ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 995146 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東北

【霧氷と紅葉の会津朝日岳】

日程 2016年10月30日(日) [日帰り]
メンバー rikimaru
天候曇り&ガス のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・ 午前1時半過ぎに自宅を出発。塩原・会津田島経由で午前5時半過ぎに登山口の赤倉沢駐車場に到着。20台以上は駐車できそうな、広い駐車場ですが、トイレはありません。
・ すぐ近くに沢が流れているので、採水は可能ですが、飲用には煮沸したほうが良さそうです。なにせ、登山道は至る所で強い動物臭が感じられ、沢も排泄物で汚染されている可能性がありますので。
・ なお、駐車場は、いわなの里からダートの林道を250mほど行ったところにあります。いわなの里の直前まで舗装されているので、普通車で問題なく走行できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
1時間42分
合計
7時間36分
S会津朝日岳登山口06:0406:58三吉ミチギの水場07:1008:01人見ノ松08:0508:24叶の高手08:2708:59会津朝日岳避難小屋09:0009:18バイウチの高手09:2009:40会津朝日岳10:4311:03バイウチの高手11:19会津朝日岳避難小屋11:2011:57叶の高手11:5812:11人見ノ松12:1512:51三吉ミチギの水場13:0213:40会津朝日岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 登山口から赤倉沢越まではゆるい傾斜の歩きやすい登山道です。その先は少し傾斜がきつくなりますが、良く踏まれた登山道なので、問題ありません。
・ 人見の松を過ぎると、稜線に出るので、晴れていれば展望が開けますが、このときは山頂方面はガスがかかっていて、展望はありませんでした。その先標高1,430mの叶の高手を過ぎると、100mほど下ってから50mほど登り返して避難小屋に到着。
・ 避難小屋から山頂までは、さらに240m強の登り返しとなりますが、特に山頂直下は足場の悪い急な登りとなり、結構、足に来ました。
・ 山頂は、最高点からさらに先に進んだところにあります。標高1,574mの高倉山へと続く優美な稜線の眺めがナイスです。また、南側には南会津の雄峰、丸山岳が存在感たっぷり。北側には、田子倉湖を従えた300名山である浅草岳もすぐ近くに望めます。素晴らしい展望です。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

ここから出発。
2016年10月30日 06:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから出発。
まずは、赤倉沢の橋を渡ります。
2016年10月30日 06:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、赤倉沢の橋を渡ります。
登山口周辺は、今が紅葉の盛りです。
2016年10月30日 06:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口周辺は、今が紅葉の盛りです。
7
素晴らしい紅葉ですが、曇り空のため、イマイチです。
2016年10月30日 06:31撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい紅葉ですが、曇り空のため、イマイチです。
2
三吉ミチギの水場に到着。ここまで、撮影のため時間を取られ、だいぶ遅くなりました。
2016年10月30日 06:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三吉ミチギの水場に到着。ここまで、撮影のため時間を取られ、だいぶ遅くなりました。
登山道に横たわるコケを付けた石と落ち葉。中望遠レンズで。
2016年10月30日 07:08撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に横たわるコケを付けた石と落ち葉。中望遠レンズで。
冬の大雪の重さで幹が曲がったブナ。美しい登山道です。
2016年10月30日 07:18撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の大雪の重さで幹が曲がったブナ。美しい登山道です。
4
ロープの張られた登り道。
2016年10月30日 07:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープの張られた登り道。
人見の松に到着。
2016年10月30日 08:01撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人見の松に到着。
2
素敵な紅葉。中望遠レンズで。
2016年10月30日 08:05撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な紅葉。中望遠レンズで。
4
尾根の上に出ましたが、ガスで展望はありませんでした。
2016年10月30日 08:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上に出ましたが、ガスで展望はありませんでした。
2
木々の枝には、霧氷が。
2016年10月30日 08:21撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の枝には、霧氷が。
2
叶の高手に到着。
2016年10月30日 08:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
叶の高手に到着。
1
そのすぐ先には、大クロベ。すごい存在感です。
2016年10月30日 08:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのすぐ先には、大クロベ。すごい存在感です。
2
山頂直下は、霧氷で白いです。
2016年10月30日 08:37撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は、霧氷で白いです。
4
避難小屋に到着。
2016年10月30日 08:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着。
内部の状況。ここでラーメン昼食を予定していましたが、あまりその気がなくなり、山頂へ。
2016年10月30日 08:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部の状況。ここでラーメン昼食を予定していましたが、あまりその気がなくなり、山頂へ。
1
ダケカンバに霧氷が付いていました。
2016年10月30日 09:18撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバに霧氷が付いていました。
1
立派なダケカンバ。
2016年10月30日 09:19撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なダケカンバ。
山頂直下の登りは急です。足場も悪いので、慎重に行きました。
2016年10月30日 09:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の登りは急です。足場も悪いので、慎重に行きました。
2
振り返ると、ナイスな眺め。
2016年10月30日 09:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、ナイスな眺め。
5
最高標高点から望む、素晴らしい眺め。霧氷の白さがすごいです。
2016年10月30日 09:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高標高点から望む、素晴らしい眺め。霧氷の白さがすごいです。
8
少し視点を右に。
2016年10月30日 09:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し視点を右に。
5
丸山岳が美しい。
2016年10月30日 09:41撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山岳が美しい。
11
高倉山を望む。
2016年10月30日 09:41撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉山を望む。
4
山頂の木々についた霧氷。
2016年10月30日 09:41撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の木々についた霧氷。
11
なんとも素晴らしい眺め。
2016年10月30日 09:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとも素晴らしい眺め。
2
視点を右に移して。
2016年10月30日 09:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視点を右に移して。
5
枝は真っ白。
2016年10月30日 09:43撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝は真っ白。
3
霧氷の枝の間から、高倉山を望む。
2016年10月30日 09:44撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の枝の間から、高倉山を望む。
10
ようやく山頂標識に到着。
2016年10月30日 09:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂標識に到着。
2
スラブ状の岩壁がすごい迫力。背景は、浅草岳。
2016年10月30日 09:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スラブ状の岩壁がすごい迫力。背景は、浅草岳。
6
いつもの中華三昧で昼食です。本日はしょうゆ味。
2016年10月30日 09:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの中華三昧で昼食です。本日はしょうゆ味。
3
山頂標識に置かれた、木製の標識。
2016年10月30日 10:11撮影 by DMC-GM5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識に置かれた、木製の標識。
2
望遠ズームで、岩壁のスラブ。
2016年10月30日 10:25撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠ズームで、岩壁のスラブ。
4
右奥に浅草岳を遠望。
2016年10月30日 10:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に浅草岳を遠望。
1
視点を左に移して、高倉山へと続く稜線を望む。
2016年10月30日 10:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視点を左に移して、高倉山へと続く稜線を望む。
霧氷と丸山岳。
2016年10月30日 10:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と丸山岳。
1
高倉山をアップで。
2016年10月30日 10:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高倉山をアップで。
1
1時間近くのんびり休憩したので、そろそろ山頂を後にします。
2016年10月30日 10:30撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間近くのんびり休憩したので、そろそろ山頂を後にします。
2
下山する前にもう一度、浅草岳や高倉山を望みました。
2016年10月30日 10:30撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山する前にもう一度、浅草岳や高倉山を望みました。
4
霧氷で彩られた最高標高点方面の眺め。
2016年10月30日 10:34撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷で彩られた最高標高点方面の眺め。
この時間でも、枝にはまだこんなに霧氷が付いていました。
2016年10月30日 10:36撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時間でも、枝にはまだこんなに霧氷が付いていました。
1
まさに白い芸術。
2016年10月30日 10:38撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに白い芸術。
2
霧氷と山並み。
2016年10月30日 10:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と山並み。
霧氷と浅草岳。
2016年10月30日 10:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と浅草岳。
2
それでは、下山開始。
2016年10月30日 10:42撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは、下山開始。
良い眺めですが、足場が悪いので慎重に。
2016年10月30日 10:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い眺めですが、足場が悪いので慎重に。
霧氷で飾られたダケカンバと先行する登山者の姿。望遠レンズで。
2016年10月30日 10:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷で飾られたダケカンバと先行する登山者の姿。望遠レンズで。
2
叶の高手への登り返し。
2016年10月30日 11:35撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
叶の高手への登り返し。
振り返ると、山頂方面がよく見えました。
2016年10月30日 11:36撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、山頂方面がよく見えました。
山頂部をアップで。
2016年10月30日 11:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部をアップで。
1
山頂部を背景に、大クロベ。
2016年10月30日 11:49撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部を背景に、大クロベ。
1
こちらも大クロベ。
2016年10月30日 11:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも大クロベ。
叶の高手を過ぎたあたりから、山頂部を振り返る。
2016年10月30日 11:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
叶の高手を過ぎたあたりから、山頂部を振り返る。
こちらは登山口方面の眺め。
2016年10月30日 12:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは登山口方面の眺め。
稜線にも紅葉が残っていました。
2016年10月30日 12:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にも紅葉が残っていました。
1
紅葉のピークを迎えた中腹部の斜面。
2016年10月30日 12:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のピークを迎えた中腹部の斜面。
2
浅草岳遠望。
2016年10月30日 12:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳遠望。
2
望遠レンズで紅葉を撮影。
2016年10月30日 12:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠レンズで紅葉を撮影。
1
このあたり、斜面の紅葉がきれいでした。奥は浅草岳。
2016年10月30日 12:13撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、斜面の紅葉がきれいでした。奥は浅草岳。
カエデの色づき。
2016年10月30日 12:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの色づき。
5
三吉ミチギの水場周辺は、紅葉のピークでした。
2016年10月30日 12:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三吉ミチギの水場周辺は、紅葉のピークでした。
3
ブナの黄葉。
2016年10月30日 12:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉。
2
全山紅葉 その1。
2016年10月30日 13:14撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全山紅葉 その1。
1
全山紅葉 その2。
2016年10月30日 13:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全山紅葉 その2。
1
全山紅葉 その3。
2016年10月30日 13:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全山紅葉 その3。
登山口に戻りました。
2016年10月30日 13:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻りました。

感想/記録




・ 会津朝日岳に登ってきました。以前から気にはなっていたものの、近くにある浅草岳にばかり足が向いてしまって、なかなか行けずにいたのですが、晴れるという予報だったので、ようやく山行が実現しました。
・ ところが、登山口に到着すると、上空は厚い雲に覆われ、とても晴れそうな感じではありません。モチベーションが上がらない中、午前6時過ぎにとりあえずスタート。曇り空ではあるものの、登山口周辺は紅葉のピークを迎え、とてもきれいでした。3台のデジイチを持参していたので、写真を撮りながら、のんびりと登ります。
・ 三吉ミチギの水場で休憩をとり、晴れ間を期待しながら叶の高手へと進みますが、山頂方面はガスで覆われ、全く見えません。そのうえ、風がやや強く、登るにしたがって気温が下がってきて寒かったです。周囲の木々には霧氷が付いていました。
・ 午前9時ごろ、避難小屋に到着。ここで休憩して天候の回復を待とうかと思ったのですが、内部があまりきれいではなかったので、パスして山頂へと向かいました。
・ 山頂直下の登りは、かなり急で足場が悪く、慎重に行きました。下りでは転倒に注意したい場所です。
・ バイウチノ高手から20分ほどで会津朝日岳の山頂に到着。山頂付近の木々は真っ白な霧氷に覆われていて、とてもきれい。そのうえ、登るにつれて急速に晴れ間が広がり、風もなくなって絶好の登山日和になってきました。
・ 山頂からの展望は期待以上に素晴らしかったです。会越国境の山は大量の雪で山肌が削られ、スラブ状の岩壁が急峻な谷に落ち込んでいる特徴がありますが、この会津朝日岳も同じです。とても標高1,600m級の山とは思えない、堂々たる山岳風景が楽しめました。
・ 山頂では、景色を楽しみながら、ラーメンの昼食で1時間ほどのんびり休憩。山頂付近の霧氷を撮影してから、下山開始です。その後は好天のもと、展望を楽しみながらの下りとなりました。また、山の中腹から下部は紅葉がきれいでした。登山口駐車場まで、素晴らしい紅葉が続きます。紅葉の撮影を楽しみながらの下山となりました。
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ