ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966347 全員に公開 ハイキング北陸

百里ヶ岳と鯖街道の往時を偲ぶ

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー naojiro
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
R27小浜市から根来方面(お水取りの鵜瀬方面)へ、上根来登山口まで30分。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
56分
合計
6時間5分
Sスタート地点09:0510:46木地山峠11:53百里ヶ岳12:4913:41根来坂峠15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
上根来集落登山口からの道は林道ができたので消失している。集落を通り抜けて登山道案内看板の裏の林道を進む。看板の前に数台駐車可能。
コース状況/
危険箇所等
上根来集落から林道終点の先の谷筋は、所々にマーキングが有るものの、道が消失していて分かりにくい。また滑りやすく危険。地図読みまたはGPS必要
その他周辺情報御食国若狭おばま濱の湯、若狭フィッシャーマンズワーフ、蘇洞門(そとも)巡りhttp://www.wakasa-fishermans.com/sotomo.html

写真

上根来集落先のこの看板の左側から林道に入る。集落内にある登山口から入ると分かりにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上根来集落先のこの看板の左側から林道に入る。集落内にある登山口から入ると分かりにくい。
1
この林道ができたので本来の登山道が消失している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この林道ができたので本来の登山道が消失している。
林道終点、この先の沢を渡る。ここから本日の核心部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点、この先の沢を渡る。ここから本日の核心部。
数回渡渉する。水量多く滑りやすいのでストックを使って何とか渡り切る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数回渡渉する。水量多く滑りやすいのでストックを使って何とか渡り切る。
沢沿いを登る。辺りはうっそうとしている。こういうとこちょっと苦手だなー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを登る。辺りはうっそうとしている。こういうとこちょっと苦手だなー
立派な道標がありほっとする、ありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な道標がありほっとする、ありがたい。
1
炭焼きの窯跡だろうか。ここまで40分ぐらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼きの窯跡だろうか。ここまで40分ぐらい。
登ってきた沢を振り返る。ここから二股に分かれた沢の間の尾根に取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた沢を振り返る。ここから二股に分かれた沢の間の尾根に取り付く。
この辺りまで来ると踏み跡がハッキリしてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで来ると踏み跡がハッキリしてくる。
紅葉の時は綺麗だろうなー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の時は綺麗だろうなー
キノコ1 ドクベニダケ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ1 ドクベニダケ?
1
尾根に乗ると明確な古道が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると明確な古道が現れる。
トラバースして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースして
1
この道標の後、沢を詰めて道が怪しくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標の後、沢を詰めて道が怪しくなる。
藪に突入して道を見失う。右の尾根を強引に稜線めざして登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪に突入して道を見失う。右の尾根を強引に稜線めざして登る。
木地山峠に到着。本来なら奥の道から歩いてくるはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地山峠に到着。本来なら奥の道から歩いてくるはず。
木地山峠のお地蔵さんを拝む。奥に向かうと高島トレイルを若狭駒ヶ岳へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木地山峠のお地蔵さんを拝む。奥に向かうと高島トレイルを若狭駒ヶ岳へ。
高島トレイルを百里ヶ岳に向かって南下する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高島トレイルを百里ヶ岳に向かって南下する。
初めて展望が開ける。駒ヶ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて展望が開ける。駒ヶ岳方面。
向かう百里ヶ岳山頂はガスの中(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう百里ヶ岳山頂はガスの中(>_<)
北東、大御影山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東、大御影山方面
光るコケみたいな鮮やかさ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光るコケみたいな鮮やかさ
1
ガスの中に突入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中に突入
百里ヶ岳かな?ガスは山頂にはないみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百里ヶ岳かな?ガスは山頂にはないみたい。
滋賀県側からの登山者で賑わっていた。初めて人に会ってほっとする。この後10人の団体さんもやってきた。
2016年09月24日 11:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀県側からの登山者で賑わっていた。初めて人に会ってほっとする。この後10人の団体さんもやってきた。
百里ヶ岳は二回目。東側の展望があるはずやけどなーんも見えん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百里ヶ岳は二回目。東側の展望があるはずやけどなーんも見えん。
山頂で記念撮影後下山開始
2016年09月24日 12:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で記念撮影後下山開始
2
どんより東側の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんより東側の展望
雨が降らないのでヨシとしましょ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降らないのでヨシとしましょ。
快適なトレイル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なトレイル
根来坂峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根来坂峠に到着。
ここから高島トレイルを外れて鯖街道を上根来へ下る。
「京は遠ても十八里」花背まで続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから高島トレイルを外れて鯖街道を上根来へ下る。
「京は遠ても十八里」花背まで続く。
自然林で爽快。紅葉も見たいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林で爽快。紅葉も見たいな。
鯖などを京の都に運んだ道。一日に何十人も行きかったことだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鯖などを京の都に運んだ道。一日に何十人も行きかったことだろう。
どこまでも尾根芯を外さないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも尾根芯を外さないように
ムムッ!キノコ5
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムムッ!キノコ5
大きな若いサルの腰かけ三段。こんなの初めて見る。 長径20
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな若いサルの腰かけ三段。こんなの初めて見る。 長径20
1
キノコ6 直径15
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ6 直径15
キノコ7 シロテングダケ 直径15儖幣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ7 シロテングダケ 直径15儖幣
1
この辺はマーキングが頻繁にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はマーキングが頻繁にある。
県道に飛び出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道に飛び出る。
着いた〜。ここから自転車で上根来集落まで戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いた〜。ここから自転車で上根来集落まで戻る。
オマケ。変わったぼんぼり竹。調べてもわからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オマケ。変わったぼんぼり竹。調べてもわからない。

感想/記録

以前から行きたかった百里ヶ岳の上根来ルートを天候を見計らって登ってみることにした。
上根来集落から木地山峠間は上級者向けとのことでずっと躊躇していたが地図と拙いルーファイとGPSログがあれば大丈夫でしょう。

最初は沢筋の道を登って行くので薄暗くテンションが下がる。踏み跡が不明瞭で山肌の道は消失している。注意深くマーキングを見落とさないように、沢の分岐ではGPSで確認しながら慎重に進む。途中からはワンダーランド気分になって楽しめた。


尾根に乗ってからは古道が現れて分かりやすい。その後トラバースしてから沢を詰める時に藪が現れて迷う。間違いに気づいたが上に稜線が見えるので強引に登って木地山峠にたどり着く。

高島トレイルに乗ってからは快適な稜線道。
花は全くなかったが、雨上がりのためか色んなキノコのが見られた。できたての柔らかいサルノコシカケにはビックリ。

根来坂峠から下る鯖街道はブナやミズナラの自然林が続く。往時の古道に思いを馳せながら上根来鯖街道口まで下りる。

訪問者数:230人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ