また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

大内宿展望台(おおうちじゅくてんぼうだい) / 見晴台

最終更新:EarthWindFire
基本情報
場所 北緯37度20分07秒, 東経139度51分42秒
大内宿の街並みを見下ろすことができる展望台です。
宿場の北にある湯殿山の中腹にあります。
何かしらの堂宇の傍にあり、直登する階段は81段ほどあります。
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

大内宿(おおうちじゅく)は、福島県南会津郡下郷町大字大内にある、江戸時代における会津西街道(別称:下野街道)の「半農半宿」の宿場の呼称。明治期の鉄道開通に伴って宿場としての地位を失ったが、茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並ぶ同集落の通称、あるいは観光地名として現在も受け継がれている。1981年(昭和56年)に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、福島県を代表する観光地の1つとなっている(一部に宿泊施設復活)。
なお、当地の方言である会津弁で大内は「おおち」(歴史的仮名遣い:おほち/あふち)と発音・表記されるため、標準語・共通語の「おおうち」との対立がある。
南会津の山中にあり、全長約450mの往還()の両側に、道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並ぶ。江戸時代には会津西街道(別称:下野街道)の「半農半宿」の宿場であったが、現在でもその雰囲気をよく残し、田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家の街割りが整然と並ぶ。
大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館がある()。民宿や土産物屋、蕎麦屋などが多数立ち並ぶ。特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「大内宿展望台」 に関連する記録(最新10件)

東北
  23    11  2 
2017年11月04日(日帰り)
東北
  48    5 
2017年05月04日(日帰り)
東北
  32    12 
2016年08月24日(日帰り)
東北
  61    14 
2016年08月23日(4日間)
磐梯・吾妻・安達太良
  32    9 
2016年05月04日(日帰り)
東北
  10    15 
2015年10月25日(日帰り)
東北
  20    17 
2015年05月22日(日帰り)
東北
  56    78  10 
joe0119, その他3人
2015年02月07日(日帰り)
東北
  
tarehashi, その他1人
2015年01月24日(2日間)
東北
  32    4 
2014年08月04日(日帰り)
ページの先頭へ