ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967268 全員に公開 ハイキング飯豊山

オンベ松尾根まで

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー bono2
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
五十嵐家住宅前の駐車スペースに停めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間30分
休憩
2時間10分
合計
14時間40分
S五十嵐家住宅駐車スペース02:4003:00国有林ゲート04:20発電所トンネル05:10林道終点05:4005:50オンベ松尾根末端07:20月心清水07:5009:10一服平09:3010:40稜線部分11:1011:50一服平13:00月心清水14:20オンベ松尾根末端14:30林道終点14:40湯ノ島小屋15:0015:30発電所トンネル17:10国有林ゲート17:20五十嵐家住宅駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・尾根の取付きは急峻。ロープ等が無く樹の枝や根等を手掛かりに登り降りしました。
・月心清水までは急登と平坦を繰り返し高度を上げます。
・月心清水以降は急登とザレ場の繰り返しが多くなります。
その他周辺情報帰りは西会津町の温泉健康保養センター(ロータスイン)で入浴。400円です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ×2 Tシャツ×2 ソフトシェル ズボン 靴下 軍手 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー カメラバック 朝ご飯 昼ご飯 行動食 間食 非常食 飲料4.5L ライター 地形図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯TEL 時計 タオル×3 ストック×2 カメラ GPS記録機 等々
共同装備 ※その他 車中に・・・ガス&コンロ・水2L・コッヘル・保冷バック・氷ジュース・等々

写真

出発して1時間後。月はやや三日月、雲が晴れオリオンが見えます
2016年09月24日 03:35撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して1時間後。月はやや三日月、雲が晴れオリオンが見えます
8
林道終点の取水施設?に到着
2016年09月24日 05:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の取水施設?に到着
2
朝食後、アシ沢へ降ります
2016年09月24日 05:39撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食後、アシ沢へ降ります
3
アシ沢上流部
2016年09月24日 05:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アシ沢上流部
4
アシ沢下流、実川との合流部。石伝いに渡渉できそう!
2016年09月24日 05:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アシ沢下流、実川との合流部。石伝いに渡渉できそう!
6
オンベ松尾根の末端。アレ登るのか・・・
2016年09月24日 05:46撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンベ松尾根の末端。アレ登るのか・・・
4
尾根の末端を這い上がると、平坦や
2016年09月24日 06:02撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の末端を這い上がると、平坦や
2
急登を繰り返し高度を上げます
2016年09月24日 06:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を繰り返し高度を上げます
2
櫛ガ峰でしょうか。紅葉には早かったかな?
2016年09月24日 06:43撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ガ峰でしょうか。紅葉には早かったかな?
3
月心清水で水を補給します
2016年09月24日 07:21撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月心清水で水を補給します
2
水場にはロープが張ってます。ありがたいです
2016年09月24日 07:27撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場にはロープが張ってます。ありがたいです
2
たぶん水場。給水します
2016年09月24日 07:30撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん水場。給水します
4
月心清水より先は急登が続きます
2016年09月24日 07:50撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月心清水より先は急登が続きます
2
ザレた尾根にでると
2016年09月24日 08:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた尾根にでると
3
右手に飯豊本山や御前坂
2016年09月24日 08:02撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に飯豊本山や御前坂
5
更に右は草履塚
2016年09月24日 08:02撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に右は草履塚
3
もっと右は種蒔山から三国岳への主稜線
2016年09月24日 08:02撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと右は種蒔山から三国岳への主稜線
3
急登を登り振り返ります。降りに嬉しいロープです
2016年09月24日 08:22撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登り振り返ります。降りに嬉しいロープです
3
磐梯山も見えてきました
2016年09月24日 08:28撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
磐梯山も見えてきました
6
ウメバチソウも頑張ってます
2016年09月24日 08:38撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウも頑張ってます
3
櫛ガ峰が近づいてきます
2016年09月24日 09:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛ガ峰が近づいてきます
2
左側、南の笠掛山方面
2016年09月24日 09:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側、南の笠掛山方面
2
更に左、何処でしょう?雲海が広がってます
2016年09月24日 09:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に左、何処でしょう?雲海が広がってます
3
一服平に到着。牛首山だと思います
2016年09月24日 09:12撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服平に到着。牛首山だと思います
4
牛首山アップ!ひょっとして右の小さな頂はは大日岳?(27日追記:大日岳では無さそう。牛首山2個目のピークの様です。スミマセン!)
2016年09月24日 09:18撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山アップ!ひょっとして右の小さな頂はは大日岳?(27日追記:大日岳では無さそう。牛首山2個目のピークの様です。スミマセン!)
4
稜線へ向けてゴー!
2016年09月24日 09:47撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へ向けてゴー!
7
牛首山です。久々の青空山行!
2016年09月24日 10:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山です。久々の青空山行!
7
飯豊本山。なんかガスって来た!
2016年09月24日 10:05撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山。なんかガスって来た!
4
なんとか稜線に到着。牛首山方面!ガスです(涙)
2016年09月24日 10:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか稜線に到着。牛首山方面!ガスです(涙)
2
こっちは櫛ガ峰方面。右(西)と左(東)で紅葉の進み方が違うような?
2016年09月24日 10:44撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは櫛ガ峰方面。右(西)と左(東)で紅葉の進み方が違うような?
3
一瞬、牛首山の左に大日岳が見えましたが(涙)
2016年09月24日 11:01撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬、牛首山の左に大日岳が見えましたが(涙)
4
ヤマハハコだと思います。沢山あります
2016年09月24日 11:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコだと思います。沢山あります
3
バテバテなので昼食後、下山することに(涙)
2016年09月24日 11:06撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バテバテなので昼食後、下山することに(涙)
5
一服平から振り返ります。稜線はガスの中
2016年09月24日 11:48撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服平から振り返ります。稜線はガスの中
2
本山方面もガスガスの様子
2016年09月24日 11:48撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本山方面もガスガスの様子
2
反対に平野部。猪苗代湖方面は雲海が晴れてます
2016年09月24日 11:52撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対に平野部。猪苗代湖方面は雲海が晴れてます
2
尾根の末端が近づいてきます
2016年09月24日 14:13撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の末端が近づいてきます
3
結構な痩せ尾根
2016年09月24日 14:17撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な痩せ尾根
3
今朝、這い上がった登り口。降りは滑り落ちそうになりました
2016年09月24日 14:23撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝、這い上がった登り口。降りは滑り落ちそうになりました
4
アシ沢を渡渉後、湯ノ島小屋で給水
2016年09月24日 14:56撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アシ沢を渡渉後、湯ノ島小屋で給水
5
トンネルはもう慣れました
2016年09月24日 15:30撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルはもう慣れました
4
コウモリです。お休み中?熊鈴をリンリン鳴らして歩いてましたが、びっくりさせた様子。トンネル内で鳴らすのを止めました
2016年09月24日 15:39撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウモリです。お休み中?熊鈴をリンリン鳴らして歩いてましたが、びっくりさせた様子。トンネル内で鳴らすのを止めました
5
この辺の紅葉も眺めたいところ
2016年09月24日 16:50撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺の紅葉も眺めたいところ
2
ゲートを通過。車は近いぞ!
2016年09月24日 17:07撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを通過。車は近いぞ!
3
無事下山。ありがとうございました
2016年09月24日 17:19撮影 by NIKON D5100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。ありがとうございました
5
撮影機材:

感想/記録
by bono2

 オンベ松尾根は、2年前にkamadamさんのレコを拝見し、緑の濃い多数の写真から、紅葉時期に是非歩いてみたいと考えてました。稜線の西側は、紅葉が始まっているようですが、訪れるのが、若干、速すぎたかもしれません。
 また今回のコースは、大日岳に登れる最短コースのようにも思え、ピークハントに挑戦してみました。結果、力不足!稜線に出るのが精いっぱいでした。おまけに今回もガスガスで稜線からの展望は楽しめず。途中で出会ったキノコ採り風の親父さんから、日帰りするには荷物が多すぎるとのアドバイス。36Lザックにカメラバックと一眼レフカメラをぶら下げた出で立ちのせいでしょうか。一応、軽量化したつもりでしたが・・・(反省)
 機会があれば、さらなる軽量化(+体力維持!)に努め、10月の時期にまた歩きたいコースでした。
※備忘録(9/26・10/1)
・熊糞は見かけませんでした。
・トンネル内は水漏れ。傘をさすと安心!
・稜線からの下山ポイントは、草が多く道が不明慮。ガスに巻かれると注意!





訪問者数:223人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/14
投稿数: 63
2016/9/26 7:05
 お疲れ様でした!!
bono2さん、おはようございます。
色づき始めた飯豊の静かな尾根に久々の青空。それだけでうらやましいです。
今回も厳しいルートにトライされましたね。今回歩いただけでも水平距離で30km越えですから大日岳往復だと ・・・ にアップダウンを加えた高度差。恐ろしいです
自分なら花崗岩のきれいなアシ沢で芋煮会に切替えちゃいそうです
登録日: 2013/11/21
投稿数: 100
2016/9/26 19:42
 Re: お疲れ様でした!!
Hide6さん、コメントありがとうございます。
11時頃までは、晴れて良い天気だったのですが、ガスるのは、あっという間でした
おまけに、稜線にたどり着くまででヘロヘロになってしまいました
しかし、稜線の向こう側斜面は紅葉しているようで。一瞬だけ見えた大日岳の斜面も赤・黄・緑のコントラスト。やっぱり歩いてみたい稜線です
紅葉の中、芋煮にもイイ感じです。しかし徒歩2時間30分・・必須です
登録日: 2013/11/12
投稿数: 899
2016/9/27 7:22
 お疲れ様でした。
やっぱり、オンベ松尾根に行かれたんですね。(^_^)
当日、二王子岳山頂から大日岳を眺めたとき、もしかしたら、bonoさん、登っているのかなぁ。なんて思っていました。
登頂は、されなくても、今回、稜線まで行かれただけでも、収穫があったのではないでしょうか。
何故か、冬の五色沼を目指していた頃と重なってしまいますが、このコースの日帰りは、かなりキツそうですね。(>_<)
また、是非、再チャレンジしてください。\(^^)/
登録日: 2013/11/21
投稿数: 100
2016/9/27 19:15
 Re: お疲れ様でした。
FUKUSIMAさん、コメントありがとうございます
その通りです!稜線の向こう側は別世界のような気配がします
自分には、大日岳日帰りは無理っぽいですが、秋の青空の下、是非歩いてみたい稜線です
空の具合を気にしながら、再チャレンジしたいところです
登録日: 2011/7/18
投稿数: 786
2016/10/1 22:02
 オンベ松尾根
こんばんは。遅コメ失礼します。
私のレコをご覧いただき、ありがとうございます。いくらか参考になりましたでしょうか。
稜線までとのことですが、累積標高が2,500mを越え、距離は31キロ・・すごいです。稜線に上がっただけでも十分、充実感に満たされた山歩きになったのでは
私が登った日、途中で風のようなスピードで下りてきた人がいましたが、ザックは小ぶりでした。その人はたぶん、林道途中までは自転車利用だったのではと思います。

オンベ松尾根、本当にいい尾根ですね。晴れあがった大日岳にいつか登ってみたいものです
登録日: 2013/11/21
投稿数: 100
2016/10/2 0:49
 Re: オンベ松尾根
こんばんは。コメントありがとうございます。

自分が秋田に住んでた頃から、Kamadamさんのレコを毎回、楽しみにしてます。すごいルートを歩かれるので、いつも、すごいなーと思いながら興味深々に拝見してます。ご本人からコメント頂けるなんて光栄です。ありがとうございます。

今回のルートもKamadamさんレコで初めて知りました。
「いくらか」どころか、かなり、お世話になってます
高校の夏山合宿で登った飯豊山。昨年、本山まで日帰りできたので、今年は大日岳まで行けないかなとチャレンジしてます
稜線に登っただけですが、たしかに、また訪れたいと思わせるところでした。
水を途中にデポするなどして(kamaさんレコ登場の方)、自分も軽量化に努め、また大日岳への稜線に向かいたいところです
※返信、一部修正(10/5)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ