ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 966981 全員に公開 ハイキング大峰山脈

大天井ヶ岳

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー alunizar45
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒滝手前に丹生トンネルが開通していました。天川、洞川へのアクセスがより便利になりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間16分
休憩
6分
合計
1時間22分
S五番関09:0209:38大天井ヶ岳09:4210:13五番関10:1510:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
五番関に合流するまでの登りは、湿っていて滑りやすいので注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

スタートは五番関トンネル前の登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートは五番関トンネル前の登山口。
1
ここから登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登っていきます。
大峰奥駆道に合流するまでは、きつい坂道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰奥駆道に合流するまでは、きつい坂道です。
見えてきました、奥駆道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました、奥駆道。
女人禁制がここではしかれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人禁制がここではしかれています。
1
奥駆道のスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥駆道のスタート。
尾根道の歩きやすい区間が多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道の歩きやすい区間が多かったです。
ここを左に行くと山頂です。右に行くと、吉野山に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを左に行くと山頂です。右に行くと、吉野山に行きます。
1
はい、チーズ。でも視界はあまり開けていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、チーズ。でも視界はあまり開けていません。
1
洞川にもどって、山上ヶ岳歴史博物館に入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞川にもどって、山上ヶ岳歴史博物館に入りました。
1
大峰寺をイメージした館内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰寺をイメージした館内。
1
貴重な資料が展示されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貴重な資料が展示されています。
今日はえんがわ音楽祭なるものが開催されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はえんがわ音楽祭なるものが開催されていました。
1
川魚センターに立ち寄りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川魚センターに立ち寄りました。
アマゴがたくさん養殖されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマゴがたくさん養殖されています。
いただいたのは、子持ち鮎の塩焼き。おいしかったぁ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いただいたのは、子持ち鮎の塩焼き。おいしかったぁ!

感想/記録

 曇のち雨という予報だったので、出かけようかどうか迷ったが、 週末家にいるのはいやだったので出ることにした。出発は遅い目で6時半。途中御所のヒガンバナ畑が満開なのを間近に見てから、洞川の大天井ケ岳に向かった。気温はとても低く、洞川の温度計は16度となっていた。風の当たるバイクに乗っていて、すっかり体は冷え、帰りは温泉に入りたいなぁと思った。黒滝手前に新しいトンネルが開通していた。これで天川村までの309号線の道は完全に2車線となり、バスでも行きやすくなったことだろう。
 登山口の五番関トンネルには8時45分頃に到着。そこから大峰奥駆道に合流するまでは急で足場の悪い登りだったが、かわいいキノコをいろいろ見つけられて、あまりしんどくなかった。奥駆道は尾根道が多くて、あまりアップダウンがなく、ハイキングのようにして進んでいけた。途中でとても変わった虫が飛んでいるのを見た。まるでドレスを着た小人のお姫様のようなシルエットで飛んでいるので、一体何だろうと取ってみると、アブラムシの仲間のようでがっかりした(「雪虫」といわれるものかもしれない)。登り始めて1時間で山頂に到着。木が大きく生い茂っているので、展望はほとんどのぞめなかったのは残念。この時期に多く見かける小虫が顔の回りを飛んでうっとおしかったので、休憩はやめて記念写真だけ撮って引き返すことにした。下りは行き以上に早くすすみ、往復で1時間半ちょっとで登山口に戻ってきた。これで今回の行程は終わりというのではなく、ここからが今回洞川に来た本当の目的だ。魚のつかみどりをしている川魚センターに行って、魚の塩焼きを食べに行ったのだ。魚の種類はアマゴと子持ち鮎だったので、珍しい子持ち鮎にした。焼きあがるまで30分かかるというので、待っている間に山上ケ岳歴史博物館に入り、大峰山の開祖である役行者のことや大峰寺の歴史などにふれた。川魚センターに戻ると、鮎の塩焼きが出来上がっていた。じっくり炭火で焼いてあるので、骨までも柔らかく、とてもおいしくいただけた。卵はいっぱい入っていて、シシャモを食べているようだった。でも目的の塩焼きをおいしく食べられて満足。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アマゴ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ