ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965358 全員に公開 沢登り日高山脈

十勝岳(上二股ノ沢 右股→左股)

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー DELTAFOX
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
38分
合計
7時間54分
Sスタート地点05:5509:09十勝岳09:4713:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下りで使った左股は、長めのザイルがあった方が良い。

装備

個人装備 ザイル20m

写真

野塚は雲の中。晴れるのかどうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野塚は雲の中。晴れるのかどうか。
前回よりは水が減っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回よりは水が減っていた。
そして復活。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして復活。
西側なので日陰で結構寒かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側なので日陰で結構寒かった。
右股はこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右股はこんな感じ。
前回登った、オムシャヌプリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回登った、オムシャヌプリ。
3
この方向にヒグマがいた。単眼鏡で観察していたら、下降予定の沢に向かって下りていった。うーむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方向にヒグマがいた。単眼鏡で観察していたら、下降予定の沢に向かって下りていった。うーむ。
2
ピークを後にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを後にする。
山紅葉。微妙。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山紅葉。微妙。
懸垂したところだったと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂したところだったと思う。
1
右岸巻いた。バイルに頼る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸巻いた。バイルに頼る。
1
大滝。ここの巻きがシビアであった。長いザイルが欲しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝。ここの巻きがシビアであった。長いザイルが欲しい。
1

感想/記録

十勝岳(日高山脈の)

最近常連の天馬周辺。今日は十勝岳。

本当は「左股→右股」で行く予定だったが、ルート不明瞭で分岐を見逃してしまったので「右股→左股」に変更した。今思えば、これがあだになったか?

右股は単調な登りであまり面白くはなかったが、最後の方で出てきた滑滝は良い。最後の藪漕ぎで横着して右往左往してしまったのはいただけない。山頂は無風晴れで気分良い。遠目にクマさんが見えた。下る予定の沢の方に降りて行ったのでちょっと不安になる。

左股の下降は割とヤバかった。10メートルを超える滝が3つあり、一つ目は滝中を懸垂下降、二つ目は右岸をバイル下降、三つ目はハングした岩の下に生える潅木にザイルをかけて懸垂下降。長めのザイルと、ハーケンを打てる技術が必要だったと思う。

今回の山行は少し背伸びしすぎたかもしれない。確実な山行の積み重ねで、着実に成長したいと思うのだが、そろそろ初心者向きの沢が近場になくなりそうです。



訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ