ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 915759 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

日帰りへとへとで槍ヶ岳

日程 2016年07月12日(火) [日帰り]
メンバー cybershi
天候晴れ、夕方から雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
10分
合計
7時間50分
Sスタート地点03:3004:30穂高平小屋06:00滝谷避難小屋07:00槍平小屋09:00飛騨沢千丈乗越分岐09:1011:10飛騨乗越11:20槍ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りは足がいたくなり、駐車場に戻ったら6時過ぎてました。
コース状況/
危険箇所等
増水していて川を渡れないのだけが怖かったですが、橋がかけられており、何も問題ありません。
その他周辺情報新穂高の無料駐車場は、だいたい10%くらいの駐車率(帰るときはほとんど誰もいなかった。雨だしね)
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 帽子のおかげで顔は日焼けしなかったが、手は痛いほどやけた。

写真

いつも最初にみる山。。。名前不明。どなたか教えてください。
2016年07月12日 04:05撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも最初にみる山。。。名前不明。どなたか教えてください。
1
穂高平小屋。
2016年07月12日 04:30撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平小屋。
ずっと歩いてきて滝谷のこの橋がなかったら。。、ぞっとします。
2016年07月12日 06:08撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと歩いてきて滝谷のこの橋がなかったら。。、ぞっとします。
1
千丈乗越。
2016年07月12日 09:16撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈乗越。
1
飛騨乗越。
2016年07月12日 11:08撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越。
1
小槍。絶対踊れないし、そもそも登れない。実際に見るとすごい迫力。近づく存在でない。
2016年07月12日 11:44撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小槍。絶対踊れないし、そもそも登れない。実際に見るとすごい迫力。近づく存在でない。
2
ここ、日本で一番広い山小屋ですよねえ??
2016年07月12日 12:01撮影 by E6883, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、日本で一番広い山小屋ですよねえ??
2

感想/記録

17時東京出発。22時に新穂高の無料駐車場に着く。10%くらいの駐車率。3時まで寝て着替えて3:30、ヘッドランプをつけて出発。が、道に出るともう不要だったのでバス停で早速ヘッドランプは片づけた。天気予報は晴れのち雨。トイレはまっくらでびびったが、近づいたらちゃんと明るくなった。自販機&ウオシュレット。何をほかに望むのかw
林道歩き。ショートカットせずに、穂高平小屋。なんか、2階の窓が全開で、誰もいなさそうだったけど、大丈夫なのかなあ。とにかく昼前に山頂につかなかったら、泊まるか戻るか、そう決めていたので、時計を見ながら歩く。白手沢には、去年なかった大きな石の洗い場があった。水、のめるとは書いてなかったけど、飲めると思った。ここで林道は終わり、山道へ。ここからずーっと石ばかりで歩きにくいけど、まあこんなもの。アブが多くてびっくりする。途中完全防備の女性をみたが、わかる気がする。耳元に飛んで来たりしてうっとおしい。足をおくすべての石にアブがいる、そんな感じ。
滝谷はとにかく水が多くて渡れないのを心配したが、橋がかかっていた。誰だかしりませんが、ありがとうございます。落っこちたらイッしゃいそうな橋ですが、これ、特に帰りここまで降りてきて渡れなかったら、川に飛び込むぞ、と。USBカメラが設置されていました。ツイッターで画像を送っているようなので、みんな見てから出ればいいと思います。
槍平はきれいなトイレと水場あり。ここの水が私は一番おいしかった。この先にもう1か所水場があります。ここまで豊富に水場がありますが、この先はないよ!夏はたっぷり組むべき。とはいえ、槍ヶ岳山荘山荘には自販機も水も売っています。千丈乗越分岐手前あたりからは双六、鷲羽、水晶が見えて、三俣小屋とかも見れて楽しいです(登っていくと見えなくなる)。
千丈沢乗越から上がる道と並行してあがっていきますが、あっちの方がずいぶん高い(最終的には追いつきますが)。このあたりはたくさん花も咲いていてきれい。疲れていなければいうことなし。
やっとのおもいで飛騨乗越。南岳にいくほうの道を山小屋の方が整備されていた。ごくろうさまです。槍ヶ岳山荘で缶ジュースをのみ、穂先へ。
ここははしごあり、くさりありです。これはよくある脅しではなく、岩場経験があまりない人や高所恐怖症の人は上がらないほうがいいと思う。なるべく不要な鎖などおかないようにしている感じがいい感じだけど、最初のはしごに乗るところが、背の小さい人には厳しいのでは?と思った。
山頂は絶景、これまで登った山たちがたくさん見れて、感無量でした。
下りは、足が痛くなって、1歩1歩つらかった。本当に長かった。予告通り夕方からは雨になり、車に帰ったらアクセルが踏めないくらい疲れていた。。。
訪問者数:442人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/3
投稿数: 3
2016/7/13 22:21
 訂正
写真にある「千丈乗越」は「千丈乗越(へ行く)分岐点」です。

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 林道 水場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ