また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > so-tuffさんのHP > 日記
2018年07月22日 20:10未分類全体に公開

今週も被災地へ

暑すぎて頭がボーっとして、
山行計画も立てられないまま週末を迎える。
行きたい山が決まらない今、何をしよう?
そしてまたバケツとスコップを積み込んで、
岡山県総社市のVCに車を走らせた。

吉備路アリーナに駐車して徒歩10分の総社市役所へ。
受付を済ませると直ぐにバスに乗り込む。
とてもスムーズ、というかそれだけボランティア依頼が多いのだろう。
市長自らの見送りで向かったのは、下原地区。
高梁川沿いのアルミ工場が爆発(水蒸気爆発?)し、
爆風で周囲1勸幣紊侶物の窓ガラスが割れ、
300m程の下原地区では瓦が飛んだり、飛来物で屋根に穴が開いていたりしていた。

バスが着いたのは下原地区の田園地帯。
総勢40人程で一列に並んで田んぼの中のゴミを拾いました。
少し気の抜ける作業だったが、地区の防災担当の方が、
「この辺りは農家ばかりですが、家の事で手一杯で田んぼが見れないんです。
 本当にありがとうございます。」と涙ながらに仰っていたので、
役立てた事に意義を感じた。
田んぼの向こうには、屋根や窓にブルーシートが掛けられた下原の集落が見えた。
下原公民館で昼食後、民家の割れたガラスの片付けへ。
向かっていると壁の胸の高さ位に筋が付いている。
床上浸水もしたようだ。
2週間経っているので、水も腐ってむせる様な腐臭が漂う。
屋内の作業は暑さとの闘い。充分に水分補給しながら、
ガラスの撤去と家財の運び出しをしました。
VCに戻ると吉備路学園の自家製アイスクリームと、
総社市に工場があるカルピスを頂いて熱を冷ましました。
美味しかったです。

総社市のVCは22日で県外のボランティア受付を終了しました。
隣の倉敷市や広島県は募集中です。
被災された方が、一日でも早く日々の生活を取り戻せるように祈ります。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ