ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 981650 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山 周回コース(+鉄山)紅葉狩り

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー isaoclub
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
どこかに1500台駐車可ともありましたが確かに広い。紅葉シーズンなので警戒して朝4時前には到着したもののその時点で先客は30台あるかないか程度。とはいえ登山開始の7時頃には7割ほど埋まってました。無料駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
1時間41分
合計
6時間55分
S奥岳登山口06:5708:14勢至平分岐08:30金明水08:34塩沢分岐08:3808:46くろがね小屋09:27峰の辻09:3809:54峰ノ辻分岐09:58矢筈森10:13鉄山11:0411:18矢筈森11:31安達太良山12:0412:37仙女平分岐12:3813:06あだたらエクスプレス 山頂駅13:11薬師岳13:17五葉松平13:50奥岳登山口13:5113:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口からくろがね小屋までの旧道に多少の泥濘あり。コース自体は迷いようがないほどよく整備されています。
その他周辺情報登山口横に温泉施設あり(通常大人600円[JAF会員orリフトチケット持ちor割引券持ちは100円引き])。ただし休憩スペースはないので温泉のあとに寝っ転がることはできません。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

朝方3時50分頃到着。せっかくなので車の中でひと眠りする前に星空撮影。がら空きの駐車場ど真ん中にて撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方3時50分頃到着。せっかくなので車の中でひと眠りする前に星空撮影。がら空きの駐車場ど真ん中にて撮影。
3
朝の6時40分ごろでこの埋まり具合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の6時40分ごろでこの埋まり具合。
4
安達太良奥岳登山口標識。背負った朝日で自分の影が…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良奥岳登山口標識。背負った朝日で自分の影が…。
4
コース標識と地図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース標識と地図。
毎々地図は一応撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎々地図は一応撮影。
さあスタート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあスタート!
1
鳥川橋。ここで初めて「あだたら渓谷自然遊歩道」に気づく。登山口から鳥川橋までの間に、通常の登山道と「あだたら渓谷自然遊歩道」の2コースあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥川橋。ここで初めて「あだたら渓谷自然遊歩道」に気づく。登山口から鳥川橋までの間に、通常の登山道と「あだたら渓谷自然遊歩道」の2コースあり。
1
「あだたら渓谷自然遊歩道」の終点部を登山道側から撮影。鳥川橋前で通常の登山道と遊歩道とが合流。多少長くなっても歩くなら水の横を通る遊歩道が良かったんだけど、気づくの遅すぎ、自分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「あだたら渓谷自然遊歩道」の終点部を登山道側から撮影。鳥川橋前で通常の登山道と遊歩道とが合流。多少長くなっても歩くなら水の横を通る遊歩道が良かったんだけど、気づくの遅すぎ、自分。
2
さすがシーズン最盛期だけあって他様(お仲間)もたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがシーズン最盛期だけあって他様(お仲間)もたくさん。
2
歩きやすいつづら折りの馬車道と、森の中直登気味の旧道の2択。歩き始めでまだまだ元気なので旧道を選ぶも、足元が…。滑るし汚れるので途中で馬車道に変更(数回馬車道と旧道が合流するので都度選べる)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすいつづら折りの馬車道と、森の中直登気味の旧道の2択。歩き始めでまだまだ元気なので旧道を選ぶも、足元が…。滑るし汚れるので途中で馬車道に変更(数回馬車道と旧道が合流するので都度選べる)。
登山口からしばらくは紅葉もまだまだで緑の方が多し。ちらっちらっと見えてくるあの突起は安達太良山の山頂…だよね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からしばらくは紅葉もまだまだで緑の方が多し。ちらっちらっと見えてくるあの突起は安達太良山の山頂…だよね?
1
緑が強いとはいえ、もちろん紅葉している木もあり。写真は植物に疎い自分も何とか覚えたナナカマド。というか空が青い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が強いとはいえ、もちろん紅葉している木もあり。写真は植物に疎い自分も何とか覚えたナナカマド。というか空が青い!
2
勢至平到着。見どころ今一つだったので特に何するわけでもなく通過。看板曰く「レンゲツツジが群生し例年6月なかばに朱紅色の花が一面に咲く」そうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勢至平到着。見どころ今一つだったので特に何するわけでもなく通過。看板曰く「レンゲツツジが群生し例年6月なかばに朱紅色の花が一面に咲く」そうです。
1
くろがね小屋を通らず、一気に峰の辻まで至るショートカットルート。でもくろがね小屋付近の紅葉が見たいので道なりまっすぐで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋を通らず、一気に峰の辻まで至るショートカットルート。でもくろがね小屋付近の紅葉が見たいので道なりまっすぐで。
1
段々と見えてきた山肌の紅葉。期待度うp!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と見えてきた山肌の紅葉。期待度うp!
ウホッ!正面イイ黄イロ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウホッ!正面イイ黄イロ!
1
キタ――(゜∀゜)――!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キタ――(゜∀゜)――!!
2
キタワー.*:.。.:*・゜(n'∀')η゜・*:.。.:*!!☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キタワー.*:.。.:*・゜(n'∀')η゜・*:.。.:*!!☆
7
くろがね小屋前。撮影スキル低くて奥行きのある全面紅葉のダイナミック感を写真では伝えられないorz とにかくすごい綺麗。ただちょっと欲を言えばもう少し赤のパンチが添えられるともっとヤバイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋前。撮影スキル低くて奥行きのある全面紅葉のダイナミック感を写真では伝えられないorz とにかくすごい綺麗。ただちょっと欲を言えばもう少し赤のパンチが添えられるともっとヤバイ。
3
くろがね小屋から峰の辻へ向かう途中。振子沢?周辺。こちら側は基本緑で黄色少なめ、赤多め。これはこれで(・∀・)ィィ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くろがね小屋から峰の辻へ向かう途中。振子沢?周辺。こちら側は基本緑で黄色少なめ、赤多め。これはこれで(・∀・)ィィ
1
空が青い。ビバ晴天!山の中の庭っぽいエリア。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青い。ビバ晴天!山の中の庭っぽいエリア。
1
振り向くと高い空、黄色の山肌、二本松市内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向くと高い空、黄色の山肌、二本松市内。
1
峰の辻への登り道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻への登り道。
赤は「赤」なんだけど、遠くからみると微妙にくすむ「赤」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤は「赤」なんだけど、遠くからみると微妙にくすむ「赤」。
峰の辻到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻到着。
1
見えてきました。山頂です。おちくびさまです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました。山頂です。おちくびさまです。
2
峰の辻からダイレクトで乳頭ルートもあるけれど、男には先にやらねばならぬことがあるのです。ということで牛の背方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の辻からダイレクトで乳頭ルートもあるけれど、男には先にやらねばならぬことがあるのです。ということで牛の背方面へ。
1
牛の背到着。そして眼下に広がる…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の背到着。そして眼下に広がる…
異世界ならぬ爆裂火口跡。これまでの紅葉風景と突然現れた白い荒涼とした大地とのギャップが凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
異世界ならぬ爆裂火口跡。これまでの紅葉風景と突然現れた白い荒涼とした大地とのギャップが凄い。
3
爆裂火口跡を正面に、牛の背を左に向かうと安達太良山山頂(1700M)、右に向かうと鉄山山頂(1709M)。まあ、周回コース的には安達太良山方面なんだろうけど、コースから外れても9M高い鉄山へは寄らないとね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口跡を正面に、牛の背を左に向かうと安達太良山山頂(1700M)、右に向かうと鉄山山頂(1709M)。まあ、周回コース的には安達太良山方面なんだろうけど、コースから外れても9M高い鉄山へは寄らないとね。
1
爆裂火口跡を左に見ながら馬の背を歩いて鉄山山頂へ。直登かと思ったら回り込んでから山頂に至る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口跡を左に見ながら馬の背を歩いて鉄山山頂へ。直登かと思ったら回り込んでから山頂に至る。
三角点にタッチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ。
2
鉄山頂上付近に生えていた植物。これ何だっけ…。植物の名前ナナカマドしか覚えてないわ(;´・ω・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山頂上付近に生えていた植物。これ何だっけ…。植物の名前ナナカマドしか覚えてないわ(;´・ω・)
鉄山山頂でごはん食べて、牛の背まで戻り、安達太良山山頂へGO! なんか乳頭の上、人だらけなんだけどw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄山山頂でごはん食べて、牛の背まで戻り、安達太良山山頂へGO! なんか乳頭の上、人だらけなんだけどw
2
山頂直下到着。乳の先へ登るのに行列できとるw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下到着。乳の先へ登るのに行列できとるw
4
山頂到着。山頂の祠、単独で写真撮り忘れたたのでうpできんorz なので記念碑の方を。
 平國土安穏
●久萬民豊樂
久の上に文字欠けが見えることから元々はもっと長い記念碑だったのでしょう。
(天下泰)平、國土安穏
(●●長)久、萬民豊樂
こんな感じ?
皇紀二千六百年記念だそうです。それっていつよって思って調べたら西暦1940年とのこと。太平洋戦争の前年…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。山頂の祠、単独で写真撮り忘れたたのでうpできんorz なので記念碑の方を。
 平國土安穏
●久萬民豊樂
久の上に文字欠けが見えることから元々はもっと長い記念碑だったのでしょう。
(天下泰)平、國土安穏
(●●長)久、萬民豊樂
こんな感じ?
皇紀二千六百年記念だそうです。それっていつよって思って調べたら西暦1940年とのこと。太平洋戦争の前年…。
3
安達太良山山頂から南側を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂から南側を見る。
3
安達太良山山頂から西側を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安達太良山山頂から西側を見る。
1
仙女平分岐付近。薬師平方面の紅葉もお見事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙女平分岐付近。薬師平方面の紅葉もお見事。
1
遠くまで見渡せる広い景色に美しい紅葉。来てよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くまで見渡せる広い景色に美しい紅葉。来てよかった。
振り返ると今しがた通り抜けてきた紅葉の山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると今しがた通り抜けてきた紅葉の山。
1
ガチの登山客だけじゃなくて普通の靴でリフト使ってくる人もいるからこのあたりは整備が行き届いて非常に歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガチの登山客だけじゃなくて普通の靴でリフト使ってくる人もいるからこのあたりは整備が行き届いて非常に歩きやすい。
五葉松平より安達太良山頂を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五葉松平より安達太良山頂を望む。
リフトは乗らないので、薬師岳より一気に下山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトは乗らないので、薬師岳より一気に下山!
2

感想/記録

首都圏にてJR通勤している人はご存じでしょうが、今年は安達太良山のJRポスターがデカデカと各駅に貼ってあり、前から気になってはいたのですが抗しがたく思いつきで安達太良山へ。これまで福島の山というと那須岳の紅葉しか見たことが無かったのですが、安達太良山の紅葉もいいですね。くろがね小屋周辺の紅葉は絶景です。ちなみにくろがね小屋には温泉があり、荷物増えるので入浴に興味はなかったのですが、実際目の前にしたら温泉セット一式持ってくるべきだったと後悔。次回また来ることがあれば、温泉メインに!と心に決めて泣く泣く小屋を後にしました。山自体はコースもしっかりと整備されている上、シーズンだけあって人も多く、迷う余地がないというぐらいです。どこぞに書いてありましたが確かに登山デビューにはいい山です。
訪問者数:168人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ