ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923719 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山〜中葛城山(ツツジオ谷旧道-金剛山-伏見峠-久留野峠-中葛城山-久留野峠-金剛山ロープウェイ前BS)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー KENPEI
天候曇り
(11:52金剛山 20℃)
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
往路:金剛登山口の駐車場を利用
復路:南海バス・金剛山ロープウェイ前BSにて乗車し、金剛登山口BSにて下車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間11分
合計
5時間31分
S駐車場09:2309:29黒栂谷道分岐09:54腰折滝10:16水場10:2210:26一ノ滝10:32二ノ滝10:4111:03ツツジオ谷新道・旧道の分岐11:1211:46山頂広場12:1312:38金剛山12:4012:44一の鳥居13:07伏見峠13:39久留野峠13:5314:02中葛城山14:0614:17三角点:北山14:27久留野峠14:54金剛山ロープウェイ前BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ツツジオ谷は、滝の巻道の通行注意。

中葛城山の三角点(点名 北山)は、わかりにくい位置にあります。久留野峠から中葛城山への階段を登りきったあたりで、左を見ると目印があります。その目印の先を見ると、ササ藪の中の木に点々と目印が続きます。目印を追うと、最大で胸の高さくらいまでのササ藪を進むことになります。ササ藪の中の道は不明瞭です。また、三角点の周りは、ササはありませんでした。

久留野峠〜中葛城山は、急な階段。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) タオル(1) 手袋(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 日焼止め(1) 虫除けスプレー(1)

写真

ホタルブクロ
2016年07月24日 09:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
イワタバコ
2016年07月24日 09:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタバコ
4
おにぎり岩(通称)
2016年07月24日 10:13撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎり岩(通称)
水場。以前より2mほど下に変わったようです。
2016年07月24日 10:16撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。以前より2mほど下に変わったようです。
二ノ滝の滝壺付近から登山道を見たところです。
2016年07月24日 10:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ滝の滝壺付近から登山道を見たところです。
ロープを使って登ると墓地に出ます。
2016年07月24日 11:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープを使って登ると墓地に出ます。
ついたあ
2016年07月24日 11:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついたあ
山頂広場よりの眺望
2016年07月24日 12:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場よりの眺望
転法輪寺
2016年07月24日 12:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺
1
ドクダミ
2016年07月24日 12:32撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドクダミ
キツリフネ
2016年07月24日 12:32撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツリフネ
大和葛城山が見えます。
2016年07月24日 12:40撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和葛城山が見えます。
まだアジサイが咲いてました。
2016年07月24日 12:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだアジサイが咲いてました。
ホトトギス(細かい種類は気にしない)。
2016年07月24日 13:52撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホトトギス(細かい種類は気にしない)。
中葛城山への登り。短いが急坂です。
2016年07月24日 13:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中葛城山への登り。短いが急坂です。
中葛城山
2016年07月24日 14:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中葛城山
1
三角点を目指し、ササ藪を進みます。
2016年07月24日 14:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を目指し、ササ藪を進みます。
三角点 北山
2016年07月24日 14:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点 北山
4
三角点の周りはササなしです。
2016年07月24日 14:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の周りはササなしです。
1

感想/記録
by KENPEI

夏なので涼しそうなツツジオ谷から登ることにしました。

実際に登ってみると、空気は少しひんやりとしていました。歩いているときは、当然、汗をかいて暑いのですが、休憩すれば少しひんやりでした。

やがて二ノ滝へ。滝壺付近で滝を眺めていると、初めは少し涼しいなあ、という感じでした。しばらくすると、少し肌寒くなるくらいの涼しさでした。

山頂広場でも日陰で休憩すると、少し肌寒くなるくらいの涼しさでした。

その後、久しぶりに中葛城山へ行きました。そして前から気になっていた三角点を探してみることにしました。地図を見て、「大体、この方向にあるはず。」というイメージをつかんでから、ダイトレから目印が見えないか注意して歩きました。

それらしい目印は簡単に見つかりましたが、次の目印がササ藪の中の木にあります。「え?」と思うレベルの不明瞭さでしたが、ともかく目印を追ってみました。胸の高さくらいのササ藪もありましたが、無事、三角点を見つけることができました。

三角点の付近にはササ藪はなく、ちょっと異質な感じでした。

その後、久留野峠を経由し、バス停に向かいました。この道は下山路の定番の1つのようですが、コンクリ舗装が多く、傾斜もそこそこありました。一見楽そうな道ですが、意外に足にくる道でした。
訪問者数:152人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/10
投稿数: 709
2016/7/26 12:52
 中葛城山の三角点!
こんにちは KENPEIさん。
私もこないだ、連れていってもらいました。
ひとりだと、「ほんまにあるのぉ〜?」ってあの笹の途中で引き返してしまうかも。
お疲れ様です。

久留野峠からのコンクリート道、私も苦手です。
うっかり久留野峠まで下りてしまうと、あのコンクリート道を下るか、中葛城山までの急坂登るか、究極の選択ですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ