ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 963379 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

【志賀山〜大沼池】木戸池から左回り周回

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー risuji, その他メンバー2人
天候霧雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【駐車場】
木戸池温泉ホテルから少し上がった地点(右側)にダート20台ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間8分
合計
8時間12分
S木戸池07:1508:41志賀山登山道入口09:15志賀山09:1809:52裏志賀山10:0610:35四十八池10:4311:45エメラルド大沼12:2812:44大沼池(林道終点)13:41大沼池入口15:27木戸池G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【危険箇所】
特に無し

【コース状況】
特記事項特に無し

【トイレ】
大沼池(大沼池レストハウス内にもあるが、食事利用者のみか?)

【開花状況】
モウセンゴケ
ウメバチソウ
その他周辺情報【日帰温泉】
志賀パレスホテル(\800)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

感想/記録
by risuji

志賀高原。
多分、高校1年の時の林間学校以来だと思う。
志賀山と大沼池の記憶はあるけど、どのコースを歩いたのかは不明。
で、今回もこの2箇所は外せず、コースを考える。
予定としては、硯川温泉から渋池に上がり、志賀山と裏志賀山を周り、四十八池と大沼池を巡る。
後は、バスで硯川温泉に戻ろうというもの。

東京からの最短ルートは、関越道を渋川伊香保ICで降り、草津白根ルートを上がって、長野側の志賀高原に向かうというもの。
ところが、この草津白根ルートは火山活動の影響で夜間通行止め。
8時には歩き出したいと思っていたので、このルートは断念。
あとは、軽井沢から鬼押し出し、万座を経由するか、上信越道を中野ICまで走り、長野側から上がるというルート。
ちょっと距離はあるけれども、長野側から上がるルートを選択。
大半を高速道路を走るわけなので、楽だし、有料道路の料金もこちらの方が安価だから。

関東は曇り空、時々霧雨の天気だったけれども、長野県に入ると晴天。
中野IC付近は快晴で期待が持てる。
一般道を志賀高原に向かうが、上に行くほどまた雲天。
蓮池からガラッと天気が変わり、霧雨になってしまう。

<木戸池〜渋池>
バスに乗らないことを想定して、コースを変更。木戸池を出発点とする。
霧雨の中を出発。急坂はほとんどなく、緩やかな上り坂が続く。
途中のひょうたん池が最初の池。
最初なので、まずは感動。
やっぱり、志賀高原を選んでよかったと思う。ここから始まって幾つの池を見たのだろう。
同じペースで登り続け、次の池は渋池。
ここで硯川温泉からのコースに合流する。

<渋池〜志賀山>
ひょうたん池より一回り大きく、ここもいい感じの池。
夏が終わり、池の周辺は黄色っぽくなってきているけれども、それが初秋を感じさせる。
そして、静かに佇む。
霧雨、曇り、ちょっと晴れと天候の変化が目まぐるしい中を、志賀山に向かう。
林道のようは幅広の登山道を行くと、志賀山への分岐。
右に向かうと四十八池に直行だけど、ここは左へ。
一旦道は下るが、すぐに上りになり、急登が続く。
今回のコースで唯一の急坂。
天気がさらに悪化する中、志賀山山頂に到着。小さな標識のみ。
天気が良ければ、展望抜群の山頂らしいのだが…。残念。

<志賀山〜四十八池〜大沼池>
軽い休憩ですぐに裏志賀山へ向かう。
一旦、下って鞍部を思われる場所は風の通り道で強風になる。
その風で霧が飛ばされて、チラッと下に池が見える。
長野側に目を向けると晴れている。
裏志賀山は、分岐から5分ほどの小さな社がある行き止まりの地点。
分岐に戻り、さらに下ると大きな鳥居が見え、それをくぐると四十八池に到着。
霧っぽいけど、なんとか全貌が見渡せる。
池というより湿原。
ちょっとした池塘巡りっていう感じ。
モウセンゴケ、ウメバチソウがたくさん。
東屋のある反対側の入口まで往復する。
四十八池で昼食休憩と思ったけど、雨が本格的になってくる。
ここでのお昼を諦めて、大沼池まで下る。

<大沼池〜長池>
長野側に下りてきたのに、雨は止まず。
レストハウスに避難し、昼休憩。
休憩料として、タケノコ汁¥400也。
根曲がり竹がたくさん入っていて、美味い。
ダシの煮干しがそのまま残っているのもそれほど気にならず。
雨が上がらず、本格的に雨具を着用し、レストハウスを出る。
と、5分ほどで雨が上がる。このタイミングの悪さ…。
すぐに大沼池が一望できる場所に出る。
エメラルド色の池。
美しいとしか言いようがないけれども、それ以上の表現は見つからない。
堰堤のような場所に出ると、ここで大沼池とはお別れ。あとは林道を下る。
途中で林道コースと山道コースに分かれるが、山道コースを選択。
無事に県道471号線に出る。
バスの時刻には間に合ったが、歩き足りない感じ。
そのまま長池まで歩くことにする。
途中までは、苔むした深い森の中という感じ。
そして、明るく開けた場所に出るとそこはスキー場のゲレンデ。
ゲレンデを終点まで登り、少し下ると長池に到着する。

<長池〜木戸池>
長池は渇水気味。
さらに、上の小池、三角池と池巡りが続く。
国道292号線を渡ると田ノ原湿原。
天気が良くなり、気持ちが良い場所。
ゆっくりしたい気分。
小さなスキー場のゲレンデを上がると木戸池。
木戸池はちょっと俗化した感じ。ブラックバスなどを放流しているみたいだから。
ということで、結局バスには乗らずに、周回してしまったわけ。

<まとめ>
前半は天気に恵まれなかったのが残念。
それでも、池、池、湿原、また池、池、池、湿原…と自然を満喫した感じ。
志賀高原、いいなぁ〜と改めて認識。
長野側から入るのも楽だということが分かり、また行きたいような…。
今度は大展望に期待して。
あぁ、紅葉の秋もいいかもしれない。
#また、行きたいところが増えて困った…。
訪問者数:88人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ