ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 950442 全員に公開 沢登り比良山系

ヘク谷遡行

日程 2016年08月28日(日) [日帰り]
メンバー mikimiki, その他メンバー7人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・駐車場-R367ヘク谷出会P (坂下バス停付近)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.1〜2.2(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち99%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
0分
合計
8時間20分
Sスタート地点09:2015:28小女郎ヶ池17:28坂下バス停17:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポスト-なし 但しサカ谷道下山後のサカ谷登山口にポストあり。
・危険個所-特にないが、滝の連続や中間の12m、15m、18mの大きな滝や巻き道には注意を要する。水量も多く体力がいる。
その他周辺情報・温泉-朽木温泉てんくう
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

安曇川ヘク谷出合、ここから入渓。
2016年08月28日 09:13撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇川ヘク谷出合、ここから入渓。
6mシャワー滝。
2016年08月28日 09:54撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6mシャワー滝。
3
6mシャワー滝
上段の滝は登れないので、左横の大穴を抜けます。
2016年08月28日 09:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6mシャワー滝
上段の滝は登れないので、左横の大穴を抜けます。
1
4mの滝。
2016年08月28日 10:16撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4mの滝。
2
2段8mシャワー滝。
2016年08月28日 10:30撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段8mシャワー滝。
4
2段8mシャワー滝。
2016年08月28日 10:30撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段8mシャワー滝。
2
岩間6mの滝。
2016年08月28日 10:40撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩間6mの滝。
1
12m滝。
2016年08月28日 11:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12m滝。
1
2段15mの滝。
直登を断念。左か右かどちらに巻くかで迷走。時間を大きくロスしたが、最後に右に巻く。
2016年08月28日 11:55撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段15mの滝。
直登を断念。左か右かどちらに巻くかで迷走。時間を大きくロスしたが、最後に右に巻く。
2
2段15mの滝前にて。
2016年08月28日 11:57撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段15mの滝前にて。
6
2段15mの滝の上部。
2016年08月28日 12:35撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段15mの滝の上部。
1
18mの滝を右に巻き、少し上った大岩で昼食。
2016年08月28日 12:58撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18mの滝を右に巻き、少し上った大岩で昼食。
2
小雨と霧に包まれた、幽玄の世界。
水涸れの露岩の岩場。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雨と霧に包まれた、幽玄の世界。
水涸れの露岩の岩場。
2
水涸れの露岩の岩場。
大きな岩が続き、まるでロッククライミング。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水涸れの露岩の岩場。
大きな岩が続き、まるでロッククライミング。
3
本降りの雨、霧。
小女郎池に着いた時は、何も見えない状況。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本降りの雨、霧。
小女郎池に着いた時は、何も見えない状況。
2

感想/記録

今年初めての沢登りに行ってきました。
コースの登りは安曇川の坂下ヘク谷出合から小女郎池へ。そして下りはサカ谷道をサカ谷登山口(坂下バス停)・ヘク谷出合への周遊です。
雨模様の空を眺めながらも、久し振りの沢登りに期待が膨らみます。
このコースの特徴は滝の数の多さと水量の豊かさです。
中間地点の最大の18m滝までに大小22の滝が存在します。ほとんどが5mまでの小滝ですが、幾つかの特徴のある滝があります。
最初の6mのシャワー滝は途中の大穴を抜け、次の2段8mのシャワー滝は爽快、さらに2段12mの滝はスリル満点です。最後の2段15mと18mの滝は右に巻いて登りました。
2段12mの滝では間違って左に巻き苦戦し時間をロスしましたが、懸垂下降の貴重な経験をさせていただきました。
最大の滝を通過、暫らくしてPM13:00頃に昼食をとり休憩します。
その後は小さな滝が続き、滝はナメ滝に変化します。
昔はあった途中を横切る山道や植林小屋がなくなっていました。
谷に入る人も減少し沢は荒れています。
PM14:00二俣に到着、右股を進みます。沢は水涸れし大きな露岩の岩場に変化します。そのまま沢を詰める予定でしたが、最後は沢の左岸に並行する尾根を登りPM15:30に小女郎池に到着します。
予定より大幅な遅れの到着になりました。
小女郎池周辺は深いガスに覆われ、視界がほとんど効きません。
まるで幽玄の世界で神秘的です。雨が降っていたので、そのまま休憩も着替えもせず沢靴のままサカ谷道を下山します。
下りは何とか予定時間の2時間でPM17:25にサカ谷登山口に到着しました。長い長い沢登りになりました。
それほど疲れていないと感じていたのですが下山後、温泉に入り食事をしてPM10:00頃に帰宅するると、急に疲労を感じました。
沢登りは思った以上に体力を消耗することを痛感しました。
でも大人の水遊び・沢登りは本当に爽快で楽しい山行です。
また、行きたいね。
もっと大きな沢に。
訪問者数:260人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ