また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

落柿舎(らくししゃ)

最終更新:Portland

山の解説 - [出典:Wikipedia]

落柿舎(らくししゃ)は、京都市右京区の嵯峨野にある草庵である。松尾芭蕉の弟子・向井去来の別荘として使用されていた場所であり、その名の由来は、庵の周囲の柿が一夜にしてすべて落ちたことによる。芭蕉も3度訪れ滞在をし、『嵯峨日記』を著した場所としても知られている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「落柿舎」 に関連する記録(最新10件)

京都・北摂
  8   
2018年09月16日(日帰り)
京都・北摂
  15    24 
2018年09月09日(日帰り)
未入力
  
2018年09月02日(日帰り)
京都・北摂
  11    15 
2018年09月02日(日帰り)
近畿
  89    19  2 
2018年09月02日(日帰り)
京都・北摂
  3   1 
2018年09月01日(日帰り)
京都・北摂
  3   10 
2018年09月01日(日帰り)
京都・北摂
  1    8 
2018年08月25日(日帰り)
京都・北摂
  3 
2018年08月19日(日帰り)
未入力
  
2018年08月19日(日帰り)
ページの先頭へ