ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955256 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

金峰山

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー mikick
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
廻り目平キャンプ場 駐車料金 ¥300/日
http://w2.avis.ne.jp/~mawarime/charge.htm
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
0分
合計
6時間20分
S金峰山荘05:3005:30川端下林道終点05:30金峰山小屋05:30金峰山05:30五丈石05:30金峰山小屋05:30川端下林道終点11:50金峰山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

5:30 廻り目平キャンプ場の登山口出発
2016年09月03日 05:34撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:30 廻り目平キャンプ場の登山口出発
1
中ノ沢の出合い
2016年09月03日 06:34撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢の出合い
金峰山着
2016年09月03日 08:51撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山着
2
五丈岩
2016年09月03日 09:29撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩
1
金峰小屋の岩
2016年09月03日 09:47撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰小屋の岩
最後の水場
2016年09月03日 10:41撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の水場
帰りの道
2016年09月03日 13:33撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道
レタス畑
2016年09月03日 13:36撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レタス畑
レタス畑
2016年09月03日 13:37撮影 by COOLPIX S33, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レタス畑
2
撮影機材:

感想/記録
by mikick

家を出発する時、車中にあったはずの熊避けの鈴がないことに気付いた。
前日、甥っ子を保育園に送って行った時に鈴で遊んでいたので、「遊んだら元に戻しておいてね。それがないと、明日、みきちゃん(私)熊に食べられちゃうからね。」と言ったのに、あるはずの場所にない。
母の提案で、以前お土産にもらった上高地のカウベルをリュックに着けた。
鈴がないよりはましだ。

瑞牆山荘から金峰山、瑞牆山を登るには9〜10時間かかる予定なので、早めに家を出た。
瑞牆山荘の登山口から金峰山を目指そうとしたが、川上村から瑞牆山荘までの道のりが曖昧で、30分ほど迷い、結局廻り目平から金峰山だけを目指すことにした。
朝早すぎて、まだ誰も歩いていない。
林道を30分ほど歩いていると、単独の登山者に遭遇。
廻り目平から歩いていたけど、林道がやけに長いので、心配になって途中で引き返して来たと言う。
「このような道が約1時間は続きます。間違っていませんよ。」と伝え、いろいろお話しながら、一緒に歩く。
私は熊が怖かったので、1人で山に入るのには少し抵抗があった。
カウベルの音は川の音で完全にかき消されている。
廻り目平の登山口から登ってくる人は少ない方だと思う。
実際、まだ誰にも会っていない。
この方の存在はとてもありがたかった。

中ノ沢の出合いで軽く朝食。
いただいたスモモが大きくて美味しかった。

出合いを過ぎて、前回雪で敗退した場所を探しながら歩いた。
雪のないその場所は、やはり急登だった。
そこから先は、私にとって未知の世界だ。

ゆっくりゆっくり歩いて、金峰小屋に着いたら、黒いラブラドールがお出迎えしてくれた。
嬉しくて、しばしなでなで。
犬は私の肘を嗅いでいた。肘からおいしい匂いがしていたんだろうか?

小屋から山頂までは岩がごつごつしていたので、ストックを閉まった。
山頂はガスっていて、あいにくの眺望。
五丈岩もガスの向こうからうっすら見える。
五丈岩のてっぺんに立つにはコツがあるらしいが、高所恐怖症なので登らなかった。
五丈岩だけではない。
金峰山の一番高い岩も、怖くて登らなかった。

下山はサクサク。
お昼少し前に登山口に帰ってきた。
歩きながら、いたずらっこがどこに鈴を隠したのか考えていた。
車に戻って、真っ先に確認。
それは昨日甥っ子が座っていた側のドアポケットにそっと置いてあった。
いたずらっこの顔が浮かんだのと、どうしてすぐに気付かなかったんだろうと、ぷっと笑ってしまった。

今日はレタス何個買って帰るか聞いてこなかったので、母に電話した。
ナナーズで朝採れレタス(¥99)を4個と長野産キャベツ(¥99)を1個買って帰った。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ