ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987696 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

北山公園〜社家郷山〜赤子谷〜座頭谷

日程 2016年10月21日(金) [日帰り]
メンバー birder3
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:阪急甲陽園駅、帰路:船坂からバス利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間5分
休憩
5分
合計
6時間10分
Sスタート地点08:3009:50樫ケ峰(馬の背)09:5510:00樫ケ峰11:25赤子谷右俣、左俣分岐ケルン12:25岩原山13:00鎧堰堤13:25谷脱出口13:50船坂谷水場14:10船坂第三堰堤14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤子谷、船坂谷は少々荒れ模様
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 時計 サングラス タオル カメラ

写真

北山公園の巨石
2016年10月21日 08:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北山公園の巨石
1
社家郷山馬の背から東六甲縦走路
2016年10月21日 09:52撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社家郷山馬の背から東六甲縦走路
1
甲山方面の眺め
2016年10月21日 10:02撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲山方面の眺め
1
赤子谷右俣を下る。谷は荒れています。
2016年10月21日 11:07撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子谷右俣を下る。谷は荒れています。
1
右俣、左俣の分岐点にあるケルン
2016年10月21日 11:25撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣、左俣の分岐点にあるケルン
1
赤子滝1
2016年10月21日 11:30撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子滝1
2
赤子滝2
2016年10月21日 11:33撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子滝2
2
核心部のゴルジュ
2016年10月21日 11:37撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部のゴルジュ
1
岩原山山頂 ここからナガモッコク尾根を下って座頭谷へ。
2016年10月21日 12:24撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩原山山頂 ここからナガモッコク尾根を下って座頭谷へ。
1
船坂谷にある巨大な松
2016年10月21日 13:49撮影 by Canon IXY 160, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船坂谷にある巨大な松
撮影機材:

感想/記録

今日は甲陽園駅を起点に、北山公園→社家郷山→東六甲縦走路→赤子谷右俣→左俣→ナガモッコク尾根→座頭谷(ハニー農園)→船坂谷→最高峰→石切道→住吉の予定で出発。天気はうす曇りで時折日が射す感じだが、涼しく動きやすい気候だ。
北山公園、社家郷山と順調に歩を進めるが、赤子谷右俣を下っていくとだんだん谷が荒れ模様に。土砂崩れ、落石、倒木が多く、進むスピードがあがらない。途中、赤子谷の尾根筋まで登り返して、右・左俣の分岐点に到着。その後、左俣を登り返し、赤子谷、ゴルジュと本日の核心部へ。
その後、縦走路まで登り返し、岩原山からナガモッコク尾根を下って座頭谷へ。滑りやすい急傾斜の尾根を進み、2年ぶりの座頭谷に到着。こちらは特に荒れた様子もなく、奇岩を楽しみながら進む。
ハニー農園からは、船坂谷の登山口を目指して舗装路をひた走り、船坂谷に着くと最高峰までラストスパートをかけるつもりでぐんぐん登る。(船坂谷も台風等の影響か、荒れている様子) 
ここで、鳥取で震度6弱の地震発生を知らせるエリアメールが届く。行動中だったこともあり、特に揺れは感じなかったが、この先、谷の上流部に差し掛かると地形が険しくなると思われるので、万一落石等があっても困るし、子どもの早迎えが必要になるかもしれないので、少し迷った後、今日はここで引き返すことに。船坂谷を急ぎ足で駆け降りてきたところ、ちょうど有馬方面行のバスが来たので飛びのり、帰路につく。
思わぬ形で山行を中断することになり、不完全燃焼感が残るものの、けがなく帰って来られたことで満足と、、、できないが、できるようになりたい。
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ