ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978156 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走朝日・出羽三山

大朝日岳(古寺鉱泉からピストン)

日程 2016年10月10日(月) [日帰り]
メンバー ao_hachi
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
⬛駐車場
古寺鉱泉 約20台程駐車場可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
⬛登山ポスト
朝陽館入り口にポストあり。

⬛古寺鉱泉〜小朝日岳〜大朝日岳
登山道明瞭。危険箇所無し。
朝陽館の裏手から登山道に入り、
初めはつづら折りに登り、その後尾根に乗る。
ハナヌキ峰分岐までは徐々に標高を上げ、
古寺山までは少し急登が続く。
小朝日岳はどのルートを通っても急登。
古寺山からは小朝日岳の巻き道あり。
小朝日岳からは一旦鞍部へ降り、そこから大朝日岳へ向けて
再び徐々に標高を上げていく。

⬛水場
一服清水:豊富。冷たくて旨い。
三沢清水:豊富。夏場は過ぎたので冷たい。
銀玉水:豊富。問答無用の安定感。
その他周辺情報朝日町 りんご温泉 300円

写真

古寺鉱泉から出発。
忘れ物して一旦戻る。
2016年10月10日 06:59撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺鉱泉から出発。
忘れ物して一旦戻る。
3
古寺山へは朝陽館を左側から回って登山道へ。
登山ポストは入り口左側の柱の白い箱です。
2016年10月10日 07:10撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山へは朝陽館を左側から回って登山道へ。
登山ポストは入り口左側の柱の白い箱です。
4
朝陽館裏手。
案内に従って右側へ進む。
以前はトラロープが無く直進して泥濘地獄へ入る方も居たので分かりやすくなった。
2016年10月10日 07:10撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽館裏手。
案内に従って右側へ進む。
以前はトラロープが無く直進して泥濘地獄へ入る方も居たので分かりやすくなった。
2
お約束の合体の樹
2016年10月10日 07:26撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の合体の樹
1
一服清水。
冷たくて旨い!
2016年10月10日 07:55撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服清水。
冷たくて旨い!
1
古寺山方面。
肉眼だと結構紅葉しているが撮影技術に乏しく綺麗に撮れず。
2016年10月10日 08:00撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山方面。
肉眼だと結構紅葉しているが撮影技術に乏しく綺麗に撮れず。
2
赤、オレンジ、黄、緑。
色とりどり。
2016年10月10日 08:05撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤、オレンジ、黄、緑。
色とりどり。
1
三沢清水。
冷たかった!
2016年10月10日 08:20撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三沢清水。
冷たかった!
2
古寺山到着。
2016年10月10日 08:37撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山到着。
3
大朝日岳〜西朝日岳はすっぽり雲に覆われている…。
2016年10月10日 08:37撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳〜西朝日岳はすっぽり雲に覆われている…。
3
今回は小朝日岳を踏む。
2016年10月10日 09:01撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は小朝日岳を踏む。
1
お!
ちょっとずつ大朝日岳が顔を出し始めた。
2016年10月10日 09:01撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お!
ちょっとずつ大朝日岳が顔を出し始めた。
3
よしよし。
所々、陽も当たり始めた!
2016年10月10日 09:05撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よしよし。
所々、陽も当たり始めた!
4
この時期に登る理由の一つが
このダケカンバを見たいから。
2016年10月10日 09:27撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期に登る理由の一つが
このダケカンバを見たいから。
3
銀玉水。安心と信頼の清水です。
帰りにも寄ったら、登りでスライドした大江町のおじ様が休憩しており、世間話しをしつつ温泉卵を頂く。
2016年10月10日 09:39撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀玉水。安心と信頼の清水です。
帰りにも寄ったら、登りでスライドした大江町のおじ様が休憩しており、世間話しをしつつ温泉卵を頂く。
4
大朝日岳避難小屋到着。
昨日は50人位の宿泊者だったとか。大人気ですね〜。
2016年10月10日 09:58撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳避難小屋到着。
昨日は50人位の宿泊者だったとか。大人気ですね〜。
2
大朝日岳登頂。今年三回目。
山頂が近くなってからガスに覆われ始め、視界無し…(*_*)
2016年10月10日 10:10撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大朝日岳登頂。今年三回目。
山頂が近くなってからガスに覆われ始め、視界無し…(*_*)
5
少し降りて中岳方面もガッスガス。
2016年10月10日 10:21撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し降りて中岳方面もガッスガス。
1
さらに降りるとまた少し顔を覗かせ始める。
なんてこった!
2016年10月10日 10:35撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに降りるとまた少し顔を覗かせ始める。
なんてこった!
1
こんなに寒くても頑張るヤマハハコ。
2016年10月10日 10:37撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに寒くても頑張るヤマハハコ。
2
小朝日レッド。
雲が多いけど、赤は鮮やか。
2016年10月10日 10:37撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日レッド。
雲が多いけど、赤は鮮やか。
4
サクッと下り続け、一服清水を過ぎるとまだまだブナは緑色。
2016年10月10日 12:21撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクッと下り続け、一服清水を過ぎるとまだまだブナは緑色。
1
ん??
これはツキヨタケってやつ??
2016年10月10日 12:28撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん??
これはツキヨタケってやつ??
2
古寺鉱泉到着〜。
キンキンに冷たい川でアイシング。
2016年10月10日 12:49撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺鉱泉到着〜。
キンキンに冷たい川でアイシング。
2
おまけ 
朝日鉱泉へのルート調査。
古寺鉱泉から朝日鉱泉へ向かった場合、このT地路にぶつかります。朝日鉱泉はここを右折し約7km。ここまでは片側一車線の舗装路。
2016年10月10日 13:23撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ 
朝日鉱泉へのルート調査。
古寺鉱泉から朝日鉱泉へ向かった場合、このT地路にぶつかります。朝日鉱泉はここを右折し約7km。ここまでは片側一車線の舗装路。
2
おまけ◆
朝日鉱泉へのルート調査。
,T地路の左折。ここから約6kmは舗装路のすれ違い不可で所々待避場所あり。一部フラットダート。その後、片側一車線の舗装路を約5kmで朝日町中心部へ。
2016年10月10日 13:23撮影 by SO-01H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ◆
朝日鉱泉へのルート調査。
,T地路の左折。ここから約6kmは舗装路のすれ違い不可で所々待避場所あり。一部フラットダート。その後、片側一車線の舗装路を約5kmで朝日町中心部へ。
3

感想/記録

なかなか天気予報がスッキリしない三連休。

何処かの山へは行きたいので天気予報とにらめっこしながら色々調査する。
候補は初の北アルプス三股からの常念岳と蝶ヶ岳周回ルート、岩手山の馬返しルート、飯豊連峰の川入ルートの3つを挙げてみる。結果、天気予報が曇りだが飯豊連峰の川入ルートに決定。
10日早朝から登り出そうと登山口に着くも小雨が止まず、さらには雨雲レーダーでも雨雲接近中…。外気温の低さもあいまって、あっさり心が折れました(*_*)
仕方ないと割りきって帰り始めるが長井市辺りでは日の出が見れたので、急遽、古寺鉱泉から大朝日岳を目指す事に決定!このルートは一年に一度は登ろうと思っていて、あと1,2週間後かなと考えていたが、丁度良いタイミングかなと割りきることが出来た。

到着時間が遅かったが、なんとかギリギリ古寺鉱泉に駐車でき、即準備して登山開始。紅葉はハナヌキ峰までは所々、古寺山以降は本格的な紅葉といったところでしょうか。ただ、最近雨が多いせいで、色づきが良くない気も。
曇り空だが雨が降ることはなく、小朝日岳からは時折大朝日岳が見えたり、紅葉が綺麗だったり、ダケカンバが素晴らしかったりと色々楽しませてくれる。
残念ながら頂上はガスだったが、少し標高を下げると辺りは見回せる事が出来たので、どこの山も天気予報が良くなかった割にはまだ良い方だったのかな〜。

防寒対策は必須じゃないと山へは厳しい季節になってきました。今シーズンも僅か。あと何回行けることやら。
訪問者数:425人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/6
投稿数: 311
2016/10/12 19:53
 いつも参考にさせていただいています。
こんばんは☺
はじめまして。ao_hachiさんが以前、二日間に渡って岩木山、八甲田山と行ったのを見て、同じ宮城の方がいったなら、行けるかもと思い、私も思い切っていってみました。あの時aohachiさんのレコを見なかったら、行っていないと思います。
ありがとうございました。以前のレコで軽トラックの荷台に乗せてもらったことや、とても楽しくて、行動力のある方なんですね。
朝日岳まだ行っていないので、いつかは行きたいのですが、来年ですかね☺
これからも楽しみにしています。
登録日: 2015/7/26
投稿数: 22
2016/10/12 22:09
 Re: いつも参考にさせていただいています。
sakura1029さん、コメントありがとうございます!
岩木山、八甲田山行ってましたね!
一泊で二座って意外と行けるものでしたね(^_^)
自分が行った時は八甲田山が天候不良で岩木山は八合目からだったので、
機会があればまたトライしたいと思ってます。
sakura1029さんみたいに酸ヶ湯温泉泊も良さげだなぁと思ってレコ見てました!

軽トラの荷台乗りましたね〜(^_^)
あの時の山行はとても印象に残ってます!

朝日連峰は自分もまだ未踏のルートが沢山あるのでまだまだ通いそうです(^o^)
初めて行くなら古寺鉱泉からが雰囲気を掴むにはオススメです。一度行くとクセになりますよ(^_^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ