にある。
富士山はちょっと残念な眺め。山頂部は低木が茂っているので、展望は山頂下の稜線の方がすっきりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はちょっと残念な眺め。山頂部は低木が茂っているので、展望は山頂下の稜線の方がすっきりしている。
王岳山頂から少し下った先に、根場登山口に直接下るルートが分かれている。ここからの下りは超快速で、まさに中央特快。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王岳山頂から少し下った先に、根場登山口に直接下るルートが分かれている。ここからの下りは超快速で、まさに中央特快。
30分強であっという間に車道に接続した。標識には王岳まで3.3kmとあるが、麓からの距離の間違いであろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分強であっという間に車道に接続した。標識には王岳まで3.3kmとあるが、麓からの距離の間違いであろう。
登山口近くに戻ってきて、今日歩いた稜線を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口近くに戻ってきて、今日歩いた稜線を見上げる。
この案内板に沿って進むと、先ほど下ってきたルートに出る。車道歩きが少々退屈だが、登りで使ってもかなり効率よく高度を稼げそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この案内板に沿って進むと、先ほど下ってきたルートに出る。車道歩きが少々退屈だが、登りで使ってもかなり効率よく高度を稼げそうだ。

感想/記録
by Kitara

御坂山地の中でも、比較的マイナーと思われる鬼ヶ岳〜王岳を周回コースで歩いてみた。
思っていた以上に本格的な稜線歩きが楽しめて、これは東側の有名どころも含めてぜひこの山域を歩き通してみたいという気持ちが湧いてきた。
夏場には暑さが厳しいかもしれないという懸念があったが、ボトムの標高が高いので、登山口の標高が低い丹沢よりは随分快適そうな印象を持った。
富士山の眺めは、雲に邪魔されてやや物足りなかったが、葉が落ちた時期に再訪した折には、きっと雪をまとった凛々しい姿を見せてくれるであろうものと大いに期待しつつ、次の山旅計画を温めたい。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ