ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 976129 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

岩菅山・裏岩菅へ 東舘・寺小屋・おまけに西館へ

日程 2016年10月08日(土) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中野IC 中野市・山ノ内町 志賀草津ルート 高天原へ
高天原リフト前に無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間10分
合計
8時間0分
S高天原リフト乗り場06:4007:30東館山1994m08:00寺小屋峰2125m08:10赤石山との分岐09:20ノッキリ09:3009:50岩菅山2295m10:0010:50裏岩菅山2341m11:0011:30岩菅山12:0012:20ノッキリ13:10アライタ沢出合13:20聖平の上との分岐14:10高天原リフト乗り場14:20西館山1756m14:3014:40高天原リフト乗り場14:40ホテル銀嶺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 5:00 安曇野穂高発 安曇野IC~中野IC
 6:40 志賀高原 高天原着
<復路>
14:50 高天原発
16:40 自宅着
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない
その他周辺情報志賀高原 高天原・発哺・熊の湯温泉
山ノ内町 湯田中渋温泉
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

高天原スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原スタート
1
東館に登る途中より西館山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東館に登る途中より西館山
1
東館より岩菅山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東館より岩菅山
寺小屋スキー場より裏岩菅・岩菅山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺小屋スキー場より裏岩菅・岩菅山
北アルプス・高妻山・妙高山
手前 東舘山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス・高妻山・妙高山
手前 東舘山
寺小屋峰への登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺小屋峰への登山口
高妻山・妙高
手前 東舘山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山・妙高
手前 東舘山
1
寺小屋峰山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺小屋峰山頂
1
赤石山との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石山との分岐
分岐より裏岩菅・岩菅山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐より裏岩菅・岩菅山
1
岩菅山
寺子屋峰からの稜線より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山
寺子屋峰からの稜線より
岩菅登りより寺小屋峰からの稜線振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅登りより寺小屋峰からの稜線振り返る
岩菅山頂より北アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山頂より北アルプス
1
山頂より横手山・寺小屋峰
奥に四阿山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より横手山・寺小屋峰
奥に四阿山
浅間山・横手山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山・横手山
赤城・榛名・妙義
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城・榛名・妙義
岩菅山山頂より
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂より
裏岩菅山頂より
鳥甲山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏岩菅山頂より
鳥甲山
裏岩菅山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏岩菅山山頂
焼額山
スキーコースがくっきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼額山
スキーコースがくっきり
笹が刈られていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が刈られていた
1
笹が刈られたばかり
秋山郷切明まで歩きやすいとのこと
この時期が縦走のチャンス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が刈られたばかり
秋山郷切明まで歩きやすいとのこと
この時期が縦走のチャンス
浅間山・白根山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山・白根山
岩菅山に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山に戻る
アライタ沢に下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アライタ沢に下る
聖平の上との分岐
一ノ瀬・高天原へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖平の上との分岐
一ノ瀬・高天原へ向かう
高天原へ戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原へ戻る
高天原から西館山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原から西館山へ
西館から東舘山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西館から東舘山
西館より笠岳・志賀山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西館より笠岳・志賀山
西館山頂に立つ電源施設
3棟建つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西館山頂に立つ電源施設
3棟建つ
西館リフト上部より東舘方面
安曇野産シナノスイート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西館リフト上部より東舘方面
安曇野産シナノスイート
1
高天原へゴール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原へゴール
1

感想/記録

2016(平成28年)10月7日(金)

岩菅山・裏岩菅山へ

「35 ノッキリどっきり 裏菅へ」

35年ぶりの岩菅山を目指した。
一ノ瀬スキー場からノッキリへ、
そこから岩菅山までの集団登山だった。
どんな山だったのかほとんど覚えていない。

そして志賀高原は私の「山へ」の原点。
山に登るというよりは
湿原地帯や小さな池をめぐることだった。
ほぼ志賀高原のルートは歩いていると思っている。
その中でも、ひょうたん池に咲くワタスゲの風景が印象的だ。

登っているが忘れてしまっている岩菅山の様子。
そして岩菅山の先に裏岩菅山が聳え、
そこままで足を伸ばしてみたいという思いもあった。
さらに聖平ノ上からの登山道を歩いたことがなく、
歩いてみたいという目的もあった。

欲張って、
東館山、西館山、寺小屋山も登り、
周回するコースをたどってみた。

高天原のスキー場をリフト沿いに登り一気に東舘山へ。
最高の天気で、東舘・高天原のゲレンデから振り返ると
遠く北アルプスの山々まで水平線のように見ることができた。

寺小屋峰は寺小屋スキー場へ出て、
リフト最上部から登山口をわずかばかり登ったところだ。
山頂からの展望はなく、シラビソに覆われ
森林の香りが気持ちよく漂ってきた。

寺小屋峰の先に赤石岳との分岐があり、
その先のノッキリまでの稜線は展望も良く
正面に日を浴びる岩菅山、裏岩菅山を望みながら、
右手には上州の山々がすばらしいシルエットとなり見渡せた。
ごつごつした美しい山並が多く妙義、榛名、赤城それに谷川岳、
さらには尾瀬・日光などの山々も見えていたのだろう。

ノッキリから先は急峻な登りとなる。
岩、ガレ場が出てきて気をつけながら山頂を目指す。
振り返ると横手山の電波塔が手に取るように見えた。

岩菅山の山頂は
初めて登った山と同じ感覚だった。
どんなに印象的な山であっても時間の経過とともに忘れてしまう。
35年ぶりの山頂は正に新鮮そのものだった。
900座近いピークを踏み、その最初の頃のピークは
なかなか思い出せないのが現実だ。

山頂からは360度の大展望が広がり、
北アルプス、北信五岳、頸城の山々、それに富士も見ることができた。
その中でも間近な焼額の山が目を引いた。
山肌に描かれたゲレンデの模様が
山頂から麓へ流れるように描かれ、その様は面白く見えた。
スキーで何度も滑っているルートだけに
1本1本のゲレンデの状況が手に取るように分かった。

裏岩菅山への登山道は起伏はあるが快適な山道で、
笹原が美しく高原歩きを楽しめた。

裏岩菅山の展望は
苗場山、佐武流山、白砂山へと広がる。
さらに鳥甲山が間近に見えた。
遠くには上越の山々が見えているが全く山名とつながらなかった。

下山はノッキリからアライタ沢へ
期待していた紅葉は、すでに終わったのか色あせてしまっていた。
アライタ沢から高天原への水路沿いの長い道を歩き、
最後に高天原から西館山へと締めくくった。

岩菅山・裏岩菅山の大きさ美しさを感じ、
展望の雄大さを強く心に刻んだ。
忘れてしまっていた岩菅山を呼び戻したようだ。

ふるちゃん
訪問者数:241人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 高原 ガレ リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ