ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 920667 全員に公開 ハイキング中国山地西部

十方山

日程 2016年07月18日(月) [日帰り]
メンバー shyrider
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広島市〜廿日市〜佐伯〜吉和〜瀬戸の滝登山道(約54キロ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

山頂
2016年07月18日 14:13撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
3
五合目遭難碑
2016年07月18日 15:13撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目遭難碑
1
今回は、五合目遭難碑から昔二、三度歩いたことのある南西に向かう尾根を下ってみます。
2016年07月18日 15:15撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、五合目遭難碑から昔二、三度歩いたことのある南西に向かう尾根を下ってみます。
1
859mピーク三角点、
7年前に辺りは刈り込まれ開けていたのですが、もう三角点を探す気も失せてしまうぐらい木々で覆われていました
2016年07月18日 15:56撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
859mピーク三角点、
7年前に辺りは刈り込まれ開けていたのですが、もう三角点を探す気も失せてしまうぐらい木々で覆われていました
昔の記憶によると途中尾根から左に外れるように谷に下りて行く道が着けられていました。
その取っ掛かりらしき目印か・・・、少し左よりにテープがあります。念のため尾根をもう少し下まで下ってみて、どうやらここで間違いないことを確認しました。
2016年07月18日 16:16撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の記憶によると途中尾根から左に外れるように谷に下りて行く道が着けられていました。
その取っ掛かりらしき目印か・・・、少し左よりにテープがあります。念のため尾根をもう少し下まで下ってみて、どうやらここで間違いないことを確認しました。
1
やっとこさでアライ川に下りてきました。
川を渡り、登山道に合流するようにトラバース道があったハズですが、途中から道がわからなくなってしまい、登山道に合流するまで結構しんどかったです。
2016年07月18日 16:40撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさでアライ川に下りてきました。
川を渡り、登山道に合流するようにトラバース道があったハズですが、途中から道がわからなくなってしまい、登山道に合流するまで結構しんどかったです。
瀬戸の滝
2016年07月18日 17:20撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸の滝
3
撮影機材:

感想/記録

今回、暑さもあってか、水場までやたらと時間が掛かりました。水場で涼を得て元気を取り戻し、標高を上げていくと大分涼しくなってきて、なんとか山頂までたどり着くことが出来ました。
途中で、瀬戸の滝から直登路と合流する分岐から、間違って下山路に入ってきた若い二人連れ男性に、十方山はこちらでいいんですか・・・?と尋ねられ、驚きつつも地図を取り出して、こっちは下山路ですよ、もう10分も下りると駐車場に着いてしまいます。と教えると彼らはお礼をいいつつ、登り返して行ってあっという間に見えなくなっていきましたが、ヤツら、もう少し下調べをして山に入った方がいいんでないかい・・・!?
下山路は久々に五合目遭難碑から南西に伸びる尾根を下ってみました。
ここは7年前に測量が入った時には、目印と切り開きで分かりやすくなっていて、瀬戸の滝からの直登路に合流していた道ですが、道って人の手が入らないとこんなになるものかというぐらい荒れて分らなくなっていましたが、境界線を目印に下っていきました。
まあ基本的に尾根を下っていって、途中尾根から左の谷に下りるって感じですが、途中久々に現地確認と読図なぞして下りました。
谷に下りてから登山道に合流するまでのトラバース道が、道が不明瞭で(というか完全に見失ってしまい…)結構しんどかったです。でも合流地点だけはなぜか合っていて、じゃあそんなに外れていたわけじゃなかったんだ、それでもあまり道らしきものが無かったハズだけど・・・と逆にビックリ!!!測量用に急ごしらえで作った道って、分かんなくなるのも早いってことなのかもしれません・・・!?
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 水場 直登 クリ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ