ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981113 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大雪山

トムラウシ山(東大雪荘コース)

日程 2016年10月11日(火) [日帰り]
メンバー oak2008
天候晴れ/雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東大雪荘100mほど手前に公共駐車場あり。トイレは24時間使用可能。(10月現在)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
3時間46分
合計
8時間4分
S東大雪荘05:3106:43温泉コース分岐06:4407:33カムイ天上11:1012:03温泉コース分岐12:1013:31東大雪荘13:3213:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
短縮路分岐までは登山道明瞭。標高を上げるにつれ積雪となり登山道は隠れる。
その他周辺情報東大雪荘の湯は熱いがlいい湯。(500円)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

十勝岳連峰
2016年10月11日 08:14撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳連峰
5
右の急坂を登りきると前トム平。一旦、カムイサンケナイ川まで下りこの急登に取り付く事になる。最後の試練の登り。滑落に注意が必要。
2016年10月11日 08:41撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の急坂を登りきると前トム平。一旦、カムイサンケナイ川まで下りこの急登に取り付く事になる。最後の試練の登り。滑落に注意が必要。
1
コケとつらら
2016年10月11日 09:36撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケとつらら
1
登山道には雪。
2016年10月11日 09:39撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には雪。
2
徐々に雪が増える。
2016年10月11日 11:07撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に雪が増える。
2
実にも雪
2016年10月11日 11:09撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実にも雪
1
登山口付近の紅葉
2016年10月11日 13:19撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の紅葉
3
登山口付近の紅葉
2016年10月11日 13:30撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の紅葉
7
登山口付近の紅葉
2016年10月11日 13:32撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近の紅葉
2
石狩山地「ニペの耳」
2016年10月11日 07:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩山地「ニペの耳」
13
威風堂々「ニペソツ山西面」
2016年10月11日 10:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
威風堂々「ニペソツ山西面」
21
前天狗からニペソツ山
2016年10月11日 10:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前天狗からニペソツ山
7
石狩山地西面。左から石狩岳、小石狩岳、川上岳と続く
2016年10月11日 10:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩山地西面。左から石狩岳、小石狩岳、川上岳と続く
11
撮影機材:

感想/記録

 トムラウシ短縮コースに通づる林道が閉鎖状態が続いているが、東大雪荘への道路が開通したとの情報によりトムラウシ山を目指してみる。東大雪荘までの道中からは白く色付いた大雪山系が目に入る。装備はアルパインで望む。
 出発から15分、忘れ物に気づき引き返す。往復で1km・・短縮コース分岐までの道のりは片道3kmほど時簡にして1時間10分(忘れ物の往復は除く)。徒歩道は険しくはない。
 短縮コース分岐を過ぎた辺りから雪が多くなる。次第に量は増し平均積雪20cm程度。吹きだまりは量が多く、さらにハイマツに雪が重くのしかかり登山道を塞いでいる箇所が多数。時間だけは着実に進む。なんとかクリアしながら行くも、コマドリ沢出合いで日帰りは無理と判断し引き返す。
 東大雪荘コースからのトムラウシも奥が深い。次の日短縮コースへの林道が開通したとの情報あり。冬の準備運動登山となった1日・・登山道から見えるニペソツ山、ウペペサンケ、石狩山地の山々がとても綺麗。しかしながら、トムラウシは最後まで顔を隠していた。
 短縮コースといえどもトムラウシは奥が深い。雪がなければ登山道は整備が行き届いているが、前トム平はガスに巻かれると道迷いのリスクは高くなる。しっかりとした装備でトムラウシ山に会いにくべきです。
訪問者数:450人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ