ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 921667 全員に公開 ハイキングヨーロッパ

プランプラからフレジュールまでハイキング

日程 2016年07月11日(月) [日帰り]
メンバー Shun330, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
行き:シャモニからテレキャビンでスタート地点であるプランプラへ
帰り:フィレジュールからロープウェーで麓の村へ。バスでシャモニへ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
30分
合計
2時間40分
Sプランプラ09:1010:30シャルラノン11:0011:50フレジュール(La Flegere)11:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とても良い
その他周辺情報参考図書
小川清美著 シャモニ周辺を歩く   山と渓谷社2000年刊
小川清美著 スイスアルプス旅事典      新潮社
坂本英夫著 地理の目で歩くスイス・アルプス ナカニシヤ出版
フランス国土地理院 1:25000 地図
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

モンブランの夜明け。頂上は雲に隠れているが今日も天気に恵まれそうだ(ホテルの自室より)
2016年07月11日 05:54撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンブランの夜明け。頂上は雲に隠れているが今日も天気に恵まれそうだ(ホテルの自室より)
テレキャビンのプランプラ下車。モンブランからシャモニ針峰群。相変わらず圧倒的迫力。
2016年07月11日 09:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビンのプランプラ下車。モンブランからシャモニ針峰群。相変わらず圧倒的迫力。
歩き始めてすぐ。この辺りは沢山のパラグライダーが来ている。
2016年07月11日 09:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐ。この辺りは沢山のパラグライダーが来ている。
Alyitu2000というレストランを過ぎるとプレヴァンへの分岐
2016年07月11日 09:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Alyitu2000というレストランを過ぎるとプレヴァンへの分岐
プレヴァンへの分岐を右へ進み赤い針峰群のすそ野を進む
2016年07月11日 09:26撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレヴァンへの分岐を右へ進み赤い針峰群のすそ野を進む
若干の雪渓トラバース。トレースしっかり有問題無い
2016年07月11日 09:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の雪渓トラバース。トレースしっかり有問題無い
対岸にはモンブランはじめドリューなどの針峰群
2016年07月11日 09:35撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸にはモンブランはじめドリューなどの針峰群
赤い針峰群に張り付くクライマーさん。何組か居る。練習場所なのかな
2016年07月11日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い針峰群に張り付くクライマーさん。何組か居る。練習場所なのかな
昨日観光したエギーユ・デュ・ミディを遠望
2016年07月11日 09:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日観光したエギーユ・デュ・ミディを遠望
ユリの1種でしょう
2016年07月11日 10:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユリの1種でしょう
アルペンローゼ
2016年07月11日 10:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペンローゼ
モンブラン〜ボソン氷河とエギーユ・デュ・ミディ
2016年07月11日 10:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンブラン〜ボソン氷河とエギーユ・デュ・ミディ
アルペンローゼの群落。日本の山でもつつじが綺麗な山は幾つもあるがここは同じつつじの仲間アルペンローゼが山いっぱいに咲いている
2016年07月11日 10:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペンローゼの群落。日本の山でもつつじが綺麗な山は幾つもあるがここは同じつつじの仲間アルペンローゼが山いっぱいに咲いている
なにやら花の同定中か?
2016年07月11日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにやら花の同定中か?
ゆりの群落も
2016年07月11日 10:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆりの群落も
危険と言われる個所でもこんなもん
2016年07月11日 10:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険と言われる個所でもこんなもん
そろそろ終盤かな
2016年07月11日 11:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ終盤かな
フレジュールに到着
2016年07月11日 12:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレジュールに到着

感想/記録

 今日は7月1日グリンデルワルトから続いたアルプスハイキング旅行の最後の山歩き。
 当初は、プランプラからケーブルカーを乗り継ぐブレヴァン展望台からスターするつもりだったが、途中のプランプラをスタートにした。途中残雪の下りが在りそうな事。急なガレ場下降が有りそうな事。花とか特に途中愛でるものがなさそうな事。それよりも短いコースをゆっくり散策しながら歩こう、を優先したためだ。
 結果的にはどんなにゆっくり歩いても昼前にはゴール出来たし、花はいっぱい見たし写真も。いろんな種類のハイカーさんも観察できたし今回のアルプスハイキング旅行の(ユルユルの意味で)集大成だった。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さてここで、7月1日グリンデルワルトから続いたアルプスハイキング旅行初体験の感想を記す事に。
 
先ず、日本で計画した予定のコースを端折る事や中止した計画がいくつもあった事。
 最大の理由は、国内での山歩きの様な「コースタイム尊重とか予定通り行動する」とかの、なんとなくモラルっぽい考えが、圧倒的スケールの景観を前に吹っ飛んでしまう。という事だ。この景観を見てしまうと先に進むというよりずっとこの景色を見ていたい。という気になってしまう。なので精神的にまず参ってしまう。勿論修業的な頑張り山行など全く考えられない。

 体格/体力的な面では、ガイド本のコースタイムはやはりチャンと歩かないとクリアできない。上記精神的なユルユル気分があったとしてもめげずにしっかり歩かないとコースタイム通り行かない(当たり前だが)。ましてコースタイム自体西洋人の脚の長さ基準だ。なので特に今回の様に初体験(目移りして仕様がない)ではコースタイムの0.7掛位で計画する方が良いと思った。

 現場の情報という点では。
コースの残雪状況とか殆ど掴めてなかったので、幾つかの計画変更が結果良かったのか変更の必要無かったのかはっきりしない。「コースの閉鎖」についても従って良かったのか無視できたのか?不明。大失敗だったのは軽アイゼンを装備しなかった事。
 天気予報にしても、言葉の問題もありインターネットで当地の予報を日本語で見ていた。が、より詳しい情報を得ることができなかった。特に夕立ちが来そうか来ないのか? 来るとすれば何時頃になりそうか? などの点。グリンデルワルトに初めて入った6月30日いきなり夕立ちがあったので、それ以来必ず来るものと思っていたが結果的には殆ど無かったりして。。。 その辺の心配が前日になって翌日計画の変更に影響した部分もあり。

 次回はこの辺を改善すべし。 (次回って何時よ ??!!)

それにしても ヨーロッパ人さんのアルプスの楽しみ方の多様性にびっくり。
 ハイキング=トレッキング、ベビーカーを押しての3世代ハイキングや家族ハイキング。熟年のハイキング。スピードハイキング。サイクリング。トレラン。パラグライダー。クライミング。自作飛行機飛ばし。本によれば冬はスキーだけでなくソリもメインのレジャーアイテムらしい。
当然日本でも見られるが、同じ場所でこれらゴッチャに楽しむ人たちが居るのにはビックリ!。
 それとグリンデンワルトのキャンプ場で、日本人のおじさん達数人グループが山キャンプをしていたのを見かけた。うらやましかった。
訪問者数:95人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ