ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 布引の滝(雄滝)

布引の滝(雄滝)(ぬのびきのたき(おんたき))

最終更新者 buntyan
基本情報
場所 北緯34度42分34秒, 東経135度11分37秒
展望ポイント

布引の滝(雄滝) (基準標高224.2m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
21.9
平均気温
17.3
最低気温
13.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6.2 時間/日
降水量 7.3 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

布引の滝
布引の滝
布引の滝。
布引の滝
布引の滝

山の解説 - [出典:Wikipedia]

布引の滝(ぬのびきのたき)は神戸市中央区を流れる布引渓流(名水百選)にある4つの滝の総称。日本三大神滝のひとつ。布引滝とも表記する。名瀑として知られる古来からの景勝地である。
またかつて役小角が開いた滝勝寺の修験道行場として下界とは一線を画する地であったが、現在は渓流沿いおよび布引山(森林浴の森100選)一帯から滝を経て布引ハーブ園へと至る遊歩道が整備され、鉄道駅からも気軽に立ち寄ることができるようになっている。
六甲山の麓を流れる生田川の中流(布引渓流)に位置し、上流から順に、雄滝(おんたき)、夫婦滝(めおとだき)、鼓滝(つつみだき)、雌滝(めんたき)からなる。和歌山県那智勝浦町の那智滝、栃木県日光市の華厳滝とともに三大神滝とされ、日本の滝百選に選ばれている。
平安時代の歌物語『伊勢物語』や歴史物語『栄花物語』をはじめ、古くから宮廷貴族たちが和歌に詠むなど多くの紀行文や詩歌で紹介される文学作品の舞台となっている。
生田川下流流域には、布引の滝を詠んだ和歌にちなんで名付けられた地名がある。

  • 雄滝 - 高さ 43m、滝壺は面積430m2、深さ6.6m、滝の横には5箇所の甌穴(最大のもので10畳大)があり、竜宮城に続いているという伝説がある。

  • 夫婦滝 - 高さ 9m

  • 鼓滝 - 高さ 8m

  • 雌滝 - 高さ 19m


付近の山

この場所を通る登山ルート

「布引の滝(雄滝)」 に関連する記録(最新10件)

六甲・摩耶・有馬
  23   7 
2017年05月26日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  53   1 
2017年05月25日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  23   8 
2017年05月25日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  22    14 
kou47, その他1人
2017年05月23日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  33    13 
2017年05月21日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  34    16 
2017年05月21日(日帰り)
近畿
  8   1 
hide1603i, その他6人
2017年05月21日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  14    10 
2017年05月21日(日帰り)
ページの先頭へ