ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 978964 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

強風の高妻山と恐怖の戸隠山

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー tsktty, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間18分
休憩
24分
合計
7時間42分
S戸隠牧場入口09:5310:01弥勒尾根コース分岐10:0210:08ゲート10:52帯岩10:5711:22一不動(避難小屋)12:30五地蔵山12:3213:05八観音13:0714:05高妻山14:1514:58八観音15:35五地蔵山15:3816:28弥勒尾根1596m点17:07弥勒尾根入口17:0817:15弥勒尾根コース分岐17:20戸隠牧場入口17:35戸隠キャンプ場
2日目
山行
5時間43分
休憩
16分
合計
5時間59分
戸隠奥社入り口07:1107:28随神門07:2907:49戸隠神社奥社07:5009:30蟻の戸渡09:3309:45八方睨10:05戸隠山10:0810:53九頭龍山11:37一不動(避難小屋)11:4412:07帯岩12:0812:48ゲート12:53弥勒尾根コース分岐13:02戸隠牧場入口13:10手打ちそば岳G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日分をまとめての記録です。1日目は、戸隠キャンプ場のロッジからの出発、すぐに戸隠牧場の入り口となり、一不動避難小屋から高妻山に登り、下山は弥勒尾根で牧場に降りロッジまでの行程です。
2日目は戸隠奥社入り口からの出発し一不動避難小屋から牧場へ降りるルートなので、ロッジから奥社入り口までのルートは実際には歩いてません。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

高妻山へのアプローチが見えてきたので、時間は遅いけど高妻山へ出発することに。
一日目は一人での山行となりました。
先ずは、一不動避難小屋へ。
2016年10月09日 09:52撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山へのアプローチが見えてきたので、時間は遅いけど高妻山へ出発することに。
一日目は一人での山行となりました。
先ずは、一不動避難小屋へ。
1
キノコがわんさかと。
2016年10月09日 10:43撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコがわんさかと。
1
よく見る写真の滑滝。
2016年10月09日 10:47撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見る写真の滑滝。
1
トラバースにも鎖が設置。
2016年10月09日 10:58撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースにも鎖が設置。
氷清水。冷たくて美味い。
2016年10月09日 11:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷清水。冷たくて美味い。
一不動避難小屋に到着。
2016年10月09日 11:23撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一不動避難小屋に到着。
二釈迦。
この辺りから、北からの風が強く、飛ばされそぉ〜なんてちょっと思った、、、、ポーチの外にぶら下げたモンベルの温度計は6〜7度くらい。寒い〜〜
2016年10月09日 11:33撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二釈迦。
この辺りから、北からの風が強く、飛ばされそぉ〜なんてちょっと思った、、、、ポーチの外にぶら下げたモンベルの温度計は6〜7度くらい。寒い〜〜
1
たまに紅葉している木が現れる。
2016年10月09日 11:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに紅葉している木が現れる。
三文殊。
2016年10月09日 11:44撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三文殊。
一番右が、多分、五地蔵山かな。
2016年10月09日 11:47撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番右が、多分、五地蔵山かな。
1
四普賢を見逃した。
五地蔵。
2016年10月09日 12:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四普賢を見逃した。
五地蔵。
五地蔵山の山頂。
2016年10月09日 12:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山の山頂。
1
黒姫山が見えます。
2016年10月09日 12:27撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒姫山が見えます。
1
六弥勒に到着。
2016年10月09日 12:31撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六弥勒に到着。
六弥勒のそばに、下山時に使う弥勒尾根への分岐点があります。
2016年10月09日 12:31撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六弥勒のそばに、下山時に使う弥勒尾根への分岐点があります。
七薬師。
2016年10月09日 12:37撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七薬師。
八観音。
ここで2053m。山頂まであと300m。
2016年10月09日 13:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八観音。
ここで2053m。山頂まであと300m。
雲が切れた高妻山が見えてきた。
右の方に登山道が見えます。
2016年10月09日 13:11撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れた高妻山が見えてきた。
右の方に登山道が見えます。
1
振り返ると、戸隠連山が見え、右の方が西岳方面、破線ルート(一般登山道ではありません)です。
2016年10月09日 13:15撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、戸隠連山が見え、右の方が西岳方面、破線ルート(一般登山道ではありません)です。
九勢至。
2016年10月09日 13:18撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九勢至。
十阿弥陀。
このあと山頂に行きましたが、視界が悪く寒かったので、写真を撮り忘れましたぁ〜
しばらくしてから山頂から下山開始。
2016年10月09日 14:04撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十阿弥陀。
このあと山頂に行きましたが、視界が悪く寒かったので、写真を撮り忘れましたぁ〜
しばらくしてから山頂から下山開始。
1
どんどん下ります。
遠くに見える草原が戸隠牧場、宿泊している戸隠キャンプ場のそばです。
2016年10月09日 15:05撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下ります。
遠くに見える草原が戸隠牧場、宿泊している戸隠キャンプ場のそばです。
五地蔵からは、弥勒尾根に真っ直ぐ下りて下山。
ドロドロの急な登山道。滑らないように、転ばないようにと慎重に降りていくのがとっても大変でした。
先週に続き、ここも二度と歩きたくないドロドロの登山道でした!
2016年10月09日 16:50撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵からは、弥勒尾根に真っ直ぐ下りて下山。
ドロドロの急な登山道。滑らないように、転ばないようにと慎重に降りていくのがとっても大変でした。
先週に続き、ここも二度と歩きたくないドロドロの登山道でした!
1
牧場に到着。暗くなる前に下りてきました。
2016年10月09日 17:07撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場に到着。暗くなる前に下りてきました。
1
ここでコースのログ取りは終了。
2016年10月09日 17:07撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでコースのログ取りは終了。
翌日は、奥社入り口まで車で送っていただき、7時10分頃に出発。
奥社まで進み、登山道入り口から出発。
二日目は先輩に先導していただき、二人での山行です。
2016年10月10日 07:51撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は、奥社入り口まで車で送っていただき、7時10分頃に出発。
奥社まで進み、登山道入り口から出発。
二日目は先輩に先導していただき、二人での山行です。
結構な急騰が続き、少し登るとこんな絶壁がお目見え。
2016年10月10日 08:35撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な急騰が続き、少し登るとこんな絶壁がお目見え。
壁をくりぬいて登山道を作ったような感じですね。
2016年10月10日 08:42撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁をくりぬいて登山道を作ったような感じですね。
2
長い鎖場。
2016年10月10日 08:49撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖場。
1
鎖場は続く〜
2016年10月10日 08:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場は続く〜
1
下を見るとガスっていて景色は良く見えない。
2016年10月10日 09:02撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見るとガスっていて景色は良く見えない。
鎖を登って、、、、、
あの尖がったところが八方睨みかな?
2016年10月10日 09:05撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を登って、、、、、
あの尖がったところが八方睨みかな?
1
鎖でどんどん高度を稼ぎます。
2016年10月10日 09:14撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖でどんどん高度を稼ぎます。
1
ついに出たぁ〜
蟻の戸渡り!
ナイフリッジの天辺はちょっと丸くなってますが、幅は約40センチってとこかな。
2016年10月10日 09:21撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに出たぁ〜
蟻の戸渡り!
ナイフリッジの天辺はちょっと丸くなってますが、幅は約40センチってとこかな。
4
左の下を見たところ。
勿論馬乗りになって写真を撮りました。
馬乗りで進んだり、四つん這いで進んだり、立って歩いたりと大忙し。
2016年10月10日 09:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の下を見たところ。
勿論馬乗りになって写真を撮りました。
馬乗りで進んだり、四つん這いで進んだり、立って歩いたりと大忙し。
1
八方睨みに到着。
八方のガスを睨んでも何にもならないので、さっさと戸隠山の山頂に向かいます。
2016年10月10日 09:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨みに到着。
八方のガスを睨んでも何にもならないので、さっさと戸隠山の山頂に向かいます。
左が破線コースの西岳方面。勿論自分たちは右の実線コースで、昨日登った一不動からの下山コースを行きます。
2016年10月10日 09:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が破線コースの西岳方面。勿論自分たちは右の実線コースで、昨日登った一不動からの下山コースを行きます。
戸隠山山頂〜
何も見えず、、、、、
2016年10月10日 09:53撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山山頂〜
何も見えず、、、、、
3
たまに紅葉の木が見えるくらいかな。
2016年10月10日 10:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに紅葉の木が見えるくらいかな。
一不動避難小屋を通って牧場に到着。
ポニー乗り場。
2016年10月10日 12:55撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一不動避難小屋を通って牧場に到着。
ポニー乗り場。
1
白と黒に牛がちらほらいました。
この後牧場を出て下山完了。
近くの蕎麦屋さんで腹ごしらえ。
キャンプ場を出て、登山者用駐車場にて着替えて帰路につきます。
やっぱり関越道は混んでました!!
2016年10月10日 12:56撮影 by SC-02G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白と黒に牛がちらほらいました。
この後牧場を出て下山完了。
近くの蕎麦屋さんで腹ごしらえ。
キャンプ場を出て、登山者用駐車場にて着替えて帰路につきます。
やっぱり関越道は混んでました!!

感想/記録
by tsktty

泥濘が多く滑らないように歩くのが大変でした。特に、弥勒尾根の降り初めが気を遣って結構時間がかかりました。
ナイフリッジの蟻の戸渡りは今までの山行で一番の恐怖を感じたところでした。
訪問者数:246人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ