ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970699 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

やっぱり外せない 紅葉の栗駒山周遊

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー ryosui
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いわかがみ平駐車場を利用。
朝5時半で9割方埋っていました。

栗原市のサイトから、栗駒山の紅葉情報とアクセス方法、交通規制情報を確認出来ます。
https://www.kuriharacity.jp/index.cfm/12

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
2時間54分
合計
10時間20分
Sいわかがみ平05:3006:20東栗駒山06:3006:44東栗駒分岐07:06中央・東栗駒コース合流地点07:21栗駒山07:3807:50天狗平08:30昭和湖08:3208:36地獄谷08:49苔花台分岐08:55名残ヶ原09:09須川温泉09:3009:56須川湖10:1710:33秣岳登山口11:34秣岳11:4413:08御駒岳14:1214:13展望岩頭14:25天狗平14:2814:44栗駒山15:1015:16中央・東栗駒コース合流地点15:50いわかがみ平15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前日の疲れが多少残っていたので、休憩多目に取っています。
コース状況/
危険箇所等
◎ 特に危険箇所はありません。
強いて言えば、秣岳への登りが滑りやすい位です。
須川コースは泥濘と水溜まりが多かったので、スパッツあった方が良さそうです。

◎ ロングコースですが、途中に水場がありません。
須川で購入は出来ます。
その他周辺情報下山後、駒の湯温泉へ。
現在は、日帰り温泉施設として復活しています。

http://komanoyu.net/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS(スマホ) スマホ サングラス タオル ストック 双眼鏡 虫除けスプレー ジェットボイル 熊鈴

写真

朝、準備中に撮った一枚。
ん〜、いい色だ〜(^o^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、準備中に撮った一枚。
ん〜、いい色だ〜(^o^)
2
今日一日この天気が続くように祈りました(^人^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日一日この天気が続くように祈りました(^人^)
1
やっぱり去年の雪不足が響いているんですかね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり去年の雪不足が響いているんですかね?
1
5時半出発時、駐車場はもう粗方埋っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時半出発時、駐車場はもう粗方埋っていました。
1
レストハウス前に登山ポストあり。
東栗駒コースには、ここの右奥から合流出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストハウス前に登山ポストあり。
東栗駒コースには、ここの右奥から合流出来ます。
1
見事に燃え上がる空に、暫く見入っていました(´∇`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事に燃え上がる空に、暫く見入っていました(´∇`)
7
登山口付近はまだ色付いてませんでした。
やっぱり今年は、いつもより遅いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近はまだ色付いてませんでした。
やっぱり今年は、いつもより遅いですね。
1
新湯沢までに何ヵ所かハシゴがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新湯沢までに何ヵ所かハシゴがあります。
1
色付いてきて…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付いてきて…。
1
カラフルに…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラフルに…。
1
いきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきました。
1
新湯沢と黄葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新湯沢と黄葉。
1
足元にはエゾオヤマリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にはエゾオヤマリンドウ。
1
ここから約100mの沢登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから約100mの沢登り。
1
今年は随分と水量が少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は随分と水量が少ない。
1
上部はナメ滝のようになってますが、傾斜が緩いので難なく進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部はナメ滝のようになってますが、傾斜が緩いので難なく進みます。
1
渡渉を過ぎると、やっと赤くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を過ぎると、やっと赤くなってきました。
3
遠くにはうっすらと月山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くにはうっすらと月山。
2
今年もこの景色に会えました(*^O^*)
今年は去年より色付きが良くない感じですが、それでもこの景色は素晴らしい!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年もこの景色に会えました(*^O^*)
今年は去年より色付きが良くない感じですが、それでもこの景色は素晴らしい!!
3
個人的に栗駒への上りは、このコースが一番好きです。
勿論、他のコースも捨てがたいですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
個人的に栗駒への上りは、このコースが一番好きです。
勿論、他のコースも捨てがたいですが。
1
ちょっと時間が早く、一部が影に隠れていますが、十分に綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと時間が早く、一部が影に隠れていますが、十分に綺麗です。
2
振り返ると東栗駒の山肌も真っ赤です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると東栗駒の山肌も真っ赤です。
2
ツルリンドウ見っけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルリンドウ見っけ。
1
青空がより一層、草紅葉を引き立ててくれていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空がより一層、草紅葉を引き立ててくれていますね。
4
輝く✨太・平・洋〜(≧▽≦)
何度も来てますが、栗駒から初めて見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く✨太・平・洋〜(≧▽≦)
何度も来てますが、栗駒から初めて見えました。
2
紅葉 & 草紅葉 & 雲海。
雲の上には焼石連峰と、右奥には早池峰も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉 & 草紅葉 & 雲海。
雲の上には焼石連峰と、右奥には早池峰も見えます。
3
中央コースも紅葉真っ盛り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央コースも紅葉真っ盛り。
1
写真撮りまくって遅れましたが、山頂到着。
既に10人位の先客が居りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮りまくって遅れましたが、山頂到着。
既に10人位の先客が居りました。
4
焼石の上に岩手山が顔を覗かせてくれました。
ここで痛恨のミスに気付く。
よりによって望遠レンズ忘れた〜😱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石の上に岩手山が顔を覗かせてくれました。
ここで痛恨のミスに気付く。
よりによって望遠レンズ忘れた〜😱
1
という訳で、鳥海山も通常のスマホズームで撮影。
こんなにハッキリ見えることなんて、滅多にないのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という訳で、鳥海山も通常のスマホズームで撮影。
こんなにハッキリ見えることなんて、滅多にないのに。
2
山頂部の紅葉は、ピークを僅かに過ぎていましたが、それでもこの赤さ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の紅葉は、ピークを僅かに過ぎていましたが、それでもこの赤さ。
2
稜線上に三ヶ所、火口監視用カメラが設置されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上に三ヶ所、火口監視用カメラが設置されていました。
1
写していませんが、天狗平から須川温泉まで、こんにちはラッシュでかなり時間かかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写していませんが、天狗平から須川温泉まで、こんにちはラッシュでかなり時間かかりました。
2
青味がかった乳白色の昭和湖。
休憩中の登山者でごった返していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青味がかった乳白色の昭和湖。
休憩中の登山者でごった返していました。
2
相変わらず地獄谷の硫化水素臭は物凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず地獄谷の硫化水素臭は物凄い。
1
名残ヶ原の草紅葉は、まだ青さが残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原の草紅葉は、まだ青さが残っていました。
1
須川温泉の源泉です。
湧出量は毎分約6000L。
いつも思いますが、これだけの湯量をたった二軒で使うって、かなり贅沢な話ですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須川温泉の源泉です。
湧出量は毎分約6000L。
いつも思いますが、これだけの湯量をたった二軒で使うって、かなり贅沢な話ですよね。
2
そのまま滝となって流れ落ち…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま滝となって流れ落ち…。
1
足湯として利用されています。
…が私には熱すぎて、10秒と入れていられませんでした(>_<)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足湯として利用されています。
…が私には熱すぎて、10秒と入れていられませんでした(>_<)
1
二つある駐車場は。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つある駐車場は。
1
どちらも満車状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちらも満車状態。
1
栗駒山荘の方も、入りきらずに路駐多数。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山荘の方も、入りきらずに路駐多数。
1
快晴無風の須川湖はこんなにも美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴無風の須川湖はこんなにも美しい。
1
これから登り返す秣岳も、綺麗に映り込んでますd(^o^)
寄り道して良かった〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登り返す秣岳も、綺麗に映り込んでますd(^o^)
寄り道して良かった〜。
6
ここから長い登り返しの始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから長い登り返しの始まり。
1
途中から眺望が開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から眺望が開けます。
1
昼近くなって、リンドウも開花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼近くなって、リンドウも開花。
2
泥湯三山と鳥海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥湯三山と鳥海山。
1
秣岳の紅葉も見事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秣岳の紅葉も見事。
2
稜線が赤いのが、良く判ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が赤いのが、良く判ります。
1
秣岳から見える、錦秋の縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秣岳から見える、錦秋の縦走路。
1
赤一色じゃないのも、また良いものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤一色じゃないのも、また良いものです。
1
こういうショット好きなんで、よく撮ってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうショット好きなんで、よく撮ってしまいます。
2
モンサンミシェルから見たペルシャ絨毯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンサンミシェルから見たペルシャ絨毯。
3
いや〜絵になりますな〜( ´∀`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや〜絵になりますな〜( ´∀`)
3
神室山と虎毛山。
紅葉期の神室の稜線歩きもしてみたいですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神室山と虎毛山。
紅葉期の神室の稜線歩きもしてみたいですね〜。
1
この先のしろがね湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先のしろがね湿原。
2
この時期はどう見ても、こがね湿原と言った方がしっくりきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期はどう見ても、こがね湿原と言った方がしっくりきます。
1
こがね色の海原に浮かぶモンサンミシェル(*´∀`)♪
最初にこの呼び方をした人のインスピレーションは凄いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こがね色の海原に浮かぶモンサンミシェル(*´∀`)♪
最初にこの呼び方をした人のインスピレーションは凄いですね。
4
御駒への登りは暑くてしんどかった…(;´д`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御駒への登りは暑くてしんどかった…(;´д`)
1
この色に癒されながら、頑張りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この色に癒されながら、頑張りました。
1
岩頭から見える秣岳方面の景色は、栗駒の中でもお気に入りの景色の一つ。
山頂は混むので、いつもここら辺で飯にしてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩頭から見える秣岳方面の景色は、栗駒の中でもお気に入りの景色の一つ。
山頂は混むので、いつもここら辺で飯にしてます。
1
山頂北側は結構散っているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北側は結構散っているようです
2
中央コースからの栗駒も素晴らしい(*^O^*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央コースからの栗駒も素晴らしい(*^O^*)
3
もうちょい下から。
この時点で既に15時を過ぎていますが、まだ登って来る人がいました。
軽装の観光客っぽい人も多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょい下から。
この時点で既に15時を過ぎていますが、まだ登って来る人がいました。
軽装の観光客っぽい人も多かった。
1
駐車場に戻ると、まだまだ沢山の車が残っていました。
ほとんどが午後から登り始めた人のでしょうが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ると、まだまだ沢山の車が残っていました。
ほとんどが午後から登り始めた人のでしょうが。
1
下山後、駒の湯温泉へ。
岩手・宮城内陸地震で被災後、去年から日帰り温泉施設として復活。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、駒の湯温泉へ。
岩手・宮城内陸地震で被災後、去年から日帰り温泉施設として復活。
1
足湯もあります。
ぬる目の硫黄泉が、疲れた体に染みる〜(*´▽`*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足湯もあります。
ぬる目の硫黄泉が、疲れた体に染みる〜(*´▽`*)
2

感想/記録
by ryosui

アップ遅くなってすみません。

いや〜、たっぷり堪能しました(*´∀`)♪
日照不足のせいか、例年より色付きが弱いとは言え、やはり栗駒山の紅葉は別格でした。

前日の、乳頭山〜秋田駒縦走の疲れと足の張りが若干残っていたものの、登ってみれば、美しい紅葉と、今までで一番の眺望の良さに、疲れも忘れてシャッターを押しまくっていました。
山頂からは、早池峰、岩手山、秋田駒ヶ岳、鳥海山、月山、朝日連峰、蔵王連峰等の東北の名だたる名峰と、東には太平洋まで見渡せる大展望。
それらが、日本一とも言われる紅葉とセットで楽しめる、素晴らしい山行でしたd=(^o^)=b

ただ、有名になりすぎたせいか、普段全く山に縁が無さそうな軽装の観光客の姿が、かなり多く見受けられました。
中央コースはスニーカーでも平気なくらい整備されているので、そういう人が多いのも分からないではないのですが、明らかに今山頂まで行ったら帰りは真っ暗になる、という時間に登る人もいる始末。
一応そういう人達には声をかけましたが、何かしら対策が必要だと思うんですがね〜(^_^;)
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ