ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

養老ノ滝(ようろうのたき)

最終更新:アルプス岳
基本情報
標高 250m
場所 北緯35度16分49秒, 東経136度32分04秒
カシミール3D
「養老乃瀧グループ」とは、無関係か?・お土産ひょうたんが多い。滝の上駐車場の上の林道が、養老山と笙ヶ岳の登山口・養老山の登山道で、この滝谷上流部を渡渉する。
駐車場 50台・1000円(滝の上駐車場)
トイレ
水場 菊水泉(名水百選)
食事 滝道に土産屋、食堂、旅館など
養老鉄道の養老駅
落差32m・幅4m
展望ポイント 濃尾平野、紅葉、桜(養老公園)

山の解説 - [出典:Wikipedia]


養老の滝(ようろうのたき)は、岐阜県養老郡養老町にある木曽川水系に属する落差32m、幅4mの滝である。岐阜県により設置された養老公園内にあり、揖斐関ヶ原養老国定公園に属する。
日本の滝百選及び養老の滝・菊水泉として名水百選に選定されている滝である。また、菊水泉にも伝わる古今著聞集に記載されている、滝の水が酒になったという親孝行の伝説「養老孝子伝説」など故事がある。
この地を行幸した元正天皇は「醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め養老元年と成すべし」との詔を出し「養老」に改元した。
養老の名水を使って製造される養老サイダーは、会社と工場が養老公園内にあったが、施設の老朽化や作業員の高齢化、後継者不在などの理由により、2000年(平成12年)12月に製造を中止していたが、有志の発案から、現在では製造会社が異なるものの「養老サイダー」として復刻されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「養老ノ滝」 に関連する記録(最新10件)

東海
03:429.7km853m3
  13    23 
2024年06月22日(日帰り)
東海
06:1617.0km1,249m4
  40    4 
2024年06月22日(日帰り)
東海
06:2210.9km1,040m3
  60    21 
2024年06月22日(日帰り)
東海
07:0911.9km888m3
  50    27 
2024年06月19日(日帰り)
東海
05:2311.0km881m3
  16    6 
2024年06月16日(日帰り)
東海
06:5314.5km881m3
  27    10 
ぶんさ, その他10人
2024年06月16日(日帰り)
東海
01:467.4km799m2
  7    26 
2024年06月15日(日帰り)
東海
07:2217.9km1,461m4
  37    23 
2024年06月15日(日帰り)
東海
12:4329.2km1,613m5
  59    57  4 
2024年06月15日(日帰り)
東海
04:2912.3km1,020m3
  24    33 
2024年06月08日(日帰り)