ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953099 全員に公開 沢登り谷川・武尊

東黒沢→ウツボギ沢

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月02日(金)
メンバー iwaturi, その他メンバー2人
天候1日 晴れ
2日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日深夜入りにて白毛門駐車場にて車中泊
日帰りでも充分なコースをあえて1泊なのでゆっくりと出発した。
駐車場には平日にもかかわらず車はたくさん止まっていた。
さすがは人気エリアって感じだ。

コースタイム [注]

1日目 9時00分 白毛門駐車場
9時30分 白毛門沢出合い
11時30分 コル
12時15分 ウツボギ沢

2日目

3時30分 起床
7時30分 テン場発
12時00分 登山道
15時00分 白毛門駐車場
コース状況/
危険箇所等
沢でのんびりと時間に追われずに過ごしたい&パートナーの足慣らしを兼ねて初級の沢を繋ぎまったりと沢泊まりの計画で今回は東黒沢より入渓し山越えにてナルミズ沢方面へ下りウツボギ沢を登る計画とした。
本来は笹穴沢または赤谷川本谷の予定だったが前々日の台風の影響があるかもとの情報が入りやむなく断念。
それならばと超簡単そうな沢を繋いで遊ぼう。
そんなノリだった。
飯豊・朝日方面も考えたがこちらの方が台風の影響は強いだろう。

当日朝は早出なし。
地形図を見る限り滝らしい滝もないので沢歩きになる事は何となく想像していたので今回はノーロープ・ノーハーネスでハイキング気分でと思ったが気分だけでも沢登りにしようと何故か意味なくハーネスのみ装備。

入渓は定番の左岸にある明瞭な踏み跡を辿り堰堤上より入りそのごの面白みにも欠ける下部は右岸に付いている踏み跡を利用しナメが現れる辺りまですっ飛ばした。
おそらくキャニオニングに使う踏み跡なのだろうか?

相変わらず気持ち良いナメをヒタヒタと歩くと懐かしきハナゲの滝に辿り着いた。
水が少ないらしく全く迫力がなかったがロケーションも良いので疲れてもないが休憩し和んだ。
ハナゲの滝は何故ハナゲ…?
そんなどうでもいい事を考えながら水も少ないので中間までは中央を歩き左岸を上がった。
パートナーは右岸。
若干滑ってはいるが登攀ってよりも坂道なので特に問題なし。
ただし、ある程度の経験あればですが。
滑り落ちると巨大ウォータースライダーなので注意。


ハナゲの滝を超えるとやがて白毛門沢出合に着く。
そのまま東黒沢を辿りナメと小滝を超えながら楽しむ。
少し薄暗い印象はあるが渓相は綺麗でなかなか美しい。
途中ミニゴルジュも現れここは巻きを使わず腰まで水に浸かり歩いた。ミニゴルジュを超えるとあとはまたひたすらナメと小滝がひたすら続く。
900を超えるとさらにナメは増しまるで道路の様な渓相となりヒタヒタと楽しく歩くが飽きてくる。
飽きてきた頃にナメの連瀑となるが少し急な坂道程度で問題はなかった。
ここのナメは滑るのでスリップ注意。
そのごはいくつか左岸より支沢が入るが全て左へ。
地形図を注意してみながら途中に入る支沢を右へ。
これをナメはなくなりかったるいガレ気味な沢を詰めるとコルに出る。
最後の二股は右に入ったが左が正解かも?
少しの藪を掻き分けると窪状に当たるのでそれを忠実に下るとやがてウツボギ沢出合へ。
沢下降時にいくつかの小滝があるが全てクライムダウン出来るので問題はなかった。

テン場はナルミズ沢出合いのテン場を利用。
しかしここはゴミだらけであった。
有名で人気な沢なので仕方ないとは思うが酷すぎる。
もう少しゴミを持ち帰るって事くらいすれば良いのに。
持ち帰れないなら持ってくるな。
残置とかする気持ちは全く理解不明。
少し片付けたが無理だった。

テン場を作り少ない薪を集めて焚火をし静かで綺麗な星空を眺めながら就寝。
翌日は寒さで3時30分に起床。
そのまま火をつけて朝焚火で太陽が出るまでゆっくりとしながら出発した。

2日目はウツボギ沢を詰めて白毛門を目指す。
ウツボギ沢も特に難しい箇所はなく途中にある15m滝が最大の滝だった。
この滝は左岸を簡単に上がれる。
上部はルンゼを上り途中から落ち口にトラバースすると簡単。
直登も可能だったが慣れていない場合は巻く事をオススメする。
滝上はさらに穏やかな渓相となり滝もほぼなくなる。
快適な沢歩きだ。
二股を越えるとやがてナメの渓相となりまるで階段の様なナメ床が続き快適だ。
飽きてきたので1445付近より入る支沢より登山道を目指し支沢を登る事に。
支沢は途中まで忠実なに詰めると快適。
しかし途中から猛烈な藪となり面倒なのでそのまま直上すると1678の登山道に出た。
あまりオススメはしないが面倒ならありかも。
藪漕ぎ途中より右にトラバースすると登らずに登山道へ出そうだがどちらも変わらない可能性。

登山道からは歩きにくい登山道をひたすら下り白毛門駐車場へ。

相互的には初級だが要体力。
1泊でゆっくりするならオススメでした。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:
訪問者数:89人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ