ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993782 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山〜badge revenge〜

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー JsangakubuJSMyusuke, その他メンバー2人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
 電車 八王子06:35→韮崎08:28
 バス 韮崎駅08:50→みずがき山荘前10:05
帰り 
 バス みずがき山荘前15:25→増富の湯15:47
    増富の湯16:57→韮崎駅17:55
 電車 韮崎18:05→立川20:27

・バスはマイクロバス 早めに並ばないと混む
・行きは後払い 帰りは前払い 2060円現金払いのみ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
1時間3分
合計
4時間35分
S瑞牆山荘10:2010:50富士見平小屋11:0011:20天鳥川・河原11:2512:27瑞牆山13:0013:50天鳥川・河原13:5514:15富士見平小屋14:2514:55瑞牆山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨上がり後だったので、岩が若干滑りやすくなっていた。
鎖場は危険は無かった。
その他周辺情報帰りのバスで途中下車して、増富の湯を利用(770円)
・みずがき山荘前に割引券がある。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1 速乾性のもの
タイツ 1 速乾性のもの
ズボン 1 速乾性のもの
靴下 1 厚手のもの
グローブ(手袋) 1 寒いので持参のこと 軍手でも可
防寒着 1 必ず持参 フリース推奨
雨具 1 必ず持参 寒いとき防寒着としても使用できる
日よけ帽子 1
登山靴 1
ザック 1
ザックカバー 1
昼ご飯 1 各自持参
行動食 1 すぐ食べられるもの ゼリー推奨
非常食 1
水1ℓ程度 1
風呂セット 1 一応持参
着替え 1 一応持参
地図(1/25000地形図) 1 忘れずに
個人装備品
数量
備考
ガイド地図(エアリア) 1 kazama持参
コンパス 1 忘れずに
計画書 1 忘れずに
ヘッドランプ 1
予備電池 1
筆記用具 1
ファーストエイドキット 1
常備薬 1
日焼け止め 1
保険証 1
携帯 1
時計 1
サングラス 1
タオル 1
ストック 1
カメラ 1
レインスパッツ

共同装備

共同装備品
数量
備考
ツェルト ykazama
共同装備品
数量
備考
熊鈴 ykazama

写真

紅葉真っ盛り。ではスタート。
2016年10月29日 10:15撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉真っ盛り。ではスタート。
開けた樹林。途中から登りが急になる。
2016年10月29日 10:26撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた樹林。途中から登りが急になる。
富士見平小屋に到着。ここが金峰山との分岐点。なつかしい。
2016年10月29日 10:51撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋に到着。ここが金峰山との分岐点。なつかしい。
この椅子グラグラします。
2016年10月29日 10:51撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この椅子グラグラします。
はい、すいません。
2016年10月29日 11:01撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、すいません。
河原に近づくにつれ岩が多くなる。
2016年10月29日 11:19撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に近づくにつれ岩が多くなる。
お決まりのやつね。
2016年10月29日 11:26撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりのやつね。
1
最初の鎖場。危険は少ない。
2016年10月29日 11:31撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鎖場。危険は少ない。
道しるべが多く助かります。
2016年10月29日 11:35撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道しるべが多く助かります。
でかい岩ですね。
2016年10月29日 12:05撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい岩ですね。
大ヤスリ岩がみえる。
2016年10月29日 12:20撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩がみえる。
また鎖場。
2016年10月29日 12:23撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また鎖場。
段差が大きいところも。
2016年10月29日 12:25撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差が大きいところも。
梯子をこえて。
2016年10月29日 12:26撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子をこえて。
さあ頂上へ・・
2016年10月29日 12:27撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ頂上へ・・
なんともすがすがしい。
2016年10月29日 12:31撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんともすがすがしい。
日本代表選手?
2016年10月29日 12:30撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本代表選手?
2
頂上記念写真!
2016年10月29日 12:39撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上記念写真!
3
コケ。
2016年10月29日 14:03撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケ。
富士見平まで戻る。
2016年10月29日 14:12撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平まで戻る。
バスまで時間ありますねー。
2016年10月29日 14:22撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスまで時間ありますねー。
紅葉の隙間から日が差し込む。
2016年10月29日 14:47撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の隙間から日が差し込む。
1
戻ってきました。下山後、急に寒くなってきた。
2016年10月29日 14:51撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました。下山後、急に寒くなってきた。
きれいな色。
2016年10月29日 14:52撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな色。
1
増富の湯。ぬるいです。
2016年10月29日 16:54撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増富の湯。ぬるいです。
・・これでもう、このバッヂは本物。
2016年10月29日 22:26撮影 by E5823, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・これでもう、このバッヂは本物。
1

感想/記録

かつて偉い人は言いました・・
 “山に登る前にそのバッヂを買ってはならない”と・・
数年前金峰山に登ったkzmは、同時に登るはずだからと早とちり。瑞牆山のバッヂを買ってしまう。しかし、ひざの不調により結局登れず、瑞牆山をあとにすることに。
そして「登っていない山のバッヂを所持する」という罪悪感に2年さいなまれることとなる。
・・いま、バッジを本物にするための登山が始まる(道連れが約2名)。

電車、バスを乗り継いで約4時間(長い)。
紅葉の深まる中に降り立ち、ポストに計画書をシュートして登山スタート。
開けた樹林をのびのびと歩く。ほどなくして岩がみられるようになり、登りが急になる。1700m付近のピークを過ぎるとまた緩やかになり、富士見平小屋に到着。

小休憩をはさんで、瑞牆山へと分岐を進む。
一度下って、河原に出てからまた登る。巨大な桃太郎岩がお出迎え。
この先から道のほとんどが岩に占められるようになる。同じ道でも岩や木の根によって道が細かく分かれており、より安全なルートをたどるのが難しい。
鎖場や梯子もあるが、落ち着いていれば危険は無い。

岩場にて。
hrt「ほんとはこういうとこ走りたいんじゃない?」
utk「いやいや思ってません。。」(utk氏はトレイルランナー)
hrt「そこがピークか・・うわニセピークだよ。」

頂上は混んでいたが、それを気にさせないすがすがしさがある。岩の上で寝ている人も。この日は直前まであまり天気がよくなかったため、小雨を想定していたが、一日中快晴であった。hrt氏がいても標高2000m以上ならば晴れるから問題ない。
景色を堪能したあとは、来た道を戻る。下りでは、「登りで通ったこのルートはあまり良くなかったな」というのがわかりやすい。

一気に下って河原を過ぎ、富士見平小屋でまた休憩。バスまで時間に余裕がある。
山頂付近ではシャクナゲが見られたが花のシーズンではなかったため、少々彩りに欠けるところはあったが、ふもと付近では紅葉が多く見られるのがよい。
帰りのバスは前払い、途中下車すると10円安くなる。
増富の湯でひとっ風呂浴びる。この温泉はぬるい。

帰り電車にて。
kzm「瑞牆のバッヂ持ってて、登ってなかったっていうね。」
utk「詐欺じゃないですか!?」
kzm「いや、でも今日登ったから!」

二年越しの瑞牆山の山容は金峰山に似て非なるものだった。金峰はどっしり荘厳な感じだったが、瑞牆はもっとスマートで高貴な雰囲気を感じた。主観でしかないが。
今回のアクセスでは、電車+バスの乗車時間が長く、このあたりが日帰り公共機関利用の限界ではないかと思う。
やはり早めに車で来るか、泊まりで金峰山+瑞牆山のセットがよいかもしれない。
kzmのbadge(を本物にするための)revengeにお付き合いいただきありがとうございました!
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 紅葉 シャクナゲ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ