また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

栗駒山(くりこまやま) / 須川岳

最終更新:Kenny_Alpha
基本情報
標高 1626m
場所 北緯38度57分39秒, 東経140度47分18秒
カシミール3D
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

栗駒山(くりこまやま)は、山体が宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山である。標高は1,626m。山頂部は宮城県と岩手県の境界になっている。奥羽山脈に属し、焼石岳や神室山とともに栗駒国定公園や栗駒山・栃ヶ森周辺森林生態系保護地域として指定されている。二百名山の一つ。
山名の由来は、初夏の山頂西側に馬の雪形が現れることから。別名を須川岳(すかわだけ)・酢川岳(すがわだけ)・大日岳(だいにちだけ)・駒ヶ岳(こまがたけ)などとも呼ばれる。
栗駒山は、安山岩やデイサイトを主な岩質とする成層火山であり、活火山に指定されている。約80万年前以降に活動を開始し、最新噴火は1944年11月20日で、小規模な水蒸気噴火を起こし昭和湖を形成した。それ以前の有史の記録では江戸時代の1744年2月3日の噴火がある。山頂の北側にある約11万年前に形成された平坦な溶岩ドームの剣岳では、噴気活動が盛んで東斜面で樹木の枯死が生じている。
山頂の北側には北西方向に開口する、直径およそ2.2kmの馬蹄形のカルデラがあり。岩屑なだれは東西2.5km、南北4kmの範囲に分布している。
山頂への登山コースが9本ある。山頂部は高木がなく眺めが良い。日本百名山を著した深田久弥は、その後書きの中で、「東北では秋田駒ヶ岳と栗駒山を百名山にいれるべきであったかもしれない」と述懐している
2008年の岩手・宮城内陸地震により、山体南東麓で大規模な地すべり(荒砥沢地すべり)が発生した。宮城県側の周辺には須川、駒ノ湯、温湯、湯ノ倉、湯浜等の温泉が点在するが、地震による影響で休業や廃業に追い込まれる被害を受けた。また、登山道も地震の影響を受けており、裏掛(新湯)コースなど崩落のため通行禁止となっている箇所もある。
火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「栗駒山」 に関連する記録(最新10件)

栗駒・早池峰
  7    10  1 
2020年12月28日(日帰り)
栗駒・早池峰
  50     49  3 
syasyuwaquekurikomania, その他2人
2020年12月28日(日帰り)
栗駒・早池峰
  18    18 
2020年12月13日(日帰り)
栗駒・早池峰
  15     45  5 
syasyumommutkurikomania, その他2人
2020年12月06日(日帰り)
栗駒・早池峰
  30    12 
2020年11月22日(日帰り)
栗駒・早池峰
  36    38 
ad70s, その他1人
2020年11月17日(日帰り)
栗駒・早池峰
  63    64 
2020年11月15日(日帰り)
ページの先頭へ