ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 925737 全員に公開 ハイキング奥秩父

二子山[フタゴヤマ](上級者コース)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー takakei, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
埼玉県秩父市と群馬県神流町を結ぶ県道71号線(高崎神流秩父線)の土坂峠、埼玉県小鹿野町と群馬県神流町を結ぶ国道299号線の志賀坂峠、この2つの峠を結んでいる埼玉県側の林道で、志賀坂峠側からは二子山の坂本登山口を通り越して進み、土坂峠側からは志賀坂峠を目指して進むと二子山の北登山口の駐車スペースに着きます。
尚、土坂峠側から北登山口を目指す場合は、土坂峠と北登山口の間にある矢久峠から林道に入ることもできます。
尚、北登山口周辺に公衆トイレは有りません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
1時間3分
合計
4時間43分
Sスタート地点(北登山口)08:5208:59股峠09:58三等三角点 / 二子山10:1711:09魚尾道峠11:22ローソク岩11:3711:48股峠11:5512:38二子山 東岳12:5513:25股峠13:3013:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北登山口に登山ポストは有りません。入山者数を計測するカウンターが登山口に設置されています。
東岳、西岳及び西岳東峰から西峰への岩稜にはロープ場や鎖場が殆どありません。従って、簡単な岩登りや岩稜歩きに慣れている人なら特別な危険個所は無いと言えますが、慣れていない人にとっては全体的に危険です。
また、股峠から東岳と西岳の登り始めは粘土質の急な登りとなっているので、雨上がりの濡れた状態ではかなり滑ります。
その他周辺情報帰りに西秩父桃湖近くの「吉田元気村」で入浴(\500)しました。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

8時40分に北登山口の駐車スペースに着きました。登山口は中央正面です。
2016年07月24日 08:50撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時40分に北登山口の駐車スペースに着きました。登山口は中央正面です。
8時52分、登山口のカウンターボタンを押して登山を開始しました。
2016年07月24日 08:52撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時52分、登山口のカウンターボタンを押して登山を開始しました。
ドクダミ
2016年07月24日 08:52撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドクダミ
登り始めだけ少し急で直ぐに緩やかな登りとなりました。
2016年07月24日 08:53撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めだけ少し急で直ぐに緩やかな登りとなりました。
坂本登山口からだと1時間かかるところ、北登山口からだと登り始めて5分で股峠が見えてきました。
2016年07月24日 08:57撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本登山口からだと1時間かかるところ、北登山口からだと登り始めて5分で股峠が見えてきました。
1
8時59分、股峠に到着。
2016年07月24日 08:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時59分、股峠に到着。
股峠にある西岳案内板です。
2016年07月24日 08:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
股峠にある西岳案内板です。
案内板の隣にある注意板です。
2016年07月24日 08:59撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板の隣にある注意板です。
西岳へは急な登りから始まりますが、粘土質の土が雨上がりで濡れていて滑ります。
2016年07月24日 09:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳へは急な登りから始まりますが、粘土質の土が雨上がりで濡れていて滑ります。
標高1,000m地点、急な登りが続きます。
2016年07月24日 09:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,000m地点、急な登りが続きます。
濡れていて滑る急斜面を慎重に登り、
2016年07月24日 09:07撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れていて滑る急斜面を慎重に登り、
股峠から10分ほどで一般コースと上級者コースとの分岐に着きました。
2016年07月24日 09:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
股峠から10分ほどで一般コースと上級者コースとの分岐に着きました。
上級者コースに向かいます。
2016年07月24日 09:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上級者コースに向かいます。
2
横を見ると急さが分かります。
2016年07月24日 09:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横を見ると急さが分かります。
7分ほどの登りで上級者コースの岩壁の基部に着きました。
2016年07月24日 09:18撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7分ほどの登りで上級者コースの岩壁の基部に着きました。
1
これから登る岩壁、ホールドは豊富にあります。
2016年07月24日 09:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る岩壁、ホールドは豊富にあります。
3
軽快に登っていくKさん。
2016年07月24日 09:23撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽快に登っていくKさん。
4
三点支持での登りが続きます。
2016年07月24日 09:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三点支持での登りが続きます。
脇を見ると斜度が分かります。
2016年07月24日 09:27撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脇を見ると斜度が分かります。
3
10分強の登りで終わりが近づいてきました。
2016年07月24日 09:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分強の登りで終わりが近づいてきました。
1
イワギキョウ(岩桔梗)
2016年07月24日 09:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(岩桔梗)
3
イワギキョウ(岩桔梗)
2016年07月24日 09:32撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(岩桔梗)
15分ほどの岩場登りの後はまた急な登山道となりました。
2016年07月24日 09:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどの岩場登りの後はまた急な登山道となりました。
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
2016年07月24日 09:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
2
カノコユリ(鹿の子百合)
2016年07月24日 09:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カノコユリ(鹿の子百合)
2
<過去画像>
晴れていれば西岳東峰から西岳(中央峰)が見えます。
2014年04月28日 09:45撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
晴れていれば西岳東峰から西岳(中央峰)が見えます。
エーデルワイス
2016年07月24日 09:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイス
2
西岳東峰から西岳(中央峰)に向かいます。
2016年07月24日 09:47撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳東峰から西岳(中央峰)に向かいます。
周りはガスっていて良く見えません。
2016年07月24日 09:49撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りはガスっていて良く見えません。
9時54分、西岳(中央峰)に向かう途中で一般コースとの合流点に来ました。
2016年07月24日 09:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時54分、西岳(中央峰)に向かう途中で一般コースとの合流点に来ました。
Kさんの手前の左側からの道が一般コースです。
2016年07月24日 09:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Kさんの手前の左側からの道が一般コースです。
合流点の標識です。
2016年07月24日 09:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点の標識です。
9時58分、西岳(中央峰)に着きました。
2016年07月24日 09:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時58分、西岳(中央峰)に着きました。
1
頂上標識と三角点の間で。残念ながら周りの山々はガスで見えません。
2016年07月24日 09:58撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識と三角点の間で。残念ながら周りの山々はガスで見えません。
3
記念に頂上標識と三角点の間でセルフで。
2016年07月24日 10:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に頂上標識と三角点の間でセルフで。
4
10時17分まで休憩している間に西峰が少し見えてきて、
2016年07月24日 10:14撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時17分まで休憩している間に西峰が少し見えてきて、
西峰に向かって歩き出すとさらに見えるようになってきました。
2016年07月24日 10:17撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰に向かって歩き出すとさらに見えるようになってきました。
1
<過去画像>
晴れていれば西岳頂上より西峰がこのように見えます。
2014年04月28日 10:09撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
晴れていれば西岳頂上より西峰がこのように見えます。
<過去画像>
晴れていれば西岳頂上から痩せた岩稜を西峰に向かう登山者(画面中央右斜め上)を見ることもできます。
2014年04月28日 09:54撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
晴れていれば西岳頂上から痩せた岩稜を西峰に向かう登山者(画面中央右斜め上)を見ることもできます。
西峰を過ぎ、叶山の石灰採石場「叶鉱山」が見えてきました。
2016年07月24日 10:40撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰を過ぎ、叶山の石灰採石場「叶鉱山」が見えてきました。
10時48分、西岳から30分ほどで魚尾道峠に向かう下降点(Kさんの左側)に着きました。
2016年07月24日 10:48撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時48分、西岳から30分ほどで魚尾道峠に向かう下降点(Kさんの左側)に着きました。
下り始めると直に鎖場が出てきました。
2016年07月24日 10:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めると直に鎖場が出てきました。
鎖場から見た西峰の南壁です。
2016年07月24日 10:54撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場から見た西峰の南壁です。
鎖場を下るKさん。
2016年07月24日 10:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を下るKさん。
2
<過去画像>
クサリ場を下から見た様子。金属製ステップが途中1ヶ所に設置されています。
2014年04月28日 10:36撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
クサリ場を下から見た様子。金属製ステップが途中1ヶ所に設置されています。
鎖場から暫くは急な下りが続き、
2016年07月24日 10:57撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場から暫くは急な下りが続き、
漸く緩やかな下りとなりました。
2016年07月24日 11:01撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く緩やかな下りとなりました。
そこから先は魚尾道峠に向かってジグザグに下ります。
2016年07月24日 11:05撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから先は魚尾道峠に向かってジグザグに下ります。
<過去画像>
途中でローソク岩・股峠への道が見えてきます。
2014年04月28日 10:44撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
途中でローソク岩・股峠への道が見えてきます。
11時9分、魚尾道峠手前のローソク岩への分岐に着きました。
2016年07月24日 11:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時9分、魚尾道峠手前のローソク岩への分岐に着きました。
分岐からローソク岩への道に入ります。
2016年07月24日 11:10撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からローソク岩への道に入ります。
西岳南面に沿って緩やかな道を進みます。
2016年07月24日 11:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳南面に沿って緩やかな道を進みます。
11時22分、ローソク岩分岐に着き、37分まで休憩しました。
2016年07月24日 11:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時22分、ローソク岩分岐に着き、37分まで休憩しました。
ローソク岩分岐の標識です。
2016年07月24日 11:37撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ローソク岩分岐の標識です。
西岳南面の岩壁の下を通過します。
2016年07月24日 11:42撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳南面の岩壁の下を通過します。
1
<過去画像>
ここからは東岳が見えます。
2014年04月28日 11:09撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
ここからは東岳が見えます。
股峠が見えてきて11時48分に股峠に着き、55分まで休憩しました。
2016年07月24日 11:45撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
股峠が見えてきて11時48分に股峠に着き、55分まで休憩しました。
11時55分、東岳への登りを開始しましたが、こちらも急傾斜で粘土質の土がよく滑ります。
2016年07月24日 11:55撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時55分、東岳への登りを開始しましたが、こちらも急傾斜で粘土質の土がよく滑ります。
稜線に出る手前の鎖場の手前です。
2016年07月24日 12:11撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出る手前の鎖場の手前です。
金属製ステップと鎖が取付けられている岩場のトラバース箇所で、ここに続いてロープが取付けられている岩場のトラバース箇所があります。
2016年07月24日 12:13撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金属製ステップと鎖が取付けられている岩場のトラバース箇所で、ここに続いてロープが取付けられている岩場のトラバース箇所があります。
<過去画像>
金属製ステップと鎖のトラバース箇所です。
2014年04月28日 12:14撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
金属製ステップと鎖のトラバース箇所です。
稜線に出たところから見る西岳です。
2016年07月24日 12:19撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出たところから見る西岳です。
1
<過去画像>
西岳上級者コース核心部を登る登山者(2人)がいれば、ここから眺めることができます。
2014年04月28日 11:29撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
西岳上級者コース核心部を登る登山者(2人)がいれば、ここから眺めることができます。
稜線に出ると東岳頂上が見えてきました。
2016年07月24日 12:22撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると東岳頂上が見えてきました。
コオニユリ(小鬼百合)
2016年07月24日 12:34撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コオニユリ(小鬼百合)
12時38分、東岳頂上に着き、55分まで休憩しました。
2016年07月24日 12:38撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時38分、東岳頂上に着き、55分まで休憩しました。
1
<過去画像>
晴れていれば頂上から両神山全景が眺められますが、
2014年04月28日 11:47撮影 by DMC-SZ9, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<過去画像>
晴れていれば頂上から両神山全景が眺められますが、
両神山の西岳だけが僅かに見えました。
2016年07月24日 12:38撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山の西岳だけが僅かに見えました。
頂上からの西岳と魚尾道峠方面です。
2016年07月24日 12:41撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からの西岳と魚尾道峠方面です。
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
2016年07月24日 12:56撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
稜線から北面の下りに移る手前で、
2016年07月24日 13:07撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から北面の下りに移る手前で、
西岳を背景に。
2016年07月24日 13:09撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳を背景に。
3
13時35分に下山すると、駐車スペースには7台の車とバイクが1台停まっていました。
2016年07月24日 13:35撮影 by Canon IXY 190, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時35分に下山すると、駐車スペースには7台の車とバイクが1台停まっていました。
撮影機材:

感想/記録

2014年4月28日以来2年振りの上武国境にある二子山登山となりました。
当日は晴れの予報が出ていたため、今回は5月に登った「大ナゲシ」や2013年に登った「父不見山(テテメエジヤマ)」を眺めることを期待して出かけました。
自宅を7時に車で出発し、国道299号線の志賀坂峠手前より二子山坂本登山口を通って林道で二子山東岳を回り込み、北登山口の駐車スペースに8時40分に着きました。
着いてみると、山の頂上部は雲に覆われており、しかも雨上がり後らしく路面も濡れていました。

8時52分に登山口の係数カウンターを押して登山を開始。最初の登り始めだけ少し急でその後は緩やかな登りとなりますが、粘土質の土で滑り易く、これで岩も濡れていたら嫌だなと思いながら登りました。
股峠には7分(地面が乾いていて滑らなければ5分)で着き、直ぐに西岳への登りにかかりました。
股峠からの最初の登りも急坂で滑りと格闘しながら、それでも10分ほどで上級者コースと一般コースの分岐に着きました。
上級者コースを選び10分弱登ると岩壁の基部に着きました。そこから15分ほどホールドが豊富な岩場を登って二子山西岳東峰には9時45分頃に着きましたが、残念ながらガスっていて周囲の景色は眺められませんでした。
代わりに前回の登山では時期的に早くて見れなかったイワギキョウ(岩桔梗)、ニッコウキスゲ(日光黄菅)、カノコユリ(鹿の子百合)、エーデルワイスなどの美しい花々を見ることができました。

西岳(中央峰)頂上には9時58分に到着。ここで10時17分まで休憩した後、痩せた岩稜を西岳西峰目指して進みましたがガスっていたため余り高度感も感じないまま魚尾道峠への下り口に着き、その後は西岳の南面に沿ったローソク岩に向かう道を進み、ローソク岩はパスして11時48分に股峠に戻りました。

股峠から東岳への登り始めも急坂で滑り易く、木に掴まったりしながら登りましたが、稜線に出る手前の鎖場とロープ場の岩壁トラバース地点を除いては緊張するような場所も無く、12時38分に東岳頂上に到着。
12時55分に下山を開始し、股峠経由で北登山口に13時35分に下山しました。

今回の山行で感じたのは、二子山は石灰岩の山でホールドが多く且つ滑りにくいという状態ではあるものの、他の山々と比べて良し悪しは別として鎖場やロープ場が少ないと感じました。
訪問者数:452人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ