ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 928396 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

早池峰山(小田越登山口〜)

日程 2016年07月30日(土) [日帰り]
メンバー asahi-1
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
岳⇔河原の坊⇔小田越 バス時刻表(6/12〜8/6土日休日運行)
http://www.momonayama.net/pdf/time_schedule_data/002/0020320160807.pdf
岳⇔河原の坊⇔小田越 運賃 片道¥700(往復¥1400)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
10分
合計
4時間30分
S小田越10:3010:50御門口11:30御金蔵12:10剣ヶ峰分岐12:30早池峰山12:4013:00剣ヶ峰分岐13:30御金蔵13:0014:00御門口14:30小田越G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:00〜10:24 バス移動
10:30 小田越登山口
11:30 五合目御金蔵
12:10 剣ヶ峰分岐
12:30 早池峰山山頂
13:00 剣ヶ峰分岐
13:30 五合目御金蔵
14:30 小田越登山口
14:42〜15:05 バス移動
コース状況/
危険箇所等
河原の坊コースは崩落により、5/28〜通行禁止
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

岳駐車場で待機するバス。これに乗って小田越登山口へ向かう。
2016年07月30日 09:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳駐車場で待機するバス。これに乗って小田越登山口へ向かう。
1
登山口の案内図。登山コースは4つあります。
2016年07月30日 10:32撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の案内図。登山コースは4つあります。
熊除けに鳴らす缶。かなり叩かれて凹んでます。
2016年07月30日 10:35撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊除けに鳴らす缶。かなり叩かれて凹んでます。
1
クモマニガナ?
2016年07月30日 10:38撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クモマニガナ?
携帯トイレ用ブース。
2016年07月30日 10:45撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯トイレ用ブース。
真っ赤な実。タカネナナカマド?
2016年07月30日 10:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な実。タカネナナカマド?
樹林帯を抜け、視界が広がるかと思いきや、上はガスっています。
2016年07月30日 10:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け、視界が広がるかと思いきや、上はガスっています。
キンロバイ。
2016年07月30日 10:52撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンロバイ。
クルマユリ。
2016年07月30日 10:55撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマユリ。
キンロバイたくさん。
2016年07月30日 10:56撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンロバイたくさん。
ミネウスユキソウ。
2016年07月30日 10:57撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ。
カライトソウ。
2016年07月30日 10:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カライトソウ。
タカネナデシコ1。
2016年07月30日 10:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ1。
タカネナデシコ2。
2016年07月30日 11:00撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ2。
イブキジャコウソウ。
2016年07月30日 11:00撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ。
ホソバツメクサ。
2016年07月30日 11:01撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバツメクサ。
コウメバチソウ。
2016年07月30日 11:05撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウメバチソウ。
タカネナデシコとミネウスユキソウ。
2016年07月30日 11:06撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコとミネウスユキソウ。
1
ミヤマシャジン?
2016年07月30日 11:11撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシャジン?
1
今まで歩いてきたルートを振り返るが、ガスは消えない。
2016年07月30日 11:12撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今まで歩いてきたルートを振り返るが、ガスは消えない。
タカネスミレ。
2016年07月30日 11:31撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネスミレ。
ハクサン?チシマ?フウロ。
2016年07月30日 11:32撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサン?チシマ?フウロ。
1
フウロがたくさん。
2016年07月30日 11:33撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フウロがたくさん。
五合目御金蔵に到着。周囲はガスガス。
2016年07月30日 11:33撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目御金蔵に到着。周囲はガスガス。
ハヤチネウスユキソウ。
2016年07月30日 11:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハヤチネウスユキソウ。
2
ホソバツメクサの塊。
2016年07月30日 11:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバツメクサの塊。
1
剣ヶ峰分岐に到着。ガスっているので剣ヶ峰に行くのは止めておきました。
2016年07月30日 12:06撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰分岐に到着。ガスっているので剣ヶ峰に行くのは止めておきました。
木道周辺の花。
2016年07月30日 12:08撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道周辺の花。
あの岩山が頂上。
2016年07月30日 12:09撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの岩山が頂上。
木道周辺のヨツバシオガマ。
2016年07月30日 12:10撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道周辺のヨツバシオガマ。
ホシガラスも多く見かけましたが、正面を向いてくれませんでした。
2016年07月30日 12:13撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホシガラスも多く見かけましたが、正面を向いてくれませんでした。
2
ハクサンチドリですが、そろそろ終わり気味。
2016年07月30日 12:19撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリですが、そろそろ終わり気味。
1
ミヤマアズマギク。他のミヤマアズマギクは花びらが散り気味でした。
2016年07月30日 12:20撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク。他のミヤマアズマギクは花びらが散り気味でした。
チングルマ。周りの花は千切れ気味。
2016年07月30日 12:21撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。周りの花は千切れ気味。
1
山頂の避難小屋。
2016年07月30日 12:23撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋。
コガネギク、アキノキリンソウ。
2016年07月30日 12:24撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コガネギク、アキノキリンソウ。
朱色ペイントのお堂。
2016年07月30日 12:25撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱色ペイントのお堂。
1
山頂の小祠。
2016年07月30日 12:26撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の小祠。
1
安全祈願の剣が岩に立ててある。
2016年07月30日 12:44撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全祈願の剣が岩に立ててある。
1
山頂周辺にて昼食を済ませるが、ガスが消えないので戻ります。
2016年07月30日 12:44撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺にて昼食を済ませるが、ガスが消えないので戻ります。
一瞬の晴れ間。
2016年07月30日 12:49撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴れ間。
晴れていれば、ゆっくり過ごしたい山頂周辺。
2016年07月30日 12:50撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、ゆっくり過ごしたい山頂周辺。
梯子まで戻ってきました。
2016年07月30日 13:07撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子まで戻ってきました。
1
五合目の御金蔵石を見下ろす。
2016年07月30日 13:18撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目の御金蔵石を見下ろす。
河原の坊コース方面の急峻な岩場。
2016年07月30日 13:20撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原の坊コース方面の急峻な岩場。
プチ・ジャンダルムな雰囲気。
2016年07月30日 13:21撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プチ・ジャンダルムな雰囲気。
五合目到着。
2016年07月30日 13:25撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目到着。
この辺から眺める早池峰山が良いです。
2016年07月30日 13:26撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺から眺める早池峰山が良いです。
西側から雲が流れてきます。
2016年07月30日 13:27撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側から雲が流れてきます。
薬師岳も上はガスっていますね。
2016年07月30日 13:35撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳も上はガスっていますね。
タカネナデシコとアゲハ。
2016年07月30日 14:01撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコとアゲハ。
1
東側には入道雲。
2016年07月30日 14:05撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には入道雲。
蛇紋岩の独特な山容が素晴らしい早池峰。
2016年07月30日 14:07撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇紋岩の独特な山容が素晴らしい早池峰。
登山口に到着。既に大勢の方が帰りのバス待ちでした。
2016年07月30日 14:25撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着。既に大勢の方が帰りのバス待ちでした。
1
岳駐車場まで到着。午後3時過ぎなので車も大分減りました。
2016年07月30日 15:05撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳駐車場まで到着。午後3時過ぎなので車も大分減りました。
撮影機材:

感想/記録

7月の週末、東北地方の天気予報では、日本海側は天気が良くなく、
太平洋側の内陸(北上山地)が何とか良さそうな雰囲気でした。
そこで、北上山地にある山と言えば早池峰山。
早池峰山は、6年前に小田越から登った事があり、次は河原の坊から登れればと思っていました。しかし、今年の河原の坊コースは、崩落の影響で通行止め。
だから今年中に登るのは半ば諦めており、来年あたりに行ってみようかと考えていましたが...でも、せっかくの機会ですので、とりあえず行ってみました♪
今回、それほど気合が入っていなかったので、岳駐車場に到着したのは9:20頃。
バスの運行時間も未確認だったので、次のバス出発まで約40分待機となってしまいました(T△T)
バスは10:00出発、小田越には10:30頃に到着。
登山スタートは、予想以上に遅くなってしまいました。
そして天候の方は...雨は降らないけど雲が多い感じです(T_T)
とりあえず、今日は高山植物鑑賞をメインに登ろうと思いながらスタートしました。
樹林帯を抜け、一合目御門口からは岩稜地帯の道になりますが、その辺りから次第に高山植物が見られます。岩稜地帯には、タカネナデシコやミネウスユキソウが多く咲いていました。剣ヶ峰分岐から山頂までは木道ですが、そこにはヨツバシオガマやハクサンチドリが多く見られました。
ただ、花は終わり気味で、ミヤマアズマギクなどは花びらが欠けているものが多かったです。
ゆっくり植物鑑賞を堪能していましたが、山頂までは約2時間で到着。
山頂で昼食後、天候もガスっているのでピストンで小田越まで下りました。
今回、天候的には終始曇りで残念でしたが、ゆっくりと高山植物鑑賞ができたのが良かったです。
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ