ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999672 全員に公開 ハイキング甲信越

小説「峠」の起点・番屋山で紅葉をめでる

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー co-kekko, その他メンバー27人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
貸し切りバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
1時間10分
合計
5時間40分
S吉ヶ平09:3511:15雨生ケ池11:3512:50番屋山13:1014:20雨生ケ池14:5015:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

吉ケ平山荘に駐車場、トイレあり。
2016年11月05日 09:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉ケ平山荘に駐車場、トイレあり。
守門川にかかる橋の上から猿ケ城(650m)を見上げる。紅葉まっさかり
2016年11月05日 09:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守門川にかかる橋の上から猿ケ城(650m)を見上げる。紅葉まっさかり
ガイドさんの説明を聞きながら、八十里峠分岐を目指します。
2016年11月05日 10:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガイドさんの説明を聞きながら、八十里峠分岐を目指します。
分岐に到着。峠には向かわず、雨生ケ池(まおいがいけ)を目指します。
2016年11月05日 10:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。峠には向かわず、雨生ケ池(まおいがいけ)を目指します。
雨生ケ池に到着。神秘的な池です。
2016年11月05日 10:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨生ケ池に到着。神秘的な池です。
2
池周辺には巨大ブナがいっぱい。
2016年11月05日 11:47撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池周辺には巨大ブナがいっぱい。
1
池に沿って、ブナの下を歩きます。
2016年11月05日 11:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池に沿って、ブナの下を歩きます。
池を過ぎると急登が始まります。
2016年11月05日 12:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池を過ぎると急登が始まります。
粟が岳もよく見えました。
2016年11月05日 12:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粟が岳もよく見えました。
1
守門岳は雪をかぶっています。
2016年11月05日 13:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守門岳は雪をかぶっています。
1
山頂到着。あまり広くありません。
2016年11月05日 13:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着。あまり広くありません。
2
八木が鼻の絶壁と、ヒメサユリで有名な袴腰山が見えます。
2016年11月05日 13:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木が鼻の絶壁と、ヒメサユリで有名な袴腰山が見えます。
2
ここのブナは巨木が多い気がする。
2016年11月05日 14:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのブナは巨木が多い気がする。
2
巨木脇の登山道♪
2016年11月05日 14:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木脇の登山道♪
4
昔、番屋があったから「番屋山」なのだそうな。
2016年11月05日 15:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔、番屋があったから「番屋山」なのだそうな。
1
撮影機材:

感想/記録

紅葉の中、司馬遼太郎の小説「峠」の舞台・八十里峠の入り口を、地元紙カルチャーセンターの皆様と歩いてきました。

ガイドさんの説明は詳しく、歴史好きには面白い内容です。
かつての吉ケ平集落のとあるお屋敷に、河井継之助らは一泊したのではないかとか、同集落に長岡藩から逃げて来た上級武士の乗り捨てた籠が数十あったとか…。
説明を聞くと、八十里越えしてみなくなります。

中腹、雨生ケ池も紅葉が映えて、美しいところでした。大蛇伝説が残るそうですが、池をとりまくブナ林の巨木が目を引きます。

池を過ぎると、山頂までは急登が続きます。雨のあとは滑りやすいです。

しかし、今回の参加者の最高齢は80歳!
しっかり登って、降りてこられたようですので、新潟の低山ハイクにはちょうどいい山のようです。
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/23
投稿数: 395
2016/11/17 23:28
 実は未踏の
番屋山、おもしろい形してますよねー。
八十里越にも新旧の道があるとかで、ピークにこだわらないハイカーのわたくしも興味津々です、車の回収がアレですが(-_-)
お疲れ様でございました。
登録日: 2015/5/24
投稿数: 4
2016/11/21 21:17
 Re: 実は未踏の
お疲れさまです。
今の道は明治新道らしく、河井継之助たちは天保古道(現在踏み跡不明確)を通ったらしいと、説明ありました!
天保古道も調査が進んだそうで、ゆくゆくは散策路に整備されるみたいです。
R289の開通同様、いつになるかは不明みたいですが…(T-T)
体力つけて峠越えしてみたいですね!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 紅葉 ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ