ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 923787 全員に公開 沢登り支笏・洞爺

(第三次)北の大地上陸 インクラの滝リベンジ

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー oyakata
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間18分
休憩
0分
合計
2時間18分
Sスタート地点14:0916:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
展望台から先はコースはありません。かすかな踏み跡とたまに出てくるピンクリボンが頼り
滝前は落石もあるようですので十分注意。あと滝前にクマの足跡らしきものがありました
その他周辺情報白老のポロト湖に「ポロト温泉」500円也
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 飲料 タオル カメラ 三脚

写真

ズーム
前回訪問した時はここまですら来れられなかったからなぁ。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズーム
前回訪問した時はここまですら来れられなかったからなぁ。。。
2
ここから先は自己責任で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は自己責任で
2
カッパドキア(違)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッパドキア(違)
2
しかし、すげーなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、すげーなぁ
2
滝に近づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に近づいてきました
1
駐車場に戻って展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻って展望台
1
ここからだとこんなものしか見えません
前回訪問した時はガスでこの光景すら見えませんでしたので。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからだとこんなものしか見えません
前回訪問した時はガスでこの光景すら見えませんでしたので。。。

感想/記録

毎度どうでもよい記録です

羊蹄山下山後、樽前山に行こうと考えていたのだが、日曜日だし混雑してるだろうから最終日に予定していたインクラの滝を目指すことにした
インクラの滝は昨年9月の遠征時の最終日に訪問したのだが、右ひざのダメージがあまりにもひどくまともに歩けないのと雨とガスで展望がなかったため滝前に行くのをあきらめた。。。次の遠征はいつになることやら?羊蹄山に登ったついでに行けるものか?半ばあきらめかけていたのだが・・・
14時には滝展望台の駐車場に到着。その前にここまでのダートを先行していた車が林道のさらに奥まで行くみたいだったので「もしかして今から社台滝行くのか?」っと思い、もし行くのなら便乗させてもらえないか交渉しようとして声かけたのだが、、、どうやら昔インクラの滝を林道の上から見たことがあるので行こうとしたとのこと。ゲートにはかぎが掛かっていたため行くことができずここで引き返していった。。。
滝前までどれくらいで行けるのか見当がつかない。しかもヒグマの生息地でもあるので単独だとさすがに不安であった
まずは観瀑台から眺める。滝までの距離は1劼らいありそう。とりあえず沢沿いに歩けないか・・・ただ、今回は軽量化を図って沢靴などは用意してこなかったため登山靴を濡らしたくない(登山靴で新幹線乗ってきたので)できるだけ入水をしないように藪漕ぎしていくがこれがなかなかヘビー。途中明らかに踏み跡らしきものがあったりピンクリボンがあったりしたので少しは安心できた
何とか滝前に到着。リベンジ達成できた
滝前に1時間くらい滞在して駐車場に戻る
観瀑台を過ぎたところ遊歩道で1人の青年と出会う。滝前まで行こうとしたみたいだが状況を説明したら行くのやめてしまった。。。
駐車場でしばらく話をしてこの辺のお手軽山のことを教えてもらった
樽前山に行こうと思っている話をしたら3時間くらいで周回できるとのこと。。。

この辺で日帰り入浴できる温泉施設はないものか・・・ポロト温泉というところが近くにあるので行ってみた
源泉かけ流しの黒くてぬるっとした湯でなかなか良かった
入浴後お土産を買うため新千歳空港へと向かった。っと言うのも新函館北斗駅はお土産売り場が小さかったので頼まれたものが売っていないかもしれないので売り場が多く遅くまで営業しているので安心して買い物できる
さぁ、最終日は樽前山だ。。。その前に行くところがあるのだが・・・
続く

そうそう、
滝友のブログにとある方のコメントがありまして
なんでもスローシャッターで撮影した滝は実際の滝の本当の姿じゃない捏造インチキ写真なんだそうです。そのような写真は滝に対して失礼極まりないことらしいです。「現実の滝の姿と違いますと断りを入れるべきではないでしょうか?」っとのことなのでオイラの画像も断り入れないとまずいのかね?。。。ってか何様のつもりだよ!
訪問者数:248人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

ガス 林道 藪漕ぎ ヒグマ クリ 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ