ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 965380 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

神戸 菊水山〜鍋蓋山〜天王谷方面へ

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー eriksa
天候曇り時々小雨 のち本降り
アクセス
利用交通機関
電車
往路:阪急電車 梅田〜新開地 神戸電鉄 新開地〜鵯越(志染行)690円
復路:阪急電車 高速神戸〜梅田 450円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
18分
合計
5時間3分
S鵯越駅09:1910:35菊水山10:3711:15天王吊橋11:48鍋蓋山11:5412:10七三峠13:50祇園神社14:0014:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
菊水山から鍋蓋山までは少々険しい下りですが、六甲全山縦走路なので、特別に危険な箇所は階段設置となっていました。
下山に利用した天王谷東尾根コースについてはオススメはできません。
コース状態云々より下山地点近くに不法投棄と見えるごみが散乱している個所があったからです。
もし団体での山行を計画しているなら、しっかりメンバーに説明、因果を含んだ上で、でないと他人様はお連れできないかなあ…と思いました。
その他周辺情報鵯越駅付近には自販機・商店等は見られませんでした。
天王谷下山口近くには湊山温泉があるようです。また、高速神戸付近までの商店街は、さすが神戸とあって中華料理、インド料理店などがありました。
雨が降ってきたのでとっとと帰りたくて寄り道してないけど。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 携帯 時計 タオル

写真

神戸鉄道「鵯越」駅より出発。
今にも雨が落ちてきそうな天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸鉄道「鵯越」駅より出発。
今にも雨が落ちてきそうな天気です。
鵯越駅西側線路沿いにすぐに六甲全山縦走路がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵯越駅西側線路沿いにすぐに六甲全山縦走路がありました。
道標もバッチリ完備。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標もバッチリ完備。
どこぞのお屋敷跡なんでしょうかね。苔むした石灯籠があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこぞのお屋敷跡なんでしょうかね。苔むした石灯籠があります。
1
分岐には丁寧に道標があります。ここから舗装路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐には丁寧に道標があります。ここから舗装路。
道間違えた!この先は進めません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道間違えた!この先は進めません。
道は間違えましたがツユクサが咲いていました。
きれいなブルーです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は間違えましたがツユクサが咲いていました。
きれいなブルーです。
見落としていましたが、ちゃんと道標がありました。
「左行き止まり」の方面へ行ってしまいました。
左方面は舗装路、正当な縦走路は山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見落としていましたが、ちゃんと道標がありました。
「左行き止まり」の方面へ行ってしまいました。
左方面は舗装路、正当な縦走路は山道です。
この橋は渡りませんよ。渡ったら私有地へ侵入していまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋は渡りませんよ。渡ったら私有地へ侵入していまいます。
お不動さんがありました。
今日の山行の安全をお願いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お不動さんがありました。
今日の山行の安全をお願いしました。
秋海棠です。
草丈の高いベゴニア?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋海棠です。
草丈の高いベゴニア?
この辺り厳しい登りでした。小雨がパラついてきたし帰ろうか迷うところでした。取りあえず菊水山山頂までは行こうかなと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り厳しい登りでした。小雨がパラついてきたし帰ろうか迷うところでした。取りあえず菊水山山頂までは行こうかなと。
空模様曇りですが、カスミもなく淡路島もはっきりと見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空模様曇りですが、カスミもなく淡路島もはっきりと見えています。
1
菊水山山頂に到着。
この時点では取りあえず雨は一旦停止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菊水山山頂に到着。
この時点では取りあえず雨は一旦停止。
4
展望台からの眺望。
北西を望む。中国地方かしらん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺望。
北西を望む。中国地方かしらん。
1
鍋蓋山への下り。
せっかく登ったのに、あそこまで降りるのかあ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山への下り。
せっかく登ったのに、あそこまで降りるのかあ〜。
写真では分かりにくいですが、結構な急降下です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですが、結構な急降下です。
前を塞ぐ倒木。これを払いのけて行きます。
行った先には階段がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前を塞ぐ倒木。これを払いのけて行きます。
行った先には階段がありました。
ここのところ雨が多いので、キノコが散見されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのところ雨が多いので、キノコが散見されました。
橋を渡ります。
ここは人工的なダムから流れている用水路のような流れです。
すぐ下流にため池がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
ここは人工的なダムから流れている用水路のような流れです。
すぐ下流にため池がありました。
「天王吊橋」までやってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天王吊橋」までやってきました。
天王吊橋から向こう側を臨む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王吊橋から向こう側を臨む。
鍋蓋山側もなかなかの登り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山側もなかなかの登り返し。
1
鍋蓋山登山道では、菊水山が見えています。
悲しいかな、アンテナが目印となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山登山道では、菊水山が見えています。
悲しいかな、アンテナが目印となります。
1
ポートアイランドもはっきり見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポートアイランドもはっきり見えています。
1
取りあえず三角点にタッチ。
この図は先月にも撮影しているよなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りあえず三角点にタッチ。
この図は先月にも撮影しているよなあ。
2
鍋蓋山山頂の標識。
これも先月同じ構図で撮っているなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋蓋山山頂の標識。
これも先月同じ構図で撮っているなあ。
1
極楽林道は前回の山行でも行かなかったな。
極楽林道…paradise forest roadか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽林道は前回の山行でも行かなかったな。
極楽林道…paradise forest roadか。
前回も来た。両方二本松林道。
前回左へ行ったので、今回は右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回も来た。両方二本松林道。
前回左へ行ったので、今回は右へ。
良く見ると記載あり。
左は再度、右は平野谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く見ると記載あり。
左は再度、右は平野谷
切り開かれた、林道っぽいところに出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り開かれた、林道っぽいところに出た。
小さな峠を切り崩し林道を作っているので地層が露出しているようだ。面白い地層だなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな峠を切り崩し林道を作っているので地層が露出しているようだ。面白い地層だなあ。
1
林道的な道は行き止まり。
左の登り道へ道は続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道的な道は行き止まり。
左の登り道へ道は続く。
先ほどの分岐、小さなアップダウン登り切ったところ。
林道的な道に続く右への分岐は行き止まりとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの分岐、小さなアップダウン登り切ったところ。
林道的な道に続く右への分岐は行き止まりとのこと。
ところどころにある道標。
この分岐も一方は行き止まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころにある道標。
この分岐も一方は行き止まり。
行き止まり側を撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まり側を撮影。
二本松林道へ出てきた。
メマトイがまとわりついてきて煩わしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本松林道へ出てきた。
メマトイがまとわりついてきて煩わしい。
天王谷に行く予定だったので、道標に従う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王谷に行く予定だったので、道標に従う。
ちょっと離れて撮影。
下りは平野谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと離れて撮影。
下りは平野谷。
少し離れたところに道標。天王谷へ至るという道標に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し離れたところに道標。天王谷へ至るという道標に向かう。
中々道が悪そう。なんか嫌な予感。
平野谷に行こうか迷うが、当初の予定通り天王谷へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々道が悪そう。なんか嫌な予感。
平野谷に行こうか迷うが、当初の予定通り天王谷へ。
萩の花が咲いている。
秋だなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
萩の花が咲いている。
秋だなあ。
この道、あまり人が通っていないと見えて、クモの巣払いをしながら歩く。道標があるとロストしてないことがハッキリわかるのでホッとする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道、あまり人が通っていないと見えて、クモの巣払いをしながら歩く。道標があるとロストしてないことがハッキリわかるのでホッとする。
鉄塔。
小さなアップダウンが続く。
地形図を見て見当はついているのですが、下山しているのに登りがあるっていうのは、うっすらと心が折れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔。
小さなアップダウンが続く。
地形図を見て見当はついているのですが、下山しているのに登りがあるっていうのは、うっすらと心が折れる。
1
アップダウンは先ほどの鉄塔で終わり。
でもあの道路のところまで下り一直線というのも少々不安。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンは先ほどの鉄塔で終わり。
でもあの道路のところまで下り一直線というのも少々不安。
下り切った後で撮影しましたが、急な岩の下りがあります。
更にこの先、かなり切り立った細くて歩きにくい道となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切った後で撮影しましたが、急な岩の下りがあります。
更にこの先、かなり切り立った細くて歩きにくい道となります。
嫌な予感的中!!
すぐそばに民家が見えるようなほとんど下り終了箇所の不法投棄ゴミだらけのところ。
ワタシ、道間違ったんかしら??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嫌な予感的中!!
すぐそばに民家が見えるようなほとんど下り終了箇所の不法投棄ゴミだらけのところ。
ワタシ、道間違ったんかしら??
イエイエ、道間違っていませんでした。
道標はしっかりあります。
このゴミだらけ道、ハイキングコースに間違いなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イエイエ、道間違っていませんでした。
道標はしっかりあります。
このゴミだらけ道、ハイキングコースに間違いなし。
車道と並走でもうすぐ登山口となりそうなところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道と並走でもうすぐ登山口となりそうなところ。
登山口にはきちんと道標もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にはきちんと道標もあります。
1
天王谷のバス停も確認。近くの湊山温泉に行こうと思っていましたが、もういいや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王谷のバス停も確認。近くの湊山温泉に行こうと思っていましたが、もういいや。
祇園神社へ到着。
ここで雨が降り出したので少し雨宿り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祇園神社へ到着。
ここで雨が降り出したので少し雨宿り。
祇園神社自販機のネクターでお疲れ様。130円
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祇園神社自販機のネクターでお疲れ様。130円
雨が降ったりやんだりした中を歩いて高速神戸まで帰ってきた。
下山後の雨で助かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降ったりやんだりした中を歩いて高速神戸まで帰ってきた。
下山後の雨で助かった。
1

感想/記録
by eriksa

8月27日に再度山から鍋蓋山へ。
鍋蓋山から菊水山が見え、今度は菊水山から鍋蓋山へ来ようと山行を計画。
コマ切れになりますが、六甲全山縦走路を踏破していこうと思いました。

山と高原地図を見て、湊山温泉も行ける下山ルートを選択、天王谷東尾根でルートを作成。
9月22日秋分の日の天気予報は、午後から天気が崩れるとのこと。
何とかお天気が持ってくれるのを祈りつつ家を出た。

鵯越から菊水山までは、山麓バイパスあたりで道標を見落として、道迷いをしてしまった。
菊水山登山中、パラパラと小雨が降ってきた。急な登りだったので、戻るにしても危ないと思い菊水山山頂までは行こうと決心。
取りあえず山頂で、どうにか天気がもちそうと判断し登山続行。

菊水山から鍋蓋山へ向かう下りは、山と高原地図でも危険個所の表示があり、岩場の急な下りが続きます。
雨の割にはそんなには滑らず、また本当に急なところはしっかり階段が設置されていたので、注意して歩けばそう危険でもないと思います。
さすが、六甲全山縦走路。

鍋蓋山からの天王谷東尾根コースはちょっとしたアップダウンが連続した道でした。下山してるのになんで登るねんと、何回目かの登りで少々心が折れそうになりましたが、ここでくじけても誰も助けてくれない。それどころか、メマトイがまとわりついてきて煩わしいので奮って歩みを進めました。
この道あまり歩いている人もいないと見えて、たくさんクモの巣をひっかけてしまいました。
ちょっと荒れている様子ですが、正規ルートなんですよね。でも、何となく嫌な予感がします。(過去に荒れた道ではうっかり私有地に入りこんだり、道に行き詰まってしまったことがあったので。今回も急峻な崖っぽいところや、かなり崩れた道を歩いた。)
下山の最終段階、民家もすぐそばにあるようなところで嫌な予感的中。
不法投棄のゴミが散乱しているところに出てしまった。一瞬コースを間違えたのかと不安になる。でもすぐに道標もあったので正規ルートと確認。
マナーの悪いハイカーのゴミなんていう生易しいものではなく、お茶碗やその他雑多な生活ごみでした。掘っ建て小屋みたいなのもあるし。怖かったです。

下山後、祇園神社でお参りをしていると雨が本降りに。
湊山温泉に寄って帰ろうと思いましたが、とりやめてさっさと帰宅しました。
でも、雨降りが下山後で助かりました。
訪問者数:160人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ