また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > asinagaさんのHP > 日記
2011年11月19日 10:48未分類全体に公開

ユーシンロッジの

先日閉鎖が解除になった玄倉林道を歩いて、
何年ぶりかにユーシンロッジへ
行ってきた。

その前のベンチでお湯を沸かして
ラーメンを食べながら階段を上がり
ガラス越しにがらんとした
食堂を覗き込んだ。

かつてせっせと通った
その山小屋のことを思い出した。

管理人の佐藤芳雄さん夫妻は
私たちにそれほど気のきいたことは
言わなかったように思う。

でも、
あんたが好きだと言っていたからと
わらじのようなとんかつを出してくれた。

端のほうにいると
暖かいストーブの方に来なさいよと
必ず声をかけてくれた。

植物の鉢はみんな鹿に食べられちゃって
こまるよと言っていた。

奥さんは携帯式の補聴器を
こちらに差し出しながら
私たちの言葉を聴いていた。
今も昨日のことのように
思い出される。


丹沢黒部と雑誌に取り上げられ、
ユーシンに車で入れるようになって
確実に周囲は荒れてしまったような
気がする、、

自分自身、それほど
わかっていませんが

植物の植生が変わり計り知れない
ダメージを与えていたと思う。

そして玄倉林道が閉鎖され
皮肉なことに
ユーシンは静けさを取り戻した?

玄倉川の碧い流れを見ていると
そんなことがあったなんて
思いもしない
そよそよ吹く風はとても
気持ちが良い。

ユーシンロッジには
新しい管理人さんを迎えて
存続していってもらいたいと
やっぱり思っている。

でも
新青崩隧道の舗装路を歩いていると
何か違和感があって
複雑な気持ちが湧いてくる。

飽きてしまうような
長い林道歩きでも
私にとってユーシンロッジ・
熊木沢出合への道は愛すべき
場所であることには
間違いがないと思う。

佐藤芳雄さんは突然死だったと
友達に聞いた。
あの方ともう話すことも
ないのかと
すごく切ない気持ちになった。

ご冥福をお祈りいたします。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1116人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2012/7/28
投稿数: 1
2012/7/28 23:07
 RE: ユーシンロッジ
懐かしいユーシンロッジの記事読ませていただきました。佐藤芳雄氏がロッジで亡くなられたのは2006年3月26日でした。よく覚えております。前日にロッジに宿泊した際におじさんの調子が悪そうだったので気にはなりました。帰りがけに「お茶でも飲んでゆっくりしてゆきなよ」と声をかけられ、しばらく話し込んだのが最後になりました。亡くなられたのは夕食を終えたすぐあとだったようです。胸がつかえると訴えたので、おばさんが背中をさすっている間に心肺停止状態となったようです。救急車が到着した時にはすでに亡くなられていたようです。前の日におじさんの顔色や呼吸の状態から病院に行くことを勧めましたが、ただ笑っておりました。もう少し強く勧めるべきであったと今でも本当に悔やまれてなりません。葬儀にも参列いたしました。玄倉のご自宅の近くにあるおじさんのお墓詣りにも行き、その際におばさんをお見舞いがてらおじさんの最後のときのお話も聞きました。思った通り急性心筋梗塞とのことでした。長いアメリカ生活を終えて帰国し、このロッジに通い始め、おじさんとおばさんとの付き合いを始めて15年目のことでした。田舎のない私にとってはまるで田舎に帰ってきたような心安らぐ場所でした。忙しい時でも月に1度は通っておりました。おじさんが亡くなってからはおばさんと手紙のやり取りや、玄倉に行く際にはお見舞いにも伺っておりました。そのおばさんも2010年11月11日に亡くなられました。ご家族のお話では亡くなる数日前までおじさんの墓参りを欠かさなかったようです。本当に仲の良かったご夫婦でした。ロッジに通った15年間、玄倉生まれ育ちのおじさんから本当にたくさんのユーシンの昔話を教えていただきました。今でもそのお話はノートにぎっしり書き込まれており、私の最も大切な宝物となっております。おじさんの曽祖父は丹沢登山の歴史を切り開いた明治維新の英国の外交官アーネスト・サトウの息子の植物学者の武田博士を連れて丹沢を案内した登山史に名前が残っている方です。このロッジに通った15年間、本当に言葉に尽くせないほど多くの思い出があります。このロッジではそれまでにも何人かの管理人の方がロッジ内で亡くなっているとおじさんから聞かされました。それほどどの管理人の方もこのロッジを深く愛しここを守ることへの責任感を持たれていたのだと思います。それだけの魅力がこのユーシンにはあるのだとも思います。おじさんも体調が悪かったのですが、後任がななか見つからず責任感の強いおじさんは心から愛していたロッジを去りがたくいたようです。本当に懐かしい思い出ばかりで、思い出すと涙が溢れてきます。懐かしい記事とお写真ありがとうございました。
登録日: 2011/11/12
投稿数: 8
2012/8/1 12:43
 はじめまして、
Herriot84さん、

コメントをありがとうございます。

私の知り得ない情報と佐藤さん夫妻のことも教えていただきまして本当にありがとうございます。

ユーシンロッジに関わった、友達とも情報を共用して良き思い出に浸っています。

考えれば佐藤さん夫妻とのことは昨日のことのように思い出されます。私はお宅へ伺うほど親しくはなかったですがロッジには足しげく通わせていただいて、沢山の思い出を作らせていただきました。

ありがとうございました。


ページの先頭へ