ヤマレコ

HOME > EPSON(エプソン) > 山行記録の表示
記録ID: 951458 全員に公開 ハイキングヨーロッパ

歩いてアルプス越え(ロートバッハルシュピッツェ(Rotbachlspitze))

日程 2016年08月16日(火) [日帰り]
メンバー asasakiepson, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
オーストリアのマイヤーホーフェンに滞在、そこからバスで約1時間でシュレークアイス・ダム湖畔にある登山口に到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
10分
合計
6時間40分
S登山口(Bergrestaurant Schlegeis)10:3012:40Pfitscherjoch-Haus14:20Rotbachlspitze山頂14:3015:20Pfitscherjoch-Haus17:10登山口(Bergrestaurant Schlegeis)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
オーストリア側から徒歩でアルプスのイタリアとの国境を超えてロートバッハルシュピッツェ(Rotbachlspitze)山へ登った。しかしイタリアの国境まではとても穏やかなルートでマウンテンバイクで峠越えする人も居る。峠のイタリア側にあるレストラン(Pfitscherjoch-Haus)では美味しいスパゲティも食べられます。そこからは本格的な登山道ですが、危険個所は無く良く整備されています。最後の100m程はかなり急坂ですが頂上からの眺めは格別に素晴らしいです。
その他周辺情報登山口にレストラン(Bergrestaurant Schlegeis)、途中の峠にあるレストラン(Pfitscherjoch-Haus)では食事と安くて美味しいビールが飲める。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 日焼け止め 時計 サングラス カメラ
共同装備 常備薬 携帯

写真

この山行の直前EPSONのWristableGPS for Trek MZ-500Bを入手したので現地で表記されていた標高2095m地点で常用している時計(気圧型)と比較してみた。
MZ-500Bは流石にGPS利用で誤差8m、時計の方は誤差140mと誤差が大きい結果となった。
MZ-500Bの標高値精度の高さは十分頼りになる。
当器は2回の山行でGPSログを記録、約2週間の旅行中に再充電することなく使用でき使い勝手は非常に良かった半面、地図表示が出来ず現在位置が把握しずらいのが唯一の欠点と言えるかも知れない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山行の直前EPSONのWristableGPS for Trek MZ-500Bを入手したので現地で表記されていた標高2095m地点で常用している時計(気圧型)と比較してみた。
MZ-500Bは流石にGPS利用で誤差8m、時計の方は誤差140mと誤差が大きい結果となった。
MZ-500Bの標高値精度の高さは十分頼りになる。
当器は2回の山行でGPSログを記録、約2週間の旅行中に再充電することなく使用でき使い勝手は非常に良かった半面、地図表示が出来ず現在位置が把握しずらいのが唯一の欠点と言えるかも知れない。
登山口となっているシュレークアイス・ダム湖は青く美しい湖である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口となっているシュレークアイス・ダム湖は青く美しい湖である。
歩き始めると暫くはZamser Bachという清流に沿って緩やかな道が続いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めると暫くはZamser Bachという清流に沿って緩やかな道が続いた。
右側に見えた大きな滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に見えた大きな滝。
緩やかな歩きやすい小道が前方の峠まで延々と続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな歩きやすい小道が前方の峠まで延々と続く。
暫く登って振り返ると湖は見えなくなっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登って振り返ると湖は見えなくなっていた。
ルートを左にとって登ったところで眼下を見ると日本では見慣れない景色が広がっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートを左にとって登ったところで眼下を見ると日本では見慣れない景色が広がっていた。
看板のあたりがイタリアとの国境で小さな小屋は恐らく昔の税関小屋との事。イタリア側からは車で登ってこられる様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板のあたりがイタリアとの国境で小さな小屋は恐らく昔の税関小屋との事。イタリア側からは車で登ってこられる様だ。
前方にPfitscherjoch-Hausという小屋が見えた。
ここは小屋と言うには大きなレストランとなっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方にPfitscherjoch-Hausという小屋が見えた。
ここは小屋と言うには大きなレストランとなっていた。
小屋の手前から左にルートをとる。ここからが本格的な登山道となった。要所には丁寧な標識があって迷うことは無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の手前から左にルートをとる。ここからが本格的な登山道となった。要所には丁寧な標識があって迷うことは無い。
右側にある尾根に登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側にある尾根に登る。
正面に聳えているのが今回登るRotbachlspitze山(2895)だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に聳えているのが今回登るRotbachlspitze山(2895)だ。
途中で下を見ると先程登ってきたルートと小屋が手に取るように俯瞰出来た。右の大きな山はKellerkopf山(2648)だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で下を見ると先程登ってきたルートと小屋が手に取るように俯瞰出来た。右の大きな山はKellerkopf山(2648)だろう。
だんだん大きくなるRotbachlspitze。途中に日本の三角点の様な標柱が現れたが、これは国境石だそうである。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん大きくなるRotbachlspitze。途中に日本の三角点の様な標柱が現れたが、これは国境石だそうである。
この辺りには可憐な花が沢山見られて癒される。
花の名前は不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りには可憐な花が沢山見られて癒される。
花の名前は不明。
1
花の名前は不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の名前は不明。
花の名前は不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の名前は不明。
1
この花はツェルマットで見たことがある。恐らくシレネ・アカウリスという花だと思われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花はツェルマットで見たことがある。恐らくシレネ・アカウリスという花だと思われる。
いよいよ頂上が近づくと荒々しい岩場が現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ頂上が近づくと荒々しい岩場が現れた。
眼下には左側のイタリア国境に沿って美しい連山が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には左側のイタリア国境に沿って美しい連山が見えた。
緑色に見えているのはイタリヤの町だろうか。地図で見るとイタリアのPfitsch Tal(Pfitsch谷、イタリア語でVal di Vizze)という地域らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑色に見えているのはイタリヤの町だろうか。地図で見るとイタリアのPfitsch Tal(Pfitsch谷、イタリア語でVal di Vizze)という地域らしい。
頂上に到着、素晴らしい展望。正面に見えるのはこの辺りの最高峰Hochfeiler山(3509)だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着、素晴らしい展望。正面に見えるのはこの辺りの最高峰Hochfeiler山(3509)だろう。
更に右側には険しい山々が聳えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に右側には険しい山々が聳えていた。
下山を始めると程なく先程通過した小屋に戻った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山を始めると程なく先程通過した小屋に戻った。
長い渓流添いの道を戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い渓流添いの道を戻る。
途中、マウンテンバイクで峠越えを目指す多くの男女とすれ違った。自転車でアルプスの峠を越えて隣の国へサイクリングとは洒落た楽しみ方である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、マウンテンバイクで峠越えを目指す多くの男女とすれ違った。自転車でアルプスの峠を越えて隣の国へサイクリングとは洒落た楽しみ方である。
途中にあった水場。この水は当地のビールと同じ位最高に旨かった。持参したプラティパスを満杯にして持ち帰ったのは言うまでもない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあった水場。この水は当地のビールと同じ位最高に旨かった。持参したプラティパスを満杯にして持ち帰ったのは言うまでもない。
登山口にあるレストランで祝杯をあげた。登山の後のビールの旨いのは世界共通だが、このビールの味は忘れられない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にあるレストランで祝杯をあげた。登山の後のビールの旨いのは世界共通だが、このビールの味は忘れられない。
このCHRISTOPHORUS LINEのバスでマイヤーホーフェンまで戻った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このCHRISTOPHORUS LINEのバスでマイヤーホーフェンまで戻った。

感想/記録

今回は初めて訪れたマイヤーホーフェンからイタリア国境沿いにあるロートバッハルシュピッツェ(Rotbachlspitze)山への登山をしてみた。
徒歩でアルプスを越えて隣のイタリアへ行けると言うのは魅力的だったし、予想以上に歩き易かった。峠にあるレストランも備えた立派な山小屋 Pfitscherjoch-Hausではスパゲティが美味しかったそうである(残念ながら自分は食べなかったが)。しかし何といっても4時間程で登ったRotbachlspitze山頂(2895m)からの展望は素晴らしく特に正面に最高峰 Hochfeiler山や延々と続く山脈群が美しかった。
アプローチにバスを利用した事や登攀時間が読みにくかった事もあって頂上に10分程度しか居られなかったのが残念である。
車でアプローチ出来れば更に面白いコースを選ぶことも可能だろう。

又、WristableGPS for Trek MZ-500Bのモニターをしてみて、腕時計という形態でGPSが利用できるメリットを痛感した。今回は時間がなく事前のルート設定とナビゲーションは使用しなかったが、電池の持ちも良いので今後大いに山行に活用してみたい。
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ