ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 960445 全員に公開 ハイキング道東・知床

斜里岳(清岳荘〜旧道コース〜斜里岳〜新道コース〜清岳荘)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー lucky-hiro
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清岳荘登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
10分
合計
6時間45分
S清岳荘 登山口06:0006:12旧清岳荘 登山口06:55下二股08:28上二股09:35斜里岳09:4511:12熊見峠12:02下二股12:33旧清岳荘 登山口12:45清岳荘 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
Tシャツ 1
ソフトシェル 1
ズボン 1
靴下 1
グローブ 2
防寒着 1
雨具 1
日よけ帽子 1
1
ザック 1
サブザック 1
昼ご飯
行動食 1
非常食 1
飲料 3 @500×3
レジャーシート
地図(地形図)
コンパス
個人装備品
数量
備考
計画書
ヘッドランプ
予備電池
GPS
筆記用具
ガイド地図(ブック)
ファーストエイドキット
常備薬
日焼け止め
保険証
携帯
時計
サングラス
タオル
ツェルト
ストック
カメラ

写真

絶好の天気を感謝しつつ、登山の安全をお祈り。¥100を置く。
2016年10月02日 05:59撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶好の天気を感謝しつつ、登山の安全をお祈り。¥100を置く。
元清岳荘跡らしい。
2016年10月02日 06:12撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元清岳荘跡らしい。
暫く登山道を進むと渡河開始。
2016年10月02日 06:31撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登山道を進むと渡河開始。
このような川渡りを少なくとも6〜7回繰り返します。
濡れるのは仕方ないですが、浮石や岩で滑っての転倒には注意。
2016年10月02日 06:52撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような川渡りを少なくとも6〜7回繰り返します。
濡れるのは仕方ないですが、浮石や岩で滑っての転倒には注意。
下二股。ここから旧道(沢登り)と新道(大きく迂回する山道。結構急です。)に分かれます。
2016年10月02日 06:55撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下二股。ここから旧道(沢登り)と新道(大きく迂回する山道。結構急です。)に分かれます。
マーキングに従って、上がってください。赤い➡やピンクテープをよく見ながら・・・
2016年10月02日 06:57撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーキングに従って、上がってください。赤い➡やピンクテープをよく見ながら・・・
水蓮の滝
2016年10月02日 06:58撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水蓮の滝
沢山の滝を眺めながら、よじ登りながら進みます。
2016年10月02日 07:10撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢山の滝を眺めながら、よじ登りながら進みます。
兎に角マークを見失わないこと。滑らないことが大事です。
2016年10月02日 07:16撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎に角マークを見失わないこと。滑らないことが大事です。
豪快な滝です。
2016年10月02日 07:22撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪快な滝です。
方丈の滝
2016年10月02日 07:41撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方丈の滝
1
こんな感じで滝と格闘すること。約1時間半で上二股。
2016年10月02日 07:59撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで滝と格闘すること。約1時間半で上二股。
上二股から進路左に頂上を目指します。
2016年10月02日 08:28撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上二股から進路左に頂上を目指します。
しばらくは、ちょっとした小川が続きす。雨で水量が増えると膝位までの川になります。
2016年10月02日 08:31撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは、ちょっとした小川が続きす。雨で水量が増えると膝位までの川になります。
それも今日は5分くらいで、続くガレ場の道へ。結構急です。
2016年10月02日 08:34撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それも今日は5分くらいで、続くガレ場の道へ。結構急です。
胸突き八丁というそうです。
2016年10月02日 08:56撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突き八丁というそうです。
ガレ場の急登をジグザグを繰り返して、ようやく馬の背。
2016年10月02日 09:07撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の急登をジグザグを繰り返して、ようやく馬の背。
馬の背。頂上左の標識杭
2016年10月02日 09:16撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背。頂上左の標識杭
左手の山の岩場を登って奥の山が斜里岳頂上。
この日は絶好の秋晴れで気温も高めでしたが、風も強くなってきたので、ウインドベレーカーを羽織りました。
2016年10月02日 09:04撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の山の岩場を登って奥の山が斜里岳頂上。
この日は絶好の秋晴れで気温も高めでしたが、風も強くなってきたので、ウインドベレーカーを羽織りました。
途中尾根沿いの道の傍らに祠があります。
何故、頂上じゃないのかは不明です。
帰りに¥100を置いてきました。
2016年10月02日 09:56撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中尾根沿いの道の傍らに祠があります。
何故、頂上じゃないのかは不明です。
帰りに¥100を置いてきました。
前週に続くトライで漸く念願の頂上。360度の大パノラマです。
(先週は急な雨と強風で心が折れて馬の背下のガレ場で断念。)やはり頂上は風が強く寒いです。
2016年10月02日 09:35撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前週に続くトライで漸く念願の頂上。360度の大パノラマです。
(先週は急な雨と強風で心が折れて馬の背下のガレ場で断念。)やはり頂上は風が強く寒いです。
4
遠くうっすらと羅臼岳が見えます。
左手はオホーツク海。
2016年10月02日 09:35撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くうっすらと羅臼岳が見えます。
左手はオホーツク海。
3
これもうっすらと霞んでいますが、ロシア領の国後島が見えます。
2016年10月02日 09:35撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもうっすらと霞んでいますが、ロシア領の国後島が見えます。
摩周湖と摩周岳(カムイヌプリ)
2016年10月02日 09:35撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩周湖と摩周岳(カムイヌプリ)
1
これも霞んでいますが、遠く中央に左から雄阿寒岳、阿寒富士、そして雌阿寒岳。
2016年10月02日 09:35撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも霞んでいますが、遠く中央に左から雄阿寒岳、阿寒富士、そして雌阿寒岳。
2
上二股まで戻って、ここからは新道を行きます。
2016年10月02日 08:28撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上二股まで戻って、ここからは新道を行きます。
途中振り返っての斜里岳。真ん中の丸いお山が頂上です。
2016年10月02日 10:52撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中振り返っての斜里岳。真ん中の丸いお山が頂上です。
1
熊見峠。見晴らしがよいということでしたが、ハイ松の林で何も見えません。因みにクマには遭いませんでした。嫌な音は聞きましたが、気のせいでしょう。
2016年10月02日 11:12撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見峠。見晴らしがよいということでしたが、ハイ松の林で何も見えません。因みにクマには遭いませんでした。嫌な音は聞きましたが、気のせいでしょう。
12:45登山届に、下山時刻を記入して終了。ページからすると、40名以上の記録がありました。
2016年10月02日 12:46撮影 by COOLPIX P610, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:45登山届に、下山時刻を記入して終了。ページからすると、40名以上の記録がありました。
1
撮影機材:

感想/記録

実は先週に続いてのチャレンジ。(前回は予定外の雨とその後の強風の為、馬の背下のガレ場が心がポッキリ)。前日の雌阿寒〜阿寒富士縦走の疲労が抜けておらず、万全ではありませんでしたが、絶好の秋晴れを今年最後のチャンスと決行。
下二股までは渡河の連続です。マーキングやピンクテープを目印に慎重に。浅い河ですが、飛び石や浮石で滑っての転倒に注意が必要です。靴が濡れるのが平気な方は問題ありません。
下二股〜上二股の旧道は沢登り。ルートの確認と滑らないことが大事です。粘り強く慎重に。
上二股から馬の背まではガレ場の急登です。息を整えつつ一歩々。
馬の背から頂上までは結構風が強いです。当日は秋晴れの晴天で気温も高めでしたが、ウインドブレーカーは必要でした。頂上までは岩場登りです。特に最後の岩場はむき出しの吹きっ晒しです。
頂上はまさに360度の大パノラマです。写真のとおり知床の羅臼岳や国後島も見えます。
上二股からの下山は沢登りファンを除いては、新道(熊見峠)周りがお勧めです。河・沢はありませんが、熊見峠から下二股まではかなりの急な下りですし、大きく迂回しての道ですので、時間もかかります。慎重に滑らないように、下ばかり見ていて頭を木にぶつけないよう…私の経験でした。体調のせいで時間はかかりましたが、リベンジできてホッとしています。
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 馬の背 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ