ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 五剣山(八栗山)

五剣山(八栗山)(ごけんざん(やくりさん))

最終更新者 matoyan
基本情報
標高 375m
場所 北緯34度21分39秒, 東経134度08分29秒
山頂

五剣山(八栗山)の日の出・日の入り時刻

05/23(火) 05/24(水) 05/25(木) 05/26(金) 05/27(土) 05/28(日) 05/29(月)
日の出 4時53分 4時52分 4時52分 4時51分 4時51分 4時51分 4時50分
日の入り 19時9分 19時9分 19時10分 19時11分 19時11分 19時12分 19時13分

五剣山(八栗山) (標高375m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
20.9
平均気温
16
最低気温
11.2
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6.5 時間/日
降水量 3.6 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

五剣山(ごけんざん)は香川県高松市に存在する山。
一つの峰を剣と呼んで、西から一ノ剣、二ノ剣、三ノ剣、四ノ剣、五ノ剣と山上に5つの大きな峰が存在するためこの名前がついた。また、地元では八栗山(やくりさん)とも呼ばれる。五の剣は1707年(宝永4年)の宝永地震で割れている。
これらの剣の山頂にはいくつもの祠が点在し、四ノ剣の中腹には岩窟があり修行場となってる。
かつてはこれらの剣へ登れたが現在は岩が風化し脆く危険なため、南側中腹にある八栗寺本堂の左から石段で上がったところにある中将坊大権現堂からさらに上へは入山禁止とされている。そのため標高375mの最高点は四ノ剣であるが、366mの山頂表示がニノ剣にあり、四等三角点のある366.09m地点は一ノ剣の西端に位置している。また、八栗寺の多宝塔の右側にも登山口があったが入山禁止の立札がある。また、山中にある「岩越の大日」は空海が彫ったとされる約3mの摩崖仏で上部の黒い層と下部の砂の層の間の真っ白い層に彫られている。
八栗寺は、四国八十八箇所の第八十五番札所で、山号が五剣山である。
また山麓では日本三大花崗岩として有名な庵治石が採石され、墓石などの高級石材として加工されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「五剣山(八栗山)」 に関連する記録(最新10件)

四国
  25    8  2 
2017年05月09日(5日間)
四国
    3 
2017年05月05日(日帰り)
四国
  6    11 
chubei, その他1人
2017年02月25日(日帰り)
四国
  18    19 
2017年02月23日(日帰り)
未入力
  
2017年01月23日(日帰り)
四国
  36    14 
tekutekuwalk, その他3人
2016年12月24日(日帰り)
四国
  72    9 
poppochan, その他3人
2016年12月24日(日帰り)
未入力
  
2016年12月11日(日帰り)
四国
  36    26  2 
aoitori, その他1人
2016年12月10日(日帰り)
ページの先頭へ