ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993624 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

初冬の谷川岳・茂倉岳避難小屋泊

日程 2016年10月27日(木) 〜 2016年10月28日(金)
メンバー chiroro_
天候1日目:ガス+強風
2日目:曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間31分
休憩
53分
合計
4時間24分
S天神平11:1711:27天神尾根・田尻尾根分岐点11:2811:36天神平・天神峠分岐点12:05熊穴沢避難小屋12:0612:34天狗の留まり場13:00天神ザンゲ岩13:0113:14谷川岳・肩の小屋13:5013:56谷川岳(トマノ耳)13:5714:08谷川岳14:1114:46ノゾキ14:5315:06一ノ倉岳15:0815:27茂倉岳15:2815:41茂倉岳避難小屋
2日目
山行
3時間27分
休憩
57分
合計
4時間24分
茂倉岳避難小屋07:4908:07茂倉岳08:29一ノ倉岳08:3408:44ノゾキ08:5309:38谷川岳09:53谷川岳(トマノ耳)09:59谷川岳・肩の小屋10:3510:44天神ザンゲ岩11:01天狗の留まり場11:0211:30熊穴沢避難小屋11:3111:51天神平・天神峠分岐点11:59天神尾根・田尻尾根分岐点12:07天神平12:1212:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
谷川岳〜一ノ倉岳の間の岩場は非常に滑りやすく、ドロドロのところも多し。スリップに注意。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

関越自動車道の事故渋滞で身動きが取れなくなり、西黒尾根をやめてロープウェイのお世話になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関越自動車道の事故渋滞で身動きが取れなくなり、西黒尾根をやめてロープウェイのお世話になる。
穴熊沢避難小屋の先にヘリコプターが何度も行き交う。
心肺停止した登山者の救助らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴熊沢避難小屋の先にヘリコプターが何度も行き交う。
心肺停止した登山者の救助らしい。
多くの登山者が下りてくる。強風で先に進めなかったと言う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの登山者が下りてくる。強風で先に進めなかったと言う。
肩の小屋で休憩する。小屋の人に「岩が滑るので注意してください。」とアドバイスされるが、強風のことには言及されなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋で休憩する。小屋の人に「岩が滑るので注意してください。」とアドバイスされるが、強風のことには言及されなかった。
1
トマの耳〜オキの耳 で標識にそれぞれ「0.1秒」タッチし先に進む。新潟方向から吹き付ける風が寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳〜オキの耳 で標識にそれぞれ「0.1秒」タッチし先に進む。新潟方向から吹き付ける風が寒い。
2
茂倉岳を過ぎると一安心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳を過ぎると一安心。
2
茂倉岳避難小屋が近くなると、いっときガスが取れる。この日は誰もおらず、信じられないほどきれいな小屋を独占!小屋内の温度9度、外気温4度。

水場情報:「ちょろちょろ」だが2リットルを汲むのに5分ほどであり、ありがたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋が近くなると、いっときガスが取れる。この日は誰もおらず、信じられないほどきれいな小屋を独占!小屋内の温度9度、外気温4度。

水場情報:「ちょろちょろ」だが2リットルを汲むのに5分ほどであり、ありがたい。
2
2日目:
昨晩は星空も見えたが、夜が明けると曇り空となっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目:
昨晩は星空も見えたが、夜が明けると曇り空となっていた。
3
小屋はきれいに管理されている。小屋の使用料は壁に付けられた箱に投入する。1人「500円」成り。これをケチるとあとで必ずたたりがあるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋はきれいに管理されている。小屋の使用料は壁に付けられた箱に投入する。1人「500円」成り。これをケチるとあとで必ずたたりがあるらしい。
1
一ノ倉沢岳の避難小屋(シェルター)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢岳の避難小屋(シェルター)。
内部は2人程度。とても綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部は2人程度。とても綺麗。
午前6時に出発したという人と午前9時ごろに出合う。西黒尾根を登ってきたという。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前6時に出発したという人と午前9時ごろに出合う。西黒尾根を登ってきたという。
1
肩の小屋:悪気はないのだろうが、携帯電話で長々とどうでもいいような内容の話しを延々と続けている。待つこと数分、頼んだコーヒーは薄くて・・・(泣)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋:悪気はないのだろうが、携帯電話で長々とどうでもいいような内容の話しを延々と続けている。待つこと数分、頼んだコーヒーは薄くて・・・(泣)
素敵な雰囲気の穴熊沢避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な雰囲気の穴熊沢避難小屋
ただ、この避難小屋の利用はこの時期は休憩に使われることがメインのようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、この避難小屋の利用はこの時期は休憩に使われることがメインのようだ。
下山後は谷川温泉湯テルメへ。
【老婆心】初冬であるということを認識せずに軽装で登っている人を多く見かけた。はなはだしき人はグローブなしの素手であった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は谷川温泉湯テルメへ。
【老婆心】初冬であるということを認識せずに軽装で登っている人を多く見かけた。はなはだしき人はグローブなしの素手であった。
3

感想/記録

関越道が事故渋滞で身動きが取れず、西黒尾根はあきらめてロープウェイを使う羽目に。ヤマテンの予報は外れて快晴→強風と濃いガスに。軽装の人が多く、がたがた震えていた。肩の小屋まで行かずに下りてくる人も大勢だった。

初冬の防寒装備をザックに忍ばせておき、適宜使用した。稜線での気温は3度ほど。2日目の朝は氷が張っていて0度以下であったことは疑う余地なし。

茂倉岳避難小屋は、大変綺麗に使われているほか、蓬ヒュッテの方が定期的に管理されているようだ。また行きたい素晴らしい小屋と稜線からの眺めであった。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ