また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

ロクロ天井(ろくろてんじょう) / 三角

最終更新:nagara
写真一覧へ ロクロ天井との分岐。
ロクロ天井を目指します!
ロクロ天井登山口への最終分岐
藪を進むと、ロクロ天井到着。
基本情報
標高 1472m
場所 北緯35度22分49秒, 東経137度32分29秒
ロクロ天井は、焼山より南西に派生する尾根上に位置し、地形図上では無名である二等三角点峰(点名:阿木)である。
インパクトのあるこの山名は、岐阜登山史のパイオニア的存在である・故酒井昭市氏が、かつて付近一帯は木地師(轆轤を用いて木工品を製造する職人)の活躍の場であったことから「ロクロ天井」と命名し、「ぎふ百山」のガイドを氏が執筆したことにより多くの人に知られることとなった。後に氏は「飛騨の山山(国境編)」で「無名の山が自分の手によって山名を得て、そして多くの人々に登られるようになるのは、我が子を世に出す親の心情にもにてうれしいものだ」と心の内を綴っている。また別名「三角」との記述もあるが、登山愛好家の間では「ロクロ天井」で通っており、公の機関が設置したと思われる林道の道標においても「ロクロ天井」と案内されているため、現在はこの山名が一般化していると言える。
「ぎふ百山」などにより多くの人に登られるようになったとはいえ、ロクロ天井に現在のところ登山道は存在していない。また特に上部は東濃地方特有の深い笹に覆われており、冬季もヤブが埋没するほどの積雪がないため、登頂にはヤブ漕ぎが必須条件となる。
山頂

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「ロクロ天井」 に関連する記録(最新10件)

東海
  44    9 
2018年09月17日(日帰り)
東海
  54     72  2 
2017年12月09日(日帰り)
東海
  25    15 
2017年06月18日(日帰り)
東海
  28    20  10 
naoruu, その他1人
2017年04月23日(日帰り)
東海
  24    12  3 
ytomei, その他1人
2017年04月23日(日帰り)
東海
  27     24 
2016年11月26日(日帰り)
東海
  30     23  2 
2013年11月16日(日帰り)
ページの先頭へ