ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 994173 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

鳥ノ胸山、城ヶ尾峠(「道の駅どうし」から周回。)

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー shokunpapa
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「道の駅どうし」のP3に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
44分
合計
4時間48分
S道志みちの駅07:5009:12鳥ノ胸山09:2509:53雑木ノ頭10:06平指山10:22浦安峠10:2810:57甲相国境稜線11:11城ヶ尾峠(サガセ峠)11:3111:51林道に出る。12:15オートキャンプ場12:2012:38道志みちの駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■所要時間:4時間48分
■歩行時間:268分(小休止を含む、昼食休憩を含まず。)標準CT(285分)の0.94倍。
■距離:11.21km(西丹沢詳細図の区間距離の合計+120m)
■累積標高差:+-780m
■行程量:22.42+15.6+7.8=45.82P(27.91EK)(★★)
ラップタイム:5.85分/P(マイペース登高能力:+385m/h、ランク掘
(標準CT:6.22分/P、+362m/h)
■エネルギー定数:268*0.03+0.78*10+0.78*0.6+11.21*0.3=19.671(ルート定数:285*0.03+.....=20.181)
■山のグレーデイング:3B
■消費カロリー:19.671*(79+(8.7+6.8)/2)=1,706kcal
※各指標の説明を、プロフィールの欄に書いています。
コース状況/
危険箇所等
■雨上がりで、下が濡れていました。
■鳥ノ胸山へは急登が続きます。
■浦安峠から甲相国境尾根への取り付き箇所が、脆い風化花崗岩て崩れていました。
■甲相国境尾根に出る手前に、偽の稜線があります。右へ下ると下の林道に出てしまいます。
その他周辺情報道の駅どうし
http://www.michieki-r413.com/
道志温泉(大人600円、道志村民と横浜市民は大人390円)
http://www.doshinoyu.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

7:50 道の駅の裏手にかかっている、「かっぱ橋」を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:50 道の駅の裏手にかかっている、「かっぱ橋」を渡ります。
7:51 道志川の流れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:51 道志川の流れ
7:52 鹿柵を開けて園路に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:52 鹿柵を開けて園路に入ります。
8:07 鳥ノ胸山の登り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:07 鳥ノ胸山の登り口
8:10 小さな尾根を登っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:10 小さな尾根を登っています。
8:21 一旦、林道に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:21 一旦、林道に出ます。
8:43 急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:43 急登が続きます。
9:01 鳥ノ胸山の手前のピーク(1150m)に上ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:01 鳥ノ胸山の手前のピーク(1150m)に上ってきました。
9:06 さらに登ります。天気がまだ回復せずに、ガスが出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:06 さらに登ります。天気がまだ回復せずに、ガスが出ています。
稜線のブナ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のブナ林
1
9:12 鳥ノ胸山の山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:12 鳥ノ胸山の山頂に到着。
山頂の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の三角点
周りの山の景色は全く見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの山の景色は全く見えず。
色づいている樹もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいている樹もありました。
9:40 ガスが晴れてきて、森の中がはっきりと見えるようになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:40 ガスが晴れてきて、森の中がはっきりと見えるようになりました。
1
紅葉のピークはこれからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のピークはこれからです。
3
9:47 落ち葉を踏みしめながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:47 落ち葉を踏みしめながら歩きます。
9:53 雑木の頭に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:53 雑木の頭に到着。
10:06 平指山(1146m)に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:06 平指山(1146m)に到着。
黄色い葉っぱがめだちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い葉っぱがめだちます。
10:15 浦安峠に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:15 浦安峠に下ります。
10:22 浦安峠に到着。少し休憩してから、道志の湯に向かう林道を20mほど下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:22 浦安峠に到着。少し休憩してから、道志の湯に向かう林道を20mほど下ります。
10:28 甲相国境稜線に向かう登り口。風化花崗岩が脆く崩れていて、長い棒が立てかけてあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:28 甲相国境稜線に向かう登り口。風化花崗岩が脆く崩れていて、長い棒が立てかけてあります。
1
10:29 上に上がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:29 上に上がりました。
甲相国境の稜線が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲相国境の稜線が見えました。
2
10:52 偽の稜線(尾根)に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:52 偽の稜線(尾根)に出ました。
甲相国境の稜線とは、走っている方向が違います。このまま下ると下の林道に出てしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲相国境の稜線とは、走っている方向が違います。このまま下ると下の林道に出てしまいます。
10:57 本物の甲相国境稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:57 本物の甲相国境稜線に出ました。
鳥ノ胸山への分岐を示す古い札がかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥ノ胸山への分岐を示す古い札がかかっています。
甲相国境稜線を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲相国境稜線を歩きます。
2
ブナの大木が植わっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木が植わっています。
1
ブナのマザーツリー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナのマザーツリー
11:11 城ヶ尾峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:11 城ヶ尾峠に到着
テーブルが置かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルが置かれています。
ここでお昼にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでお昼にします。
1
高指山まで11.2kmもあります。甲相国境稜線は、東海自然歩道の中でも1日で歩き通すのに難儀する区間です。2日間かけて歩く場合は、畦ヶ丸や菰釣山の避難小屋に泊まることになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高指山まで11.2kmもあります。甲相国境稜線は、東海自然歩道の中でも1日で歩き通すのに難儀する区間です。2日間かけて歩く場合は、畦ヶ丸や菰釣山の避難小屋に泊まることになります。
11:31 城ヶ尾峠から下り路をたどります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:31 城ヶ尾峠から下り路をたどります。
11:32 山を巻いて下りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:32 山を巻いて下りていきます。
11:36 路肩が崩れた区間を通ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:36 路肩が崩れた区間を通ります。
11:51 下の林道に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51 下の林道に出ました。
11:51 横浜市有道志水源林の標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:51 横浜市有道志水源林の標識
12:02 柵の横から出ます。柵があるので、水源林に勝手に車で入ることはできません。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:02 柵の横から出ます。柵があるので、水源林に勝手に車で入ることはできません。。
12:07 少し紅葉しだした林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:07 少し紅葉しだした林道。
12:15 オートキャンプ場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:15 オートキャンプ場がありました。
12:16 キャンプ場の中を通り抜けました。大きな池の周りでオートキャンプをしている人たちが大勢いらっしゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:16 キャンプ場の中を通り抜けました。大きな池の周りでオートキャンプをしている人たちが大勢いらっしゃいました。
1
12:20 オートキャンプ場の中のかっぱ橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 オートキャンプ場の中のかっぱ橋を渡ります。
12:22 紅葉している樹
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:22 紅葉している樹
2
12:26 オートキャンプ場の案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26 オートキャンプ場の案内板
12:26 右の道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:26 右の道を行きます。
12:29 橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:29 橋を渡ります。
12:33 集落の中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:33 集落の中を歩きます。
12:35 道の駅の前の橋まで戻ってきました。道の駅が車でにぎわっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:35 道の駅の前の橋まで戻ってきました。道の駅が車でにぎわっています。
12:36 道志川を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:36 道志川を渡ります。
12:38 かっぱ橋に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:38 かっぱ橋に戻ってきました。

感想/記録

◆鳥ノ胸山について
鳥(とん)ノ胸山は、丹沢山地の北側にくっ付いている山で、山梨県道志村にあります。山梨100名山にもなっています。

◆天気がもう一つ
 当日は、関東南部は早朝まで雨が残り、天気の回復が遅れたため、山の中もガスが出て景色が良く見えませんでした。天気が良いと、鳥ノ胸山からは富士山や御正体山が見えます。

◆紅葉はこれからが本番
 黄色くなった葉っぱが多くなっていました。あと1,2回、気温の低い朝を迎えれば紅葉が一気に進むと思います。

◆エネルギー定数(ルート定数、コース定数)20ぐらいは楽。
 今回は行程の分量が少なかったため、早く下山できて、温泉にもゆっくり入れました。山と渓谷社が出している分県登山ガイドの新しい版から、コース定数が掲載されるようになりましたが(山梨県版も新しくなったが鳥ノ胸山は載っていない)、今回のコースのコース定数を計算すると20ぐらいで、疲れも少なく歩けました。

◆車でちょこっと出かけて登れる山
 これまで、道志の山々にはあまり登っていませんでしたが、自宅から80km以内の距離にありました。高速を使わないで、車でちょこっと出かけて登れるのが気に入りました。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ