ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978123 全員に公開 ハイキング白神山地・岩木山

岩木山

日程 2016年10月09日(日) [日帰り]
メンバー starman
天候曇のち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤倉神社駐車場
10台程度駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間9分
休憩
1時間51分
合計
8時間0分
S赤倉コース登山口06:0306:24行者小屋06:2907:13岩木山赤倉コース 冬季下山時注意地点07:30伯母石07:4108:16鬼の土俵08:1908:33大開き09:32赤倉御殿09:3709:39赤倉山09:4209:43聖観音09:4609:56巌鬼山09:5810:24耳成岩10:2810:30弥生登山道九合目10:3110:36岩木山11:1911:20岩木山山頂避難小屋11:2511:27耳成岩11:2811:48巌鬼山11:5011:58聖観音12:0112:02赤倉山12:08赤倉御殿12:40大開き12:49鬼の土俵12:5413:09伯母石13:2013:25岩木山赤倉コース 冬季下山時注意地点13:2613:46行者小屋13:4914:03赤倉コース登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤倉コース全体的に前日の雨のせいか先日の台風の影響でしょうか登山道がぬかるんでいます。

赤倉神社ー伯母石 危険な箇所はありません。登山道がぬかるんでいます。
伯母石ー鬼の土俵 石の登山道が雨に濡れて滑り易く転倒転落に注意が必要です。
鬼の土俵ー耳鳴山 石の登山道が雨に濡れて滑り易く、クマザサなどが登山道を覆っている箇所があり注意が必要です。
耳鳴山ー岩木山  危険な箇所はありませんが、稜線や山頂では風の影響を受けますので注意が必要です。
その他周辺情報鰺ヶ沢キャンピングパーク
www.aptinet.jp/Detail_display_00001034.html
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 虫よけスプレー
備考 稜線上や山頂では風の影響を受けるので、手袋とソフトシェルは必須です。
ビーニーやバラクラバなど防寒具の備えもあった方が良いでしょう。
今回は未使用でしたが、万一に備えて靴下の予備はあった方が良いでしょう。

写真

おはようございます。岩木山登頂のため鰺ヶ沢キャンピングパークにテント泊・・・大雨のためバンガローに緊急避難しました。
2016年10月09日 04:06撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます。岩木山登頂のため鰺ヶ沢キャンピングパークにテント泊・・・大雨のためバンガローに緊急避難しました。
1
朝食はバターロールパンにフカヒレスープにドライフルーツです。
2016年10月09日 04:19撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食はバターロールパンにフカヒレスープにドライフルーツです。
1
車窓からの岩木山です。雲がかかっています。ちょっと先行きが不安になりました。
2016年10月09日 05:41撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車窓からの岩木山です。雲がかかっています。ちょっと先行きが不安になりました。
2
大石神社です。
2016年10月09日 05:48撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石神社です。
1
赤倉神社です。車両はここまで入れます。
ここからスタートです。
2016年10月09日 06:02撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉神社です。車両はここまで入れます。
ここからスタートです。
1
神社脇にこの道標があります。
2016年10月09日 06:04撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社脇にこの道標があります。
この橋を渡って行きます。
2016年10月09日 06:06撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡って行きます。
行者小屋に来ました。
2016年10月09日 06:22撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋に来ました。
ここから本格的な登りになります。
2016年10月09日 06:24撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的な登りになります。
1
秋の気配を感じながら気分良く進みます。
2016年10月09日 06:31撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の気配を感じながら気分良く進みます。
ブナ林に癒されます。
2016年10月09日 06:55撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に癒されます。
2
伯母石に来ました。左側を行きます。
2016年10月09日 07:25撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伯母石に来ました。左側を行きます。
この辺りから紅葉が始まっています。
2016年10月09日 07:28撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから紅葉が始まっています。
3
津軽平野を望みます。
2016年10月09日 07:30撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
津軽平野を望みます。
1
楓が色付いて何かを予感させてくれます。
2016年10月09日 07:34撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓が色付いて何かを予感させてくれます。
オオカメノキも色付いています。ここから小雨が降ってきました。
2016年10月09日 07:35撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキも色付いています。ここから小雨が降ってきました。
1
稜線を捉えました。雲は厚いですが、紅葉は良い具合の色付きです。
2016年10月09日 07:38撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を捉えました。雲は厚いですが、紅葉は良い具合の色付きです。
1
鬼の土俵に来ました。一瞬空が明るくなりました。
錦秋の山肌を見せてくれました。
2016年10月09日 08:18撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼の土俵に来ました。一瞬空が明るくなりました。
錦秋の山肌を見せてくれました。
2
角度を変えて稜線に目を向けます。
2016年10月09日 08:18撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度を変えて稜線に目を向けます。
3
松ぼっくりが雨に濡れてかわいいです。
2016年10月09日 08:44撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ぼっくりが雨に濡れてかわいいです。
2
正観音に来ました。
一刻一刻雨脚が強くなっています。
2016年10月09日 08:50撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正観音に来ました。
一刻一刻雨脚が強くなっています。
1
第26番観音崩落場所ですが、視界不良につき確認不可能です。
トラロープが張られています。
2016年10月09日 09:12撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第26番観音崩落場所ですが、視界不良につき確認不可能です。
トラロープが張られています。
登山道が笹薮で塞がれていて、足元を確認しながら進みます。
2016年10月09日 09:51撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が笹薮で塞がれていて、足元を確認しながら進みます。
1
この辺りから白樺林になっています。
2016年10月09日 09:52撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから白樺林になっています。
1
大鳴沢源頭部に来ました。
2016年10月09日 09:56撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鳴沢源頭部に来ました。
3
登山道脇の赤や黄色に励まされて行きます。
2016年10月09日 10:13撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇の赤や黄色に励まされて行きます。
1
前が開けました。
2016年10月09日 10:37撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前が開けました。
岩木山山頂を踏みました。
強風が吹いています。立っているのがようやくです。(体感推定風速20m/sec 気温5℃)
2016年10月09日 10:40撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩木山山頂を踏みました。
強風が吹いています。立っているのがようやくです。(体感推定風速20m/sec 気温5℃)
5
大町桂月の歌碑です。
「四方八方の 千万の 山を見下して 心にかかる 雲もなき哉」
2016年10月09日 10:58撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大町桂月の歌碑です。
「四方八方の 千万の 山を見下して 心にかかる 雲もなき哉」
1
岩木山山頂よりの眺望です。ものすごい勢いの上昇気流が雲を運んでいます。少し我慢して様子を見てみます。
2016年10月09日 11:09撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩木山山頂よりの眺望です。ものすごい勢いの上昇気流が雲を運んでいます。少し我慢して様子を見てみます。
少し視界が開けました。追子森方面が見えました。
雲の陰から錦秋の絨毯を俯瞰します。
2016年10月09日 11:14撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し視界が開けました。追子森方面が見えました。
雲の陰から錦秋の絨毯を俯瞰します。
1
岩木山八合目の駐車場が左手に見えます。
2016年10月09日 11:14撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩木山八合目の駐車場が左手に見えます。
1
西法寺森方面・・・嗚呼これが限界のようです。
2016年10月09日 11:14撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西法寺森方面・・・嗚呼これが限界のようです。
名残り惜しいのですが、これより下山します。
2016年10月09日 11:18撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残り惜しいのですが、これより下山します。
1
耳鳴山に戻って来ました。
2016年10月09日 11:27撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
耳鳴山に戻って来ました。
下山時は濡れた石は良く滑るので要注意!
2016年10月09日 11:35撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時は濡れた石は良く滑るので要注意!
ここから霰に打たれれます。直径2mmの粒が分かりますか?
2016年10月09日 11:40撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから霰に打たれれます。直径2mmの粒が分かりますか?
登山道の石に付着した白色透明な霰が見えますか?
2016年10月09日 11:43撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の石に付着した白色透明な霰が見えますか?
大開きまで戻って来ました。雨や風で今まで紅葉の事を忘れていました。
2016年10月09日 12:35撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大開きまで戻って来ました。雨や風で今まで紅葉の事を忘れていました。
2
本日一番の難所となりました伯母石です。雨で濡れた石は良く滑ります。
2016年10月09日 13:13撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日一番の難所となりました伯母石です。雨で濡れた石は良く滑ります。
向かって右から伯母石まで戻って来ました。
2016年10月09日 13:19撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かって右から伯母石まで戻って来ました。
雑木林に安堵します。
2016年10月09日 13:51撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑木林に安堵します。
2
赤倉沢の水流に感謝です。
2016年10月09日 13:59撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉沢の水流に感謝です。
無事に下山しました。
2016年10月09日 14:02撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山しました。
1
撮影機材:

感想/記録

東北にある百名山で未踏峰であり紅葉が期待できる岩木山に行って来ました。
登山ルートは常に整備されていて、最も登り易いとされる赤倉神社⇔伯母石⇔鬼の土俵⇔耳成山⇔岩木山としました。

この日は駐車場が混むと予想して日の出位に到着しましたが、筆者が一番乗りでした。ちょっと拍子抜け感を抱きながら曇天の中をスタートしました。

期待の紅葉は始まっていましたが、確認できたのは登行時の「鬼の土俵」まででした。伯母石で小雨に降られます。その後は段々と強まる雨に耐え、稜線では風に耐え、視界不良の中を山頂を目指す山行に切り替わりました。
暴風が吹く山頂での眺望は全方位ナッシングでした。これでは来た甲斐がありません。立っていられないくらいもの凄い勢いの上昇気流が雲を運んでいたので、少し寒さを我慢して様子を見てみます。すると雲の陰から追子森方面の錦秋の絨毯を僅かな時間でしたが望む事ができました。
この一瞬のために寒さに震えながら時間を費やした事は無駄ではなかったと感じています。
帰路はさらに雨から霰に打たれます。巌鬼岩や伯母石では雨により滑り易くなっているため、転倒・転落の危険がありました。
無事に下山できたのは第三十三番観音が見守って下さったのかと感謝したい気持ちで一杯です。
訪問者数:164人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ