ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 三嶋大社

三嶋大社(みしまたいしゃ)

最終更新者 tabidori
基本情報
場所 北緯35度07分17秒, 東経138度55分08秒
駐車場 1時間200円
トイレ
食事 境内に茶屋有
バス停 大社前バス停(沼津登山東海バス)

三嶋大社 (基準標高22.7m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
23.3
平均気温
18.6
最低気温
14.3
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 5.5 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社

山の解説 - [出典:Wikipedia]

三嶋大社(みしまたいしゃ、三島大社)は、静岡県三島市大宮町にある神社。式内社(名神大社)、伊豆国一宮、伊豆国総社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
静岡県東部の伊豆半島基部、三島市の中心部に鎮座する。境内入り口の大鳥居前を東西に旧東海道、南に旧下田街道が走る。周辺は伊豆国の中心部として国府のあった地で、のちに三嶋大社の門前町として発達、いつしか地名も大社に由来して「三島」と称されるようになったとされる。
社名の「三嶋」とは伊豆大島・三宅島等から成る伊豆諸島を指すと言われ、主祭神は伊豆諸島の開拓神である。当社は、古代には伊豆諸島の噴火を畏れた人々から篤く崇敬された。中世に入ると、伊豆国の一宮として源頼朝始め多くの武家からの崇敬を集めた。近世以降は三島が東海道の宿場町として発達したことに伴い、東海道を往来する庶民からも篤く信仰された神社である。
境内では本殿・幣殿・拝殿が国の重要文化財に、キンモクセイが国の天然記念物に指定されている。また社宝では、北条政子の奉納と伝わる国宝の「梅蒔絵手箱」を始めとして、多数の所蔵品が国の重要文化財や静岡県指定文化財に指定されている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「三嶋大社」 に関連する記録(最新10件)

箱根・湯河原
  21    1 
naoson, その他15人
2017年05月27日(日帰り)
箱根・湯河原
  93    28  6 
2017年04月29日(2日間)
箱根・湯河原
  40     17  2 
2017年04月09日(日帰り)
伊豆・愛鷹
  39    26 
2017年04月07日(日帰り)
伊豆・愛鷹
  12    5 
2017年04月01日(日帰り)
箱根・湯河原
  51    7 
2017年03月19日(日帰り)
伊豆・愛鷹
  9    18 
2017年03月12日(日帰り)
箱根・湯河原
  13    6 
hiroshi2930, その他5人
2017年03月11日(日帰り)
ページの先頭へ