ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987299 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

朳差岳【日本二百名山】〜奥胎内ヒュッテ〜

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥胎内ヒュッテへは、国道290号鼓岡から30分程。全線舗装路。
駐車場は奥胎内ヒュッテ手前に30台程。トイレはヒュッテの外にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
53分
合計
9時間37分
S奥胎内ヒュッテ05:5906:34足の松尾根コース登山口06:3707:15姫子ノ峰07:50英三ノ峰07:5108:05ヒドノ峰08:29イチジ峰08:3009:01西ノ峰09:0209:07大石山の分岐09:1209:49鉾立峰09:5310:17朳差小屋10:1810:22朳差岳10:4610:50朳差小屋10:5311:23鉾立峰11:2712:11大石山の分岐12:18大石山12:2212:32大石山の分岐12:35西ノ峰12:3613:03イチジ峰13:24ヒドノ峰13:38英三ノ峰14:17姫子ノ峰14:1814:48足の松尾根コース登山口15:29奥胎内ヒュッテ15:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は明瞭で迷うところはありません。
●奥胎内ヒュッテ〜足の松尾根登山口
前半は幅の広い舗装路です。帰りはダム工事の車両が行き来していました。途中右手に立派な橋が見えてきます。その橋は渡らず直進すると、未舗装路になります。足ノ松沢の橋を渡れば登山口です。登山ポストがあります。用紙、筆記具あり。
●足の松尾根登山口〜大石山
御用平のブナ林を過ぎると、急坂の連続です。松の生える痩せ尾根に注意が必要です。姫子ノ峰(760m)を過ぎても急坂と痩せ尾根が続きます。滝見場のすぐ先が英三ノ峰(940m)です。ここからは少し歩きやすくなります。ヒドノ峰(1080m)付近は迂回路が整備されています。イチジ峰(1265m)からは展望のある尾根となります。急坂を登り笹原となると大石山です。
●大石山〜朳差岳山頂
大石山からは展望の稜線歩きです。危険個所はありませんがアップダウンで体力を消耗します。鉾立峰は鋭鋒ですが、直登ではなく笹原をジグザグ登ります。
その他周辺情報奥胎内ヒュッテの日帰り入浴は16:00までなので注意。下山後終了まで30分もなかったので利用できませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

5時30分に奥胎内ヒュッテ手前の駐車場に到着し、準備後6時に出発します。気温は7℃でした。
2016年10月14日 05:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時30分に奥胎内ヒュッテ手前の駐車場に到着し、準備後6時に出発します。気温は7℃でした。
1
舗装路を20分程歩くと、右手に立派な橋とトンネルが見えてきます。この橋とトンネルからダム工事現場にアクセスしているようです。直進すると未舗装路になります。
2016年10月14日 06:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を20分程歩くと、右手に立派な橋とトンネルが見えてきます。この橋とトンネルからダム工事現場にアクセスしているようです。直進すると未舗装路になります。
しばらく未舗装路を歩いて、足ノ松沢に架かる橋を渡ると登山口です。
2016年10月14日 06:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく未舗装路を歩いて、足ノ松沢に架かる橋を渡ると登山口です。
登山者カードポスト。用紙と筆記具が用意されています。
2016年10月14日 06:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者カードポスト。用紙と筆記具が用意されています。
カードを記入して出発します。
2016年10月14日 06:38撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カードを記入して出発します。
少しの間は御用平の平坦な道。ブナ林がきれいです。
2016年10月14日 06:39撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しの間は御用平の平坦な道。ブナ林がきれいです。
平坦な道はすぐに終わり、いきなり壁のような急坂となります。
2016年10月14日 06:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道はすぐに終わり、いきなり壁のような急坂となります。
痩せ尾根を慎重に進みます。
2016年10月14日 07:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を慎重に進みます。
登山口から40分程で姫子ノ峰(780m)に到着です。稜線には雲がありますが、徐々に少なくなってきています。
2016年10月14日 07:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から40分程で姫子ノ峰(780m)に到着です。稜線には雲がありますが、徐々に少なくなってきています。
1
姫子ノ峰からも楽な道となりません。迂回路がある場所もあります。
2016年10月14日 07:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫子ノ峰からも楽な道となりません。迂回路がある場所もあります。
岩場をトラバースして、
2016年10月14日 07:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をトラバースして、
1
細い尾根を慎重に進み、急坂を登ると
2016年10月14日 07:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い尾根を慎重に進み、急坂を登ると
滝見場に着きました。遠く足ノ松沢に滝が見えます。
2016年10月14日 07:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見場に着きました。遠く足ノ松沢に滝が見えます。
1
滝見場のすぐ先が英三ノ峰(940m)です。ここからは少し歩きやすくなります。
2016年10月14日 07:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見場のすぐ先が英三ノ峰(940m)です。ここからは少し歩きやすくなります。
1
展望の良い尾根道。大石山が見えてきました。
2016年10月14日 08:00撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望の良い尾根道。大石山が見えてきました。
1
ここから迂回路が整備されていました。
2016年10月14日 08:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから迂回路が整備されていました。
迂回路途中のヒドノ峰(1080m)の標識。
2016年10月14日 08:05撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路途中のヒドノ峰(1080m)の標識。
1
水場分岐。水場へは行きませんでしたが、結構遠いようです。
2016年10月14日 08:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場分岐。水場へは行きませんでしたが、結構遠いようです。
徐々に色付いた葉が出てきます。
2016年10月14日 08:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に色付いた葉が出てきます。
イチジ峰(1265m)は尾根上の展望地です。大石山の左には鉾立峰が見えます。ようやく稜線の雲がとれました。
2016年10月14日 08:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチジ峰(1265m)は尾根上の展望地です。大石山の左には鉾立峰が見えます。ようやく稜線の雲がとれました。
2
大石山へは急坂と滑落に注意が必要な細い尾根の場所があります。
2016年10月14日 08:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山へは急坂と滑落に注意が必要な細い尾根の場所があります。
3
休憩しつつ登ります。振り返ると、200名山の二王子岳が見えます。
2016年10月14日 08:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩しつつ登ります。振り返ると、200名山の二王子岳が見えます。
2
西ノ峰(1525m)まで登れば大石山はすぐです。
2016年10月14日 09:01撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ノ峰(1525m)まで登れば大石山はすぐです。
2
ここでようやく、目的地の朳差岳が見えました。かなり時間がかかりそうです。ここからは鉾立峰の先の状況がよくわかりません。重なって一つの山に見えます。
2016年10月14日 09:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでようやく、目的地の朳差岳が見えました。かなり時間がかかりそうです。ここからは鉾立峰の先の状況がよくわかりません。重なって一つの山に見えます。
4
登山口から2時間半ほどで大石山の山頂に着きました。最高点は別の場所ですので帰りに行くことにします。
2016年10月14日 09:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から2時間半ほどで大石山の山頂に着きました。最高点は別の場所ですので帰りに行くことにします。
2
大石山から鞍部への登山道から朳差岳。
2016年10月14日 09:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山から鞍部への登山道から朳差岳。
2
草紅葉と二王子岳。
2016年10月14日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉と二王子岳。
2
鉾立峰が高く、鋭く見えてきます。登りがきつそうです。
2016年10月14日 09:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立峰が高く、鋭く見えてきます。登りがきつそうです。
2
笹原をジグザグ登って、鉾立峰に着きました。大石山から40分ほどです。
2016年10月14日 09:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原をジグザグ登って、鉾立峰に着きました。大石山から40分ほどです。
3
これでようやく朳差岳への登りとなりますが、予想以上に下るようです。帰りの登り返しのことは考えないようにします。
2016年10月14日 09:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでようやく朳差岳への登りとなりますが、予想以上に下るようです。帰りの登り返しのことは考えないようにします。
3
笹原のなか、たまに紅葉。
2016年10月14日 10:04撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原のなか、たまに紅葉。
2
藤島玄のレリーフ。
2016年10月14日 10:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤島玄のレリーフ。
2
避難小屋が見えてきました。あと少しです。
2016年10月14日 10:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました。あと少しです。
2
奥胎内ヒュッテから4時間半弱かかりました。360度の展望です。
2016年10月14日 10:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥胎内ヒュッテから4時間半弱かかりました。360度の展望です。
2
歩いてきた稜線。右に二王子岳。
2016年10月14日 10:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。右に二王子岳。
3
北側は紅葉が見ごろです。展望を楽しんで下山します。
2016年10月14日 10:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は紅葉が見ごろです。展望を楽しんで下山します。
4
避難小屋内部の様子。きれいな小屋です。
2016年10月14日 10:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋内部の様子。きれいな小屋です。
鉾立峰との鞍部付近から西の方向。日本海が見えています。
2016年10月14日 11:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立峰との鞍部付近から西の方向。日本海が見えています。
2
鉾立峰に戻ってきました。
2016年10月14日 11:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立峰に戻ってきました。
2
この尾根が歩ければ直接奥胎内ヒュッテに戻れますが一般ルートではありません。
2016年10月14日 11:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根が歩ければ直接奥胎内ヒュッテに戻れますが一般ルートではありません。
1
大石山へ笹原を戻ります。
2016年10月14日 11:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山へ笹原を戻ります。
2
山頂から1時間20分程で大石山に戻ってこれました。大石山の最高点に向かいます。
2016年10月14日 12:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から1時間20分程で大石山に戻ってこれました。大石山の最高点に向かいます。
1
10分程で到着。標識はありません。戻ります。
2016年10月14日 12:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分程で到着。標識はありません。戻ります。
大石山から急坂を慎重に下ります。振り返るときれいな紅葉。
2016年10月14日 12:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山から急坂を慎重に下ります。振り返るときれいな紅葉。
5
イチジ峰。
2016年10月14日 13:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチジ峰。
1
色付き始めたブナ林。
2016年10月14日 13:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付き始めたブナ林。
1
ヒドノ峰。
2016年10月14日 13:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒドノ峰。
1
英三ノ峰。大石山から1時間15分ほど。ここからは注意が必要です。
2016年10月14日 13:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
英三ノ峰。大石山から1時間15分ほど。ここからは注意が必要です。
1
急な下り。
2016年10月14日 13:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下り。
1
痩せ尾根。
2016年10月14日 13:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根。
1
姫子ノ峰。
2016年10月14日 14:17撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫子ノ峰。
痩せ尾根を慎重に。
2016年10月14日 14:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を慎重に。
1
英三ノ峰から1時間かけて急な尾根を無事に下山しました。
2016年10月14日 14:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
英三ノ峰から1時間かけて急な尾根を無事に下山しました。
日が傾いてきています。足ノ松沢の橋上から。
2016年10月14日 14:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が傾いてきています。足ノ松沢の橋上から。
1
ダム工事の車両が行き来する道路を歩いて、奥胎内ヒュッテに到着しました。
2016年10月14日 15:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム工事の車両が行き来する道路を歩いて、奥胎内ヒュッテに到着しました。
1
駐車スペースに戻ります。写真左にある建物がトイレです。
2016年10月14日 15:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースに戻ります。写真左にある建物がトイレです。
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

東北遠征1座目は飯豊連峰の北端の杁差岳に登りました。累積標高差は1800m超えで、アップダウンと足場の悪い尾根で結構つらかったです。東北の三百名山では飯豊本山に次いでつらい山かもしれません。紅葉は1200m〜1500m付近が見ごろでした。翌日は、以東岳に登る予定でしたが、山形・宮城付近は朝まで雨が残る予報でしたので、会津朝日岳に向かいました。
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ