ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936121 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

【志賀山・裏志賀山】志賀高原のエメラルド★硯川in〜蓮池out

日程 2016年08月10日(水) [日帰り]
メンバー negima
天候高気圧に覆われ晴れるも、朝晩はガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
硯川バス停 無料駐車場 トイレあり

下山後 長電バス 蓮池〜硯川 400円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
48分
合計
5時間9分
S池めぐり登山口入口08:2008:51志賀山登山道入口08:5209:20志賀山09:2809:42裏志賀山09:5411:16エメラルド大沼11:3111:45大沼池(林道終点)11:4812:29大沼池入口12:3813:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大沼池から蓮池まで車道を歩きました。トンネルは歩道が狭く大型観光バスが通ると超怖かった(^_^;)吹き飛ばされないように壁にくっつきました
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

さぁて!
とりあえずアッチの方向へ行ってみます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁて!
とりあえずアッチの方向へ行ってみます
1
志賀草津道路を走り
丸池に寄り道
イイネ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志賀草津道路を走り
丸池に寄り道
イイネ♪
19
渋峠を過ぎ、芳ケ平の展望地
箱庭的な風景
昨年のワタスゲの頃に行ったなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋峠を過ぎ、芳ケ平の展望地
箱庭的な風景
昨年のワタスゲの頃に行ったなぁ
4
笹山と火山の組み合わせ
アッチに行こうかと思ったけど、思いとどまり志賀に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹山と火山の組み合わせ
アッチに行こうかと思ったけど、思いとどまり志賀に戻る
9
硯川より志賀高原を散策
熊鈴は熊だけじゃなく、けものよけでもある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硯川より志賀高原を散策
熊鈴は熊だけじゃなく、けものよけでもある
3
イワショウブが咲いてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワショウブが咲いてました
2
渋池には浮島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋池には浮島
7
登る時はガスで、山頂では晴れがいいな
人間の勝手な願望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登る時はガスで、山頂では晴れがいいな
人間の勝手な願望
4
まぁるいお鉢の
鉢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぁるいお鉢の
鉢山
1
志賀山
三角点たっちぃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志賀山
三角点たっちぃ
5
四十八池と△の横手山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四十八池と△の横手山
2
点在する池と木道が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
点在する池と木道が見えます
1
裏志賀山への鞍部から
良い景色です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏志賀山への鞍部から
良い景色です
4
あら、笠ケ岳!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あら、笠ケ岳!
2
分岐から裏志賀山へは5分
ザックデポしたらGPSも忘れた(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から裏志賀山へは5分
ザックデポしたらGPSも忘れた(^_^;)
7
裏志賀山
山頂からは大沼池の絶景♪
本日のメインは大沼池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏志賀山
山頂からは大沼池の絶景♪
本日のメインは大沼池
20
48
お花の季節にまた来るね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
48
お花の季節にまた来るね
2
志賀山を振り返る
うん、空青い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志賀山を振り返る
うん、空青い!
7
大沼池の大蛇神社
あれ?ガス(゜-゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼池の大蛇神社
あれ?ガス(゜-゜)
5
あきらめきれずに晴れ待ちする

今日は野菜てんこもり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あきらめきれずに晴れ待ちする

今日は野菜てんこもり
8
黒姫伝説の黒竜は、
この大沼池に住んでいたんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒姫伝説の黒竜は、
この大沼池に住んでいたんだね
7
やった!
晴れた☀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やった!
晴れた☀
8
見る角度によって湖面の色が変わる大沼池
さっき登った裏志賀山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見る角度によって湖面の色が変わる大沼池
さっき登った裏志賀山
2
エメラルド
ここからの色が一番きれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルド
ここからの色が一番きれい
21
黒竜は
黒姫様を大事にしたと思うよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒竜は
黒姫様を大事にしたと思うよ
17

感想/記録
by negima

自然共生圏 「信越自然郷」
その頂きで、人は天に寄り添い
その懐で、人は生命と触れ合う
山に抱かれて人は自然に還っていく

夏休み、行きたいところはたくさんあるけど、
まずはこの地、信越自然郷をゆっくり堪能したいなぁ。
花火大会や温泉へとゲストも来てくれる事だし
合間にちょっこしお散歩へ

道の駅でもらった冊子で見かけた
山ノ内町の【大沼池】
写真の朱色の鳥居とエメラルドグリーンのコントラストに心をひかれた。

帰宅後、大蛇神社について調べてみると、
黒姫伝説の黒竜の住処でした。
南国の海とはまた違う、山奥のエメラルドの沼の色は
礼を尽くす黒竜と、美しく優しい黒姫様の伝説を更に印象深くさせるものでした。

信越自然郷、深いね


○ 黒姫伝説 ○
むかしむかし、信濃の国(しなのくに→長野県)に黒姫(くろひめ)という名前の、とても美しい姫がいました。
 その美しいという噂は各国に知れ渡り、遠い国からも姫を嫁に貰いたいという申し出が後を絶ちませんでした。

 ある秋の事、そんな噂を聞いた山奥の大沼池(おおぬまいけ)に住む黒竜(こくりゅう)が、この美しい姫を一度見たいと思って蝶(ちょう)に化けると、殿さまと散歩をしている黒姫の所へ飛んできて、姫のまわりをひらひらと舞ったのです。
「まあ きれいだこと」
 姫はとてもうれしそうに、黒竜が化けた蝶に微笑みました。
 その姫の微笑みに心を奪われた黒竜は、どうしても姫の事が忘れられなくなり、何日も悩んだあげく、若侍に化けて姫のいる城を訪れました。
 どの若者よりも立派な若侍に、すっかり感心した殿さまが身元をたずねると、
「わたくしは、志賀山(しがやま)の大沼池の黒竜です。姫を一目見て以来、姫の事がどうしても忘れられませぬ。どうか、姫を私に下さい」
と、黒竜は正体を正直に話したのです。
 それを聞いて、びっくりした殿さまは、
「いくら立派でも、人間でないものに姫はやれん」
と、きっぱりと断わりました。
 ところが黒竜は、どうしても姫の事があきらめきれずに、それからも毎日、城へ通うようになりました。
 そして百日目が過ぎた時、黒竜は殿さまに言いました。
「もし姫をいただけるなら、今後、あらゆる災いからこの城を守りましょう。ですが、どうしても駄目だというのなら、わたしにも考えがあります。・・・わたしは、大水で城と村々を押し流す事も出来るのですよ」
 これには、殿さまも困りました。
 そこで殿さまは、黒竜にこんな約束をしたのです。
「明日、その人間の姿のままで、わしの馬に遅れずに城のまわりを二十周まわれたら、姫をやろう」
「本当ですか! ありがとうございます!」
 黒竜が喜んで帰ると、殿さまはすぐに家来に命じて、城のまわりに刀を何本も埋め込ませたのです。
 さて次の日、殿さまは城で一番足が速い馬にまたがると、やってきた若侍姿の黒竜にいいました。
「黒竜、よいか。少しでも遅れたら、姫をあきらめるのだぞ」
 そして殿さまは馬にひとムチ当てて、勢いよく駆け出しました。
 黒竜もすぐさま、殿さまの後を追いました。
 やがて、家来が刀を仕込んだ場所に来ると、殿さまはうまく馬に飛び越えさせて、無事にそのまま駆け出しました。
 しかし、そんな事とは知らない黒竜は、仕込んだ刀の罠に引っかかり、体中を切り裂いてしまったのです。
「ぬぬっ、計ったなぁ!」
 全身血だらけになった黒竜は怒りで竜の姿を現すと、竜の姿のまま馬に乗った殿さまを追いかけました。
 そして血だらけになりながらも殿さまを追いかけ続け、そのまま殿さまに遅れることなく、城の周りを二十周回りきったのです。
 黒竜は、息も絶え絶えになりながらも、殿さまに言いました。
「さあ、約束です。姫を下さい」
 しかし殿さまは、腰の刀を抜くと、
「わしは、人間の姿のままでと言ったはずだ。お前の様な化け物に、姫はやれぬは!」
と、黒竜に斬りかかったのです。
 黒竜はその一撃を何とかかわすと、
「よくも裏切ったな! 見ておれ!」
と、叫びながら、空高く飛んで行くと、真っ黒な雲を空一面に張り巡らせて、激しい雨をゴーゴーと降らせたのです。
 その雨は一向にやむ気配がなく、四日目になると川からあふれ出た水で、村々は今にも流されんばかりとなりました。
 これを見た黒姫は、殿さまがとめるのも聞かずに外へ走り出すと、大雨が降る空に向って叫びました。
「黒竜よ! 私はあなたのもとへ行きます! ですから、どうか嵐を鎮めて下さい!」
 するとどうでしょう。
 あれほど激しかった大雨がぴたりとやんで、空から一筋の黒雲が矢の様に下りて来ました。
 そしてその黒雲が黒姫の体を包み込んだとたん、黒雲は黒姫の姿と一緒に消えてしまったのです。

 その後、殿さまがどんなに探しても、黒姫は二度と見つかりませんでした。
 しかしそれ以来、村には何一つ災いが起らなくなったそうです。

おしまい
訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ