また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

大山(おおやま) / 雨降山

最終更新:Yasuharu
基本情報
標高 1252m
場所 北緯35度26分26秒, 東経139度13分52秒
■大山(おおやま)は、神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市境にある標高1,252mの山である。丹沢山などの丹沢の山々とともに丹沢大山国定公園に属し、神奈川県有数の観光地のひとつである。日本三百名山や関東百名山のひとつでもある。別名を雨降山(あふりさん)という。

■公式登山道は、1)大山ケーブル駅BSから男坂or女坂を登り阿夫利(あふり)神社下社を経由し山頂に至る表参道。2)日向薬師(ひなたやくし)から見晴台(みはらしだい)ー雷ノ尾根ー山頂に行く道。3)煤ヶ谷BSから不動尻・唐沢峠経由の静かな径路。4)ヤビツ峠BSから山頂を目指す”最短の道”。5)最短の道よりちょっと苦労する、蓑毛ーヤビツ峠or蓑毛越ー山頂に至る裏参道。6)そして秦野駅から直接・権現山に入り大山南山稜を行く長大な縦走路、の6コースがある。

■丹沢山系と同一に分類されるが、文化的にも登山的にも”丹沢”とは一線を画している。
◆富士山のような三角形の美しい山容から、古くから庶民の山岳信仰の対象とされてきた。
宝暦(1751年 - 1764年)から行われた信仰登山は大山講と呼ばれ、各地から参詣のための多くの道が通じており(大山道・大山街道)、現在の国道246号線(矢倉沢往還)もその一つであった。
江戸時代の庶民にとっては、大山詣と江ノ島詣のセットが娯楽の一つで、各地からの参詣者は登山口(現在の大山ケーブル駅)の旅館に宿泊し、翌朝・先導師(山岳ガイド)と山頂を目指した。帰路は日向薬師に下山し江ノ島まで歩き宿泊し”精進落し”と称しては乱痴気騒ぎをするケースが多かったようだ。
こま参道を歩けばその賑わいを感じることが出来よう。古典落語の演題に『大山詣り』がある。
◆入山者の絶対数が圧倒的に多い。登山目的だけではなく、信仰、行楽客も多く、一般の老若男女に愛されている山である。新緑・紅葉の時期は特に人気がある(副作用として表参道はしばしば渋滞する)
山登りそのもの・展望は勿論。良好な広葉樹林とコースの整備。表参道コースの丁名石、女坂の七不思議、阿夫利神社と大山寺の宗教行事などパワースポット要素。大山登山マラソン大会、大山桜祭り、大山豆腐祭りなどの観光行事。大山ケーブル駅周辺の古の旅館群と土産物店、民芸品の大山独楽、食では大山豆腐・きゃらぶき。さらに矢倉沢往還や大山街道の旧道探索など様々なジャンルが絡み、ネタには事欠かない。
また、主要登山口が小田急沿線からの多くのバス便でカバーされており、特に表参道コースは大山ケーブルカーを使えば中腹の阿夫利神社下社まで歩かずに行ける手軽さなどから、小田急電鉄・広報戦略の目玉となっている。

■南北から見れば三角形のピラミダルですぐにそれとわかる山容である。
しかし東西から見ると、南に大山南山稜・北には西沢ノ頭・ミズヒノ頭に連なる長大な稜線と山塊を擁ている。大山自体にも多数の支尾根がある。
よってバリエーションルートや沢登りのコースも豊富である(安全面からコースの明記は避ける)
山頂
分岐
トイレ 冬季閉鎖
食事 山頂に売店あり
展望ポイント

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「大山」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  1   9 
2018年06月23日(日帰り)
丹沢
   
2018年06月23日(日帰り)
丹沢
    3 
2018年06月22日(日帰り)
丹沢
  4    15 
2018年06月22日(日帰り)
丹沢
  
2018年06月21日(日帰り)
丹沢
  14    2 
ken1jeep, その他1人
2018年06月17日(日帰り)
丹沢
  
2018年06月17日(日帰り)
丹沢
  44    9  3 
2018年06月17日(日帰り)
丹沢
  22    8 
2018年06月17日(日帰り)
丹沢
  19    10 
2018年06月17日(日帰り)
ページの先頭へ