ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918675 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

雲海の真ん中、安達太良山。

日程 2016年07月17日(日) [日帰り]
メンバー imunietakatomohiro, その他メンバー6人
天候曇り、時々小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等
JR東北本線二本松駅から行きは路線バスを乗り継ぎ、あだたら高原スキー場まで行き、あだたら山ロープウェイで山頂駅へ。
帰りはスキー場横の「奥岳の湯」からタクシーで二本松駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
53分
合計
3時間53分
S仙女平分岐11:0611:40安達太良山12:2112:37沼尻分岐12:4012:41峰ノ辻分岐12:56峰の辻13:24くろがね小屋13:3313:38塩沢分岐13:55勢至平分岐14:59奥岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 事前の天気予報があまり芳しくなく、直前まで実施が危ぶまれていた安達太良山行ですが、雨が降らないことを祈りつつ?参加者8名での決行となりました。
 途中の那須付近では濃霧で新幹線の車窓からは何も見えません。大丈夫かな、と思いましたが、福島県に入るとやっと視界が開けてきました。郡山で乗り換え、二本松駅に降りてもまわりには登山者らしい人はほとんどいらっしゃいません。やはり皆さん、クルマ利用のようです。
 福島交通バスを岳温泉で乗り継ぎ、奥岳へ。あだたら山ロープウェイ(ゴンドラリフト)で標高1,350mまで一気に400mほど上がってしまいます。ゴンドラの中で山麓を振り返ると、雲海が一面に広がっていました。晴れてはいませんが、どうやら雲の上にでたようで、山頂までの眺望も開けていました。
 軽く準備運動を済ませ、標高差350mの山頂目指して出発です。このときGPS起動を忘れてしまい、今回の軌跡は途中からの記録になっています。低木帯を進むと石楠花が咲いています。最盛期は過ぎていますが、まだまだ花盛り、ウラジロヨウラクやマルバシモツケも目に入ります。
 乳首山に近づくと森林限界を越え、赤い土が火山らしい雰囲気になってきます。少し雨が降ってきましたが、幸いにもすぐに止み、頂上直下の広場に到着です。さすがにここはたくさんの人で賑わっていました。記念写真を撮り、ザックをデポして頂上の岩場を登ります。雲海に囲まれた山頂からの眺望は、晴天時とはまた違った魅力です。風が強く寒くなってきたので鎖場を降り、風を避けられる場所で昼食休憩となりました。
 昼食後は牛ノ背を沼ノ平方面へ向かいます。さらに強くなる風のなか、赤茶けた斜面の向こう側に大きな噴火口が広がっていました。危険地帯、沼ノ平火口の奥にも今日は雲海が望めました。帽子が吹き飛ばされそうな強風を避け、峰の辻、くろがね小屋方面へ向かいます。高度を下げ、低木帯に入るころには後ろからガスが追いかけてきました。小雨もぱらつきます。
 とてもよい雰囲気のくろがね小屋から下は、林道歩きが続きます。旧道のほうが短いのですが、足場が悪く滑りそうだったので、遠回りを選びました。下に降りるにつれ天候もやや回復し、時折青空も顔を覗かせます。
 くろがね小屋から1時間半ほどでスキー場へ到着。隣接の「奥岳の湯」の露天風呂で汗を流した後は、タクシーで二本松駅へ向かいました。運転手さんのトークと電車待ちの間になぜか駅に入ってきたお神輿が印象に残りました。
 晴れ間は少なかったものの、思いがけない雲海の眺望に出会え、気温も高くならず快適な山行でした。また、行くぜ、東北。


 





 
コース状況/
危険箇所等
とてもよく整備されていて、登山道自体に危険なところはありませんが、濡れた岩場やガレた場所はすべりやすいので足元注意!です。
その他周辺情報路線バスは岳温泉まで500円、その先スキー場までの臨時バスは300円。
タクシーはスキー場から二本松駅まで5,330円。
黒岳の湯はロープウェイ利用者だと50円引きの550円でした。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

二本松駅前は人気が余りなく、ちと寂しい雰囲気。
2016年07月17日 09:03撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本松駅前は人気が余りなく、ちと寂しい雰囲気。
1
岳温泉(元ニコニコ共和国)でバスを乗り継ぎます。温泉街は三連休で満員だそうです。
2016年07月17日 09:51撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳温泉(元ニコニコ共和国)でバスを乗り継ぎます。温泉街は三連休で満員だそうです。
1
あだたらロープウェイからは雲海が。1,350mまで一気に上ります。
2016年07月17日 10:24撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あだたらロープウェイからは雲海が。1,350mまで一気に上ります。
1
さあ、ここから登り始めます。
2016年07月17日 10:30撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、ここから登り始めます。
石楠花が咲いていました。
2016年07月17日 10:45撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花が咲いていました。
まだまだ花盛り。
2016年07月17日 10:53撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ花盛り。
登山路や道標はとてもよく整備されています。ありがとうございました。
2016年07月17日 11:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山路や道標はとてもよく整備されています。ありがとうございました。
振り返ると雲海。
2016年07月17日 11:16撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると雲海。
1
足元には小さなベリーも。
2016年07月17日 11:29撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には小さなベリーも。
このあたりが森林限界かな。
2016年07月17日 11:32撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが森林限界かな。
クロマメノキはまだ花か青い実でした。
2016年07月17日 11:33撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキはまだ花か青い実でした。
乳首が間近になってきました。
2016年07月17日 11:35撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乳首が間近になってきました。
2
くろがね小屋分岐と牛ノ背方面の稜線。
2016年07月17日 11:36撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋分岐と牛ノ背方面の稜線。
山頂直下の記念撮影ポイント。
2016年07月17日 11:42撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の記念撮影ポイント。
2
荷物をデポして空身で山頂へ。上り道には細いハシゴがかかっています。
2016年07月17日 11:46撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物をデポして空身で山頂へ。上り道には細いハシゴがかかっています。
1
お約束の三角点タッチ。
2016年07月17日 11:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の三角点タッチ。
2
頂上からも雲海。
2016年07月17日 11:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からも雲海。
2
お社と「八紘一宇」の石碑。
2016年07月17日 11:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お社と「八紘一宇」の石碑。
1
沼ノ平方面へ向かいます。
2016年07月17日 12:27撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼ノ平方面へ向かいます。
1
西側の雲海。
2016年07月17日 12:30撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の雲海。
これが見たかった!迫力ある噴火口。そしてその向こうにも、雲海。
2016年07月17日 12:37撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが見たかった!迫力ある噴火口。そしてその向こうにも、雲海。
2
火山らしい雰囲気です。
2016年07月17日 12:38撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山らしい雰囲気です。
2
峰の辻に向かって下り始めると正面に雲海が広がります。
2016年07月17日 12:42撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻に向かって下り始めると正面に雲海が広がります。
振り返ると岩峰がそそり立っていました。
2016年07月17日 12:48撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると岩峰がそそり立っていました。
くろがね小屋の源泉を遠望。
2016年07月17日 13:13撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋の源泉を遠望。
7つ子?
2016年07月17日 13:18撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7つ子?
1
気の早いナナカマド。
2016年07月17日 13:21撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気の早いナナカマド。
くろがね小屋到着。トイレを拝借しました。ありがとうございました。
2016年07月17日 13:23撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋到着。トイレを拝借しました。ありがとうございました。
ちいさな湿原。
2016年07月17日 13:35撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちいさな湿原。
青空も少し。
2016年07月17日 14:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も少し。
火山ですが水も豊かです。
2016年07月17日 14:46撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山ですが水も豊かです。
スキー場まで戻ってきました。
2016年07月17日 14:56撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場まで戻ってきました。
ここで汗を流しました。露天風呂もあり新しくてきれいでした。
2016年07月17日 15:01撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで汗を流しました。露天風呂もあり新しくてきれいでした。
電車を待っていると、なぜかお神輿が駅の中に。
2016年07月17日 16:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車を待っていると、なぜかお神輿が駅の中に。
1
訪問者数:316人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/20
投稿数: 16
2016/7/19 16:02
 楽しそう
天気が心配でしたが、雲海見られて良かったですね!
二本松には、菊人形の時、ぜひお越しください〜
登録日: 2012/9/20
投稿数: 16
2016/7/19 16:02
 楽しそう
天気が心配でしたが、雲海見られて良かったですね!
二本松には、菊人形の時、ぜひお越しください〜
登録日: 2013/10/28
投稿数: 7
2016/7/19 22:33
 Re: 楽しそう
毎回、楽しいイベントになってます。ぜひ次回はご参加ください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ