ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 998008 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹巣ノ巣山(巳ノ戸尾根〜榧ノ木尾根)

日程 2016年11月02日(水) [日帰り]
メンバー nobureko
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
西東京バス 奥多摩駅発7:04 東日原行き
帰り
西東京バス 倉戸口発14:08 奥多摩駅行き

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
15分
合計
6時間30分
S東日原バス停07:3507:35中日原バス停07:45巳ノ戸橋07:55巳ノ戸尾根分岐08:15人家跡08:35鹿棚08:4009:30八丁山(巳ノ戸山)10:10お伊勢山10:50ヒルメシクイノタワ11:0011:25鷹ノ巣山11:50石尾根-榧ノ木尾根分岐12:20榧ノ木山 倉戸山方面道標13:05倉戸山14:05倉戸口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・巳ノ戸尾根 尾根筋の赤布を忠実にたどると稲村岩尾根に合流する
・榧ノ木尾根 倉戸山手前の広い尾根(大平)で水根沢側の尾根に入り込むピンク色のビニールテープに注意
その他周辺情報奥多摩登山詳細図 参照

写真

奥多摩駅6:51着
2016年11月02日 06:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅6:51着
青梅出身「多摩の仙人」とも呼ばれる塩野谷 博山(はくざん) 氏(通称:博山先生)の木彫りとの事。
2016年11月02日 06:58撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅出身「多摩の仙人」とも呼ばれる塩野谷 博山(はくざん) 氏(通称:博山先生)の木彫りとの事。
1
7:04発東日原行きのバスに乗り込む
自分含めて7人乗車、川乗橋で4名降りる
2016年11月02日 07:02撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:04発東日原行きのバスに乗り込む
自分含めて7人乗車、川乗橋で4名降りる
東日原の山麓の木々は色づいている。
2016年11月02日 07:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原の山麓の木々は色づいている。
1
中日原の万寿の水
対岸の尾根から引かれた水
2016年11月02日 07:38撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中日原の万寿の水
対岸の尾根から引かれた水
東日原から歩いて10分弱で車道から左に下る
2016年11月02日 07:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原から歩いて10分弱で車道から左に下る
日原川を渡る巳ノ戸橋
2016年11月02日 07:45撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原川を渡る巳ノ戸橋
橋から10分ほどの道標を右上に上がる。
林業で使われているためか道ははっきりしている。
2016年11月02日 07:56撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から10分ほどの道標を右上に上がる。
林業で使われているためか道ははっきりしている。
石垣で組まれた人家跡を直進して奥の斜面を登る
釜やつぼが残されている。いつ頃まで住んでいたのだろか・・・
2016年11月02日 08:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣で組まれた人家跡を直進して奥の斜面を登る
釜やつぼが残されている。いつ頃まで住んでいたのだろか・・・
踏み跡をたどる
2016年11月02日 08:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡をたどる
炭焼釜跡
2016年11月02日 08:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼釜跡
炭焼釜跡の赤テープで直進と右上に道が分かれるが、右上の尾根に上がるルートをたどる。
2016年11月02日 08:24撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼釜跡の赤テープで直進と右上に道が分かれるが、右上の尾根に上がるルートをたどる。
尾根に上がる直前は道がはっきりしないが、明瞭な尾根に飛び出る。
2016年11月02日 08:28撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がる直前は道がはっきりしないが、明瞭な尾根に飛び出る。
赤布が所々ある。
2016年11月02日 08:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤布が所々ある。
ガスにかすむ紅葉
2016年11月02日 08:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスにかすむ紅葉
1
鹿よけの金網
しばらく右に金網を見ながら尾根をたどる
2016年11月02日 08:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿よけの金網
しばらく右に金網を見ながら尾根をたどる
ちょっとし岩場もある
2016年11月02日 08:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとし岩場もある
1
熊の生態調査中の案内
2016年11月02日 08:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の生態調査中の案内
熊の観察のセンサーがあちこちに設置されている。
2016年11月02日 08:47撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の観察のセンサーがあちこちに設置されている。
苔むした倒木を超えて行く
2016年11月02日 09:17撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした倒木を超えて行く
左の稲村岩尾根方面が開ける
2016年11月02日 09:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の稲村岩尾根方面が開ける
晴れていればもっと鮮やかだろう。
このあたり1000m付近は紅葉最盛期か・・・
2016年11月02日 09:20撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていればもっと鮮やかだろう。
このあたり1000m付近は紅葉最盛期か・・・
2
岩稜を三点支持で登る
2016年11月02日 09:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜を三点支持で登る
2
長沢背稜に伸びるタワ尾根
2016年11月02日 09:23撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜に伸びるタワ尾根
八丁山
樹林に囲まれ展望はない
2016年11月02日 09:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁山
樹林に囲まれ展望はない
赤布を慎重に探し下降する
2016年11月02日 09:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤布を慎重に探し下降する
一度鞍部におり右側の尾根に上がる
2016年11月02日 09:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度鞍部におり右側の尾根に上がる
尾根途中の石柱
2016年11月02日 09:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根途中の石柱
紅葉の尾根を進む
2016年11月02日 09:48撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の尾根を進む
2
右側は雲に隠れる日蔭名栗山へ突き上げるケヤト尾根
2016年11月02日 09:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側は雲に隠れる日蔭名栗山へ突き上げるケヤト尾根
1
川乗山、本仁田山
2016年11月02日 09:52撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗山、本仁田山
2
お伊勢山 標識
2016年11月02日 10:08撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お伊勢山 標識
遭難碑がある鞘口のクビレ
2016年11月02日 10:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難碑がある鞘口のクビレ
昭和59年3月巳ノ戸沢の遭難の碑
「自分 もまた一個の生命であることに気づいた時、生きてて良かったと思えるのです」 なぜか心を打つ文章・・・
2016年11月02日 10:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和59年3月巳ノ戸沢の遭難の碑
「自分 もまた一個の生命であることに気づいた時、生きてて良かったと思えるのです」 なぜか心を打つ文章・・・
古い道標
ここから日原バス停への道があったのか・・・
2016年11月02日 10:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い道標
ここから日原バス停への道があったのか・・・
立派なぶなの大木
2016年11月02日 10:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なぶなの大木
美しい紅葉の尾根
2016年11月02日 10:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい紅葉の尾根
4
稲村岩尾根へ突き上げる急登
2016年11月02日 10:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩尾根へ突き上げる急登
小広い「ヒルメシクイノタワ」ここから一般ルート
2016年11月02日 10:57撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小広い「ヒルメシクイノタワ」ここから一般ルート
ガスにかすむ鷹ノ巣山山頂
2016年11月02日 11:23撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスにかすむ鷹ノ巣山山頂
山立派な道標前で自撮
2016年11月02日 11:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山立派な道標前で自撮
4
晴れていれば富士山も見える大展望も
ガスっていて何も見えない・・・・
2016年11月02日 11:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば富士山も見える大展望も
ガスっていて何も見えない・・・・
水根山方面へ下る気持ちのよい尾根
2016年11月02日 11:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根山方面へ下る気持ちのよい尾根
石尾根縦走路から倉戸山方面に右に折れ巻道に入る
2016年11月02日 11:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根縦走路から倉戸山方面に右に折れ巻道に入る
縦走路巻道から分かれ倉戸山方面に下る
2016年11月02日 11:50撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路巻道から分かれ倉戸山方面に下る
この道標の上に榧ノ木山があるはずだが山頂はわからなかった。直進して下るとバリエーションのノボリ尾根
道標通り倉戸山方面へ
2016年11月02日 12:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標の上に榧ノ木山があるはずだが山頂はわからなかった。直進して下るとバリエーションのノボリ尾根
道標通り倉戸山方面へ
紅葉への移り変わり
2016年11月02日 12:24撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉への移り変わり
1
物置小屋あと
2016年11月02日 12:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物置小屋あと
だだ広い尾根筋の中央にピンクのテープに巻かれた石柱。
さらに左奥にピンクのテープに引き込まれ水根沢側の尾根筋に降りてしまい引き返すはめに・・・本来は右側の尾根を下る。


2016年11月02日 12:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だだ広い尾根筋の中央にピンクのテープに巻かれた石柱。
さらに左奥にピンクのテープに引き込まれ水根沢側の尾根筋に降りてしまい引き返すはめに・・・本来は右側の尾根を下る。


間違って下ってしまったルートを下山後スマホGPSで再確認。
2016年11月02日 14:01撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違って下ってしまったルートを下山後スマホGPSで再確認。
戸倉山山頂
展望はない
2016年11月02日 13:05撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉山山頂
展望はない
30分も下ると奥多摩湖が見えるようになる。
2016年11月02日 13:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分も下ると奥多摩湖が見えるようになる。
小河内ダム
2016年11月02日 13:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内ダム
温泉神社の脇を通る。水没した集落から、ここに移築したらしい。小河内ダムの完成とともに湖底に沈んだ旧小河内村には、温泉がありにあり、熱海、湯場、女の湯などの奥多摩湖沿いのバス停の名前が残る。
2016年11月02日 13:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉神社の脇を通る。水没した集落から、ここに移築したらしい。小河内ダムの完成とともに湖底に沈んだ旧小河内村には、温泉がありにあり、熱海、湯場、女の湯などの奥多摩湖沿いのバス停の名前が残る。
1
山麓の庭先には柿・・・
2016年11月02日 13:42撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山麓の庭先には柿・・・
一瞬ぎょっとするかかし
2016年11月02日 13:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬ぎょっとするかかし
1
倉戸口バス停
14:08のバスに間に合った・・・。
2016年11月02日 13:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉戸口バス停
14:08のバスに間に合った・・・。
バス停の前は奥多摩湖
湖畔の紅葉はこれからがピーク
2016年11月02日 14:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の前は奥多摩湖
湖畔の紅葉はこれからがピーク
撮影機材:

感想/記録

鷹ノ巣山まではバリエーションの巳ノ戸尾根。レコの記録も多く、参考にさせていただいて尾根筋をのぼった。踏み跡が薄いところもあるが赤布もあり、細尾根、岩場と変化のある気持ちのよいルートだった。一方一般ルートのはずの榧ノ木尾根のほうがわかりづらく、途中ピンクテープに引き込まれ水根沢方面の尾根に引き込まれてしまった。スマホGPSで確認して難なく登り返して正規ルートを見つけることができたが、落ち葉が積もった広い尾根の下降は要注意と肝に銘じた。
曇り空で展望は利かなかったが、ガスに煙る紅葉もまた乙なものであった。
訪問者数:319人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ